« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月27日 (日)

何か変?

高萩射撃場、スタンプカードのポイント稼ぎ終盤。あとポイント10個で装弾250個。

土曜日の昼前、トラップガンSKB5700を持って高萩射場に入る。Img_9504

装弾は黒ラベルのウィンチェスター・インターナショナル。

先客は、F島県Iき市のKNさんのほか、F島県の老練公式射手お二人。そして当県の強化コーチOSさん。  OSさん、この日はスキートを撃つというので、トラップ射団に入らず。 4人で射団を組む。 

出だし、いきなり3枚抜きから始まる。照準が窮屈な感じ....ふと気づくと、放出口のすぐ前を見ていた。 視線を放出口の先に移すと、照準の窮屈さがなくなった。 それでもぽろぽろ抜きながら 18枚。

Img_9502

インターバルの間、OSさんから指導を受ける。スタMasaの姿勢は、変則ライフル立ち。左脚に重心をかけ、やや前傾するようアドバイスを受けた。

2R目。OSさんからの指導を意識してみる。 左脚に重心を移すことにより、右足に屈伸が出来た。右脚の屈伸...以前、G会長 より受けたアドバイスと同じだ。   少しはトラップ射手らしい形になったのかもしれない。....だが、挙銃時、違和感がある。違和感を抱いたまま撃ち続ける。  最後まで違和感はあったが、中りそのものは悪くない。21枚を撃破していた。

Img_9503 

この日、午後から所用があったため、2Rで射撃終了。スタンプカードのポイント、あと8個で目標達成。来週中に何とかしたい。

20090926165659_2

2009年9月21日 (月)

水戸-宇都宮-高萩

秋の連休後半の月曜日=敬老の日、晴天sun

装弾切れにつき、購入するため隣県の宇都宮市☆☆☆銃砲火薬店に向かう。 

今回購入した装弾は、ウィンチェスター・インターナショナルImg_9497

価格は、これまで使っていたGBより、やや高め。

装弾購入後、宇都宮上三川ICから北関東自動車道路に載るrvcar

眠気を催したので、笠間PAで、仮眠sleepy

起き上がり、出発する。 友部JCTから常磐自動車道路に入る。 高速道路、上下線とも通行車両は多かった。

午後3時半ころ、高萩射撃場に着く。 先客3名様は射撃終了した直後であった。

射面に対する日差しを考慮し、シューティング・グラスを掛ける。Img_9496

シンシナティの誠さんから戴いたレミントン・ブランドのシューティング・グラスだ。

Img_9493

9月に入ってから、日没が早くなった。急がねば....少々あせるsweat01  トラップ単独射撃。Img_9494

あせりの気持ちが、射撃を荒くさせたか...(と、言い訳してみるhappy02

急ぎの射撃で15枚down スタMasaの実力としては、妥当なところだろう。

ウィンチェスターINL、初めて使う装弾。 撃ってみると、GBやアスカ等より、やや強い反動を感じた。  肩付け、頬付けをチェックしながら挙銃したつもりであったが.....右頬は腫れたpig

インターバルを取らず、直ちに2R目に入る。思ったほど日差しが強くなかったので、シューティング・グラスを外す。  8枚目までに5枚抜くが、クレーの動きが見え始めた感じがしてきた。  反動にも慣れてきた。  クレーが見えるように感じて18枚sign05

クラブハウスに入り、自販機の冷たい茶を飲み、タバコを1本灰にするsmoking

日没が近づいてきた。 これが本日最後のラウンドになるだろうと思いつつ1番射台に立つ。 1R目から3点ずつアップして、21枚note  20090921203057

  

単独射撃で20枚オーバーを撃ったのは、もしかすると初めてかもしれないcoldsweats02

スタンプカードのポイント3個貰って、射場店仕舞い。 高萩ICから常磐道上り線に入る。連休の渋滞やや有り、であったcat

2009年9月18日 (金)

散弾銃な日

台風14号が東の海に流れて行った金曜日。雨が落ちて来そうな空模様だったが、結局雨は降らずcloud  スタMasaは、トラップガンを持って高萩に向かう。 目的は、スタンプカードのポイント加算。

Img_9461

今回は、高萩射撃場で販売している装弾を使った。

Img_9466

高萩射場で販売しているFOB。

Img_9467

同じくKEMEN。

射場管理人O内氏曰く「ケメンよりFOBの方が、やや反動がマイルド」

トラップ初心者のスタMasaに、その違いは分からなかったbleah

Img_9463

射場一番乗り。先客なし。

1R目、単独射撃。 実は前回、気づいたのだが....これまで20枚オーバーを砕いたラウンドの殆どは、複数名でのラウンドであったflair  先輩方に引っ張って貰っているようである。

出だしから波に乗れず17枚down

一息ついていると、ベテランのMDさん来場。2R目、ラウンドご一緒させていただく。やはり、MDさんに引っ張られているようだ。 22枚note

さらに、ベテラン射手のKTさんが大型オートバイで来場bicycle  3R目は、KTさん、MDさんと3人で回る。 19枚。

MDさん、2R撃って終了。4R目、KTさんは持参した2丁のうち、FNの自動銃を使う。KTさん、自動散弾銃で軽快にクレーを砕いていた。 スタMasa、少々バテ気味であったが、何とか22枚coldsweats02  

17-22-19-22  計80    上出来であるnotes   

あと1R撃つくらいのケメンが残っている。 KTさんにお誘いを受け、5R目に突入する。

疲労が出たshock 銃が振れない.....抜いて抜いて抜きまくり、13枚downdown

20090918231609

Img_9469

4Rで終了しておけば良かった....と、ちょっと後悔bleah

Img_9470 ポイントは貯まりつつある。

あとポイント13個で、装弾250個shine

2009年9月12日 (土)

8割撃ってポイント貯まる

小雨の朝の土曜日、妻と二人で所用で某所へ出かけるcar 高校3年生の娘は9.11つまり昨日18歳の誕生日を迎えた。その娘は、学校休みのこの日、朝から県立図書館に行った。

午後、雨が強くなったり弱くなったりの繰り返しrain トラップガンSKB5700を持って高萩射撃場に入る。  先客3名様。いずれも同射場常連の先輩方。 

Img_9457

小雨混じりの曇天、シューティング・グラスは不要な天候だったcloud

先客の先輩方とラウンドさせていただく。  使用装弾はGB。15枚目初矢不発。その後初矢不発が2回、計3回の不発が出た。  いずれも打撃痕が浅い。ラウンド後、不発処理射撃では3発共発火した。

1R目21点。

2R目、1R目と同じ射団で撃つ。20枚目まで連続撃破....ここで湧き上がる欲の心pig  残り5枚中3枚抜くcrying 22点。

3R目、同じ射団。  所々抜きながらも21点で上がる。

一休み中、それまでラウンドご一緒の、F島I市のKN氏が

『スタMasaさん、8割ペースでねえの』

と、にこやかに言った。  その一言で、我に帰ったimpact 

4R目、3人で射団を組む。KN氏はプーラーハウスの横で観戦。

8割.....プレッシャーに押し潰されたshock  3枚抜いたところまでは覚えていたが、その後何枚抜いたか数え切れなくなったdown   結果17枚。

20090912205803

3R目までの貯金が効き、8割達成flair

ポイントも、あと18個で装弾250個、となったnote

Img_9458    

   

あれから一週間.....

トラップ自己新24点を撃ってから1週間後の金曜日。

夜勤明けのスタMasaは、午後、高萩射場に入った。

Img_9455

よく晴れた昼下がり。バックストップは、やや赤みを帯び始めていた。 

シューティング・グラスを使うことにする。

Img_9446

Img_9448

レミントン・ブランドのシューティングクラス。

ネット友の、シンシナティの誠さんが、航空便で贈ってくれたものだ。顔にフィットして使いやすい感じだ。

射場は賑わっていた。 1R目6人で射団を組む。出だしのラウンド、18点。

2R目は4人の射団。 中る時は初矢....二の矢がまるで中らないことに気がついたpig17点。

3R目、単独射撃。夜勤明けの疲労が集中を欠く。  二の矢が中らず11点。危うく一桁になるところであったsweat01

Img_9449

一息ついて4R目。これも単独射撃。 やはり二の矢が中らない。14点。  持参した装弾GBの7.5号24g弾を50個残して、終了とする。

『クレー射撃は、勘の射撃か..』 ふとそう思った。

Img_9451_2

20090911195225

ポイント、あと22個で装弾250個。期限は10月3日までrun

2009年9月 9日 (水)

久々にSB練習

台風12号の影響も無かった曇天の水曜日。スタMasaは真壁に向かった。 高萩射撃場のポイント加算大作戦中であるが、水曜日は高萩の休場日。よって今回はSB練習とした。

Img_9408

左側の建物、真壁射場受付。

Img_9409

受付棟。

Img_9410

アンシュッツM1407を持って50mSB射場に入る。

Img_9418

先客あり。クラブチーム「かめむし」のIYさんであった。

Img_9414

50m射場の温度計。写真は午前11時ころの気温。

24℃....射撃しやすい気温だ。

Img_9415 Img_9416

Img_9421

IYさん20的、スタMasa23的に入る。

Img_9427

IYさん、11月のクラブ選抜戦には出場予定だが、「そろそろSB引退します。」と語った。

来年80歳、体力の限界を感じるとのことだ。

IYさんとの付き合いは十数年になるが、この日初めてIYさんの別の面を知った。昔からトラップを撃っているという。    SBを引退してもトラップは撃ち続けるそうだ。 IYさんのホーム射場はニッコー栃木とのこと。  今度、ぜひトラップをご一緒したい。

Img_9423

さてスタMasaの射撃。

S(立射)で痛感したのは、圧倒的な据銃力不足。揺れを落ち着かせようとして、ついつい照準時間が長くなる....撃発の機を逸する。  まずは据銃訓練だな。

Img_9437 Img_9441

不得手なP(伏射)、今回は比較的スムーズな流れであった。後で気づいたのだが、コートの右肩のジッパー、開いたままであった。これが窮屈さを感じない姿勢になったのかもしれない。 今後しばらくは、右肩を締めないで撃ってみるか..。

Img_9434 Img_9432

Img_9436 Img_9429

Img_9430 今回の装備。 コート、靴、グローブはザウアー。

スリングはAHGコンスタント。

Pでの靴は、フレッドペリーのテニス・シューズ。

Img_9444

監的スコープから標的を覗く。

風穏やか、涼しい曇天、気持ちよく練習して4時間580円であった。

2009年9月 5日 (土)

ポイント加算大作戦:高萩射撃場

sign03暑さが蒸し返った土曜日の午後、夜勤明けのスタMasaは、トラップガンSKB5700を持って高萩射撃場に入った。 この日の目的は、前回に続きポイント加算。1Rにつきポイント1個が付く。

Img_9400_4

装弾は、GBの24g、7.5号。

土曜日だというのに、射場は空いていた。 F島県I市在住のベテラン射手KN氏が居た。高萩射場でも25枚満射を数多く撃っている50歳代後半の御仁である。 ラウンドご一緒させていただいた。

KN氏1番立ち、スタMasa4番立ちで撃ち始める。  KN氏、相変わらず好調。満射ペースで進んでいる。  スタMasaもいつものとおり....より少し良かったかhappy01 19点。

Img_9397

晴れていたが、西日はそれほどでもなく、シューティング・グラスなしで十分撃てた。

一息ついて2R目。 1R目と同じKN氏1番立ち、スタMasa4番立ち。   

肩付け、頬付けをチェックし、放出口の先を見る。「うぉーい」とやや長めのコール。飛び出したクレーの動きを見る... 『追いついたら撃つ』以前、JUNさんからいただいたアドバイスを意識する。 

15枚まで初矢で撃破できた。20枚撃破が見えてきた....その途端、16枚目を抜いたhappy02

またしても欲の心が、厳しい現実を突きつけるlibra  クレーの動きを見ることに専念し射撃を続ける。   ふと気がつくと、17枚目から24枚目まで、初矢でクレーを砕いていた。その時点で23枚撃破、自己新達成であったimpact  残り1枚を砕けば....そこで蘇る欲の心pig

25枚目。初矢が外れた...が、二の矢がクレーを砕いたannoy   24点sign03

自己新、であるnotes  

Img_9398

   

一息ついていると、地元ハンター3名様ご来場。

Img_9404

有害鳥獣駆除の肩慣らし、のようであった。

3R目。同じくKN氏1番立ち、スタMasa4番立ち。   自己新直後のトラップ....疲れが出てきた。クレーに集中しにくくなる。   18枚。  

4R目。スタMasa単独射撃。疲れがピーク。銃が重く感じられ、振りが鈍くなったのが分かった。 抜きまくって15点。

Score

4R撃って、ポイント4個加算。あと26R撃てば、装弾250個であるsun

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック