« 2009年クラブ対抗選手権大会 | トップページ | 弾減らし大作戦 撃ち下げ編 »

2009年7月20日 (月)

クラブ対抗戦二日目&三日目

2009年全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会二日目。この日2009年7月18日、スタMasaは朝9時から50m3×40Mを撃った。

Img_8864

スタMasaの得物。 アンシュッツM1913。

弾は、エレーマッチ。

第1姿勢のプローン(伏射=P)は.....当るような当らないような..やっぱり当らず 378点。

Img_8866_2

第2姿勢のスタンディング(立射=S)......制限時間75分であるが、暑さに負けて45分で本射40発を撃ち切る。325点。8割キープなので、良しとするcoldsweats02

Img_8874_2

第3姿勢のニーリング(膝射=K)......試射では、9点圏にまとまったので、本射に入るが初弾8点に飛ばす.....。いまひとつ安定せず、350点pig

3姿勢合わせて1053点.......下手射手のスタMasa、1000点越えれば上出来とするflag

50m3×40M、スターチスの団体選手は、スタMasaとodaさんとYAMAさん。

この日、二番手のodaさんのPの図。Img_8876_2

Img_8889

スタodaさんのSB立射の図。銃は、MECのアルミストックに載せたAns.2013。

スタMasaが1053点とコケたので、プレッシャーがかかったか、odaさんの射撃に焦りが見え隠れした。   立射は、326点とスタMasaのスコアを超えるも、トータル1026点?であたか.....。

Img_8869_2

「立射が当らん」と言いながら、しっかり撃ち込んでいたクラブチームNRTのShiroさん。

 

Img_8886

10mS60M(エアライフル立射)、スターチス個人選手、takumiさん。バイアスロン射手である。

Img_8895

P60(伏射60発)競技中の、スタともさん。

大口径、SB、トラップ、スキート何でもこなす器用な射手。しかも、それぞれ上級の技量を持っている。

今回も581点、安定した伏射を見せた。

Img_8899

大ベテランのスタUさん。 スターチスP60団体は、Uさん、ともさん、「い」さん。

Uさんはシリーズ満射を含めた586点を撃った。

Img_8893

試合の模様。

試合三日目、2009年7月19日。 スタYAMAさんが、10mS60と3×40Mを撃った。Img_8901_2

Img_8906

成績は550点オーバー....。安定した射撃だ。

スタMasaは、YAMAさんの次の射群で10mS60を撃った。 10m射場、異様に暑いannoy

悪くても540点を切ることはあるまい.....と根拠の無い自信を持つスタMasaであった。普段ARの練習をしている、アウトドアの笠間10m射場とは、比べものにならなく設備の整った藤枝10m射場...... 点数が出ないわけはない、..はずであった。

根拠の無い自信は、崩れ去った.....何かが変だったdown  全シリーズ9割を切り、トータル521点crying 危うく500点割れするところであった。

午後からスタMasaは、射場長であるクラブチーム次郎長のdukeさんに指揮下に入り、50m射場の雑用係の任に就く。 午後からスタYAMAさんが3×40Mを撃った。

Img_8911

YAMAさんは左射手である。 P本射の2発目、右隣へ痛恨の誤射happy02  これでYAMAさんはペースを崩したようだった.....。

Img_8917_2 

YAMAさんのSB立射。  Pでの誤射、直ちに射場役員へ申告したので、ペナルティは無いが、誤射弾は勿論カウントされない。

Pを不得手とするYAMAさんには、ちょっとショックが尾を曳いたみたいだ。

3姿勢トータル、1033点。

本大会は、7月20日が最終日である。 スターチスは全種目撃ち終えたので、この日解散した。    世間は連休の中日である。東名高速道、混雑であった。

スタMasaとスタYAMAさんは、午後8時前、PAで夕食を摂りその後分かれた。

スターチス並びに参加選手の健闘を称える。そして今回も大会運営に奔走してくれた、クラブチーム次郎長はじめ、静岡県ライフル射撃協会の皆様に、心より感謝いたします。 

« 2009年クラブ対抗選手権大会 | トップページ | 弾減らし大作戦 撃ち下げ編 »

コメント

◎ネコアシさん >誠さん方では失礼しましたhappy01 ようこそおいでくださいました。 名門ホクリクテーオーにおられたのですね。 御訪問ありがとうございますnotes

初めまして、ネコアシと申します。
クラブ対抗は、昔、ホクリクテーオーから参加した事があります。「120発競技で1100点撃たないとクビ!」という厳しいクラブでして、1,070点撃ったら射座の後ろにクラブの代表が立っていて「ネコアシさん、戦力外通告です。他のクラブでご活躍ください。」と言われました。
今では、もっと優しくなったそうです。

◎ぱるさん >冷却ジェル入りのマット…試合では使わせてもらえないですねhappy01 射撃は、夏冬向きのスポーツではないかも知れませんcat

暑いのはきらいですけど、寒すぎて手がかじかんでしまい、まともに引き金をひけない状態よりも、まだ真夏の暑さの方がよっぽどましかな、なんて思っています。
保冷のジェルが入ったマットなんて、使用させてくれませんかね~coldsweats01

◎NOBさん >クラ対、お疲れさまでした。今週末、全日大口径も、よろしくお願いいたします。 >昔、J通さんから「夏場の射撃、倒れる前にボルトを開け」と教示されましたhappy01 冷却スプレー、今度、ドラッグストアを覗いてみます。

暑さ対策は冷却スプレーが効きまっせw
高いのがタマニキズですが、熱中症でコケること考えれば・・・

◎カナリアさん

外気温が30℃位だと、コートの中は50℃位だとかですsweat01
夏のポジション射撃は、夏休み我慢大会....ですが、その暑さが当たり前だと思って撃ち続けてきました。 でも、傍から見ると、我々の装備は異常みたいですwobbly

◎誠さん

>誤射...昨年のクラブ対抗戦大口径で、小生、Kの初弾を右隣に誤射してしまいましたpunch
それも9点..... その誤射が無ければ、久しぶりに
1000点オーバーでしたが..痛恨の999点でしたweep

お疲れ様でした。暑い中、コートを着ての射撃は大変だったことと思います。ともあれ、チームでの射撃、楽しそうですね。ピストルは個人種目しかないのが残念です。ともかく今週末の全日本、頑張りましょう。

YAMAさん、昔から立射は上手でした。立射用とPK用と銃を二丁使っているようですねdollar誤射はオリンピックの金メダリストでもやっちゃうぐらいですから、しょうがないですね。小生も昔左隣に撃ち込んでどやされた事がありましたtaurus

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/30623414

この記事へのトラックバック一覧です: クラブ対抗戦二日目&三日目:

« 2009年クラブ対抗選手権大会 | トップページ | 弾減らし大作戦 撃ち下げ編 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック