« 初!20枚オーバー!! トラップ射撃 | トップページ | 右が中らん...... »

2009年6月17日 (水)

華燭の宴 擬似父の涙

擬似娘の結婚披露宴に参列した。

Img_8229

2007年の秋、研修を終え、その娘はスタMasaの部署に配属された。

その娘は、その年、大学を卒業したばかりの23歳。スタMasaとは丁度30歳の年齢差がある。親子みたいなものだ。

1年半、スタMasaは、その娘と仕事をした。明るく屈託のない娘である。

スタMasaの実の娘は、高校生。一人娘である。 可愛くて、べたべたにして育てた。   思春期を迎えた実の娘は、父を嫌うようになった。  そういう時、職場の擬似娘は、何かにつけてスタMasaを頼ってくれた。 

スタMasaは、いつしか擬似娘と実の娘を混同するようになった.....。

2008年の初秋、擬似娘は、交際している男がいることをスタMasaに告げた。    スタMasa,たじろぐdown  

居ても立っても居られなくなったスタMasaは、その男を呼び出した。 男は、当職場の他の事業所に勤務する、擬似娘の同期であった。

よくよく考えると(考えなくてもだが...)、スタMasaと擬似娘は、アカの他人である。 他人のスタMasaが、その男に面接するのは、筋違いである。

だが、スタMasaは、どうしても、その男が擬似娘に相応しいかを、確認したかった。    

男は、スタMasaの申し出に応じた。 今、考えると、すごいことである。彼はスタMasaに対し「あなたには関係ない」と言って、スタMasaの申し出を無視することが出来たはずだ。   しかし、彼は来た。

柔道二段の屈強な若者であった。 まだ暑さの残る9月、彼はネクタイ&背広で、擬似父に挑んできたのである。

擬似父は、若い二人の交際を認めた(スタMasaが認める認めないは、当事者二人には、全く関係のないことであるが...)

春3月。職場内の配置換えで、擬似娘は別の部署に移った。スタMasaの手を離れた....。

若い二人は2009年2月に結納が整い、擬似娘はジューン・ブライドとなったheart04

Img_8247

披露宴会場に入る前の二人。

Img_8345

擬似娘、ドレス交換の図。

仕事では、ほとんどノーメイクの擬似娘であったが、この日ばかりは、眩しいほど美しかった。

披露宴会場、スタMasaのテーブルには、擬似娘の手書きのメッセージがあった。  「スタMasa主任は、いつまでも職場のお父さんです....」    不覚にも、涙がこぼれた..sweat02

Img_8426

二次会での新郎新婦。 

擬似婿には「浮気と暴力は許さんsign03}と厳命した。 擬似婿は「一生大事にします」と力強く応えた。

スタMasaは、披露宴後の二次会に押しかけた。 場違いであった...coldsweats02

二次会の参加者は、擬似娘と擬似婿の友人たち...皆20歳代であった。

五十代半ばのスタMasa、一人が浮いたwine

Img_8414

擬似父娘。

娘が嫁に出た。 ほっとした反面、一抹の寂しさを覚えた...。

来年は、擬似孫の顔が見られるであろうか..bell

« 初!20枚オーバー!! トラップ射撃 | トップページ | 右が中らん...... »

コメント

◎G会長様

>この際二人に感謝いたしましょうね!....

御意でございますhappy01

おやおや、
二次会ではスタMasaさん一人が浮いていましたか。 (笑)
たとえ擬似父であろうと、擬似娘と擬似婿を目の当たりにして、「擬似餌」となった擬似父の無力を実感なさって、さぞ打ちひしがれたこととお慰め申し上げます。

まぁ、スタMasaさんを突き放すようで恐縮ですが、
こればっかりは「しょんなかですたい」。
・・
「しょんなか」は九州方言なんですがね、 直訳すれば「仕方ない」です。 が、わたしが思うに多くの意味を含んだ含蓄ある言葉なんですよ。

全てが父の思惑通りに行かないことは仕方ないし、息子と娘は多くの事をスタMasaさんから教授してもらって学んだことでしょうし、スタMasaさん自身も将来の当事者としての「擬似体験」も出来たことだし、この際二人に感謝いたしましょうね!
わっはっは!


◎誠さん >疑似婿…柔道有段者だけあって、律儀な若者です。 実は挙式三日前、婿殿と二人で呑みましたinfo01 それぞれ生ビール4杯、りんごサワー1杯、ジントニック1杯を呑みましたcoldsweats01 小生、呂律が回らなくなりましたが、婿殿は乱れることなく、最後まで素面のようでしたcat こういう男なら、疑似娘を託しても大丈夫だろうと思いましたhappy01

◎空薬きょうさん >疑似父娘の写真…確か、疑似娘の友人が撮影してくれましたcamera

◎ぱるさん おお、ぱるさんも一人娘、しかも当方と同じ高校生のお父さんでしたかchick 子供の成長は親の喜びですが、大きくなるにつれ、寂しくなりますcoldsweats02

今は亡き父が、姉の結婚式でそっと涙を拭っていた姿を思い出しました。。。後にも先にも、父の涙を見たのはあの時だけです。

それと、スタMasaさんのところにちゃんとネクタイ背広でご挨拶に参上した擬似婿さん、若いのに立派な心がけですね。小生、日本人のこうした礼儀正しいところが大好きです。

しかし、写真の擬似父娘。良く取れてますね(笑)

まさしくスタMasaさんのお人柄ですね。
ウチの職場は若い女性がたくさんいますけど、擬似娘なんて一人もおりませぬcoldsweats01

ちなみに私の一人娘も高校生で、最近はあまり相手にされておりません。
こちらは同じ境遇のようで…

◎ネネさん

>予行演習.....妻もそう言っていました。

小生、結婚する時、既に義父は亡くなっていたので、義父に辛い思いをさせずに済みましたleo

今回、思いっきりでしゃばってしまいましたが、
愛娘を手放す父親の気持ちが、よく分かりましたvirgo

ところで、段級審査の件。 確か、一昨年あたりからSBのP40も受験対象になったと思いましたが....

◎CASさん

CASさんは、御子息に嫁を迎える立場ですねaries

あ、でも次のお子さんは、♀かもしれませんねbleah

実娘が嫁に出る時.....毅然としていたいところですが、、、、泣きそうですcrying

◎ハラさん

ありがとうございますweep 娘を持つ父親の先輩であるハラさん....御息女を嫁がせる際、お辛かったことと思いますvirgo
 でも、今は、可愛いお孫さんが居られるのですねcarouselpony

小生、実娘は、嫁に出さず、いつまでも小生の手元に置いておきたいのですが....妻は、娘を嫁に出すつもりでおります。  最後に残るのは、老夫婦、ということになるのですね..shine

予行演習は無事終了でしょうか?happy01
ってこんなの何回やっても本番は・・・crying

私も早くどこかの親父さん泣かしたかったなぁ~coldsweats01

スタMasaさん、実娘の時はどうなっちゃうの!?と心配してみたり。
花嫁の父は複雑ですねぇ。

スタMasaさん

おめでとうございます。

こんな素晴らしい経験が出来た事は、単衣にスタmasaさんの人徳に他ならない事です。happy02

私は、すでに娘一人を、嫁に出していますので、スタmasaさんの涙する気持ちが充分に伝わって来ます。weep

可愛い愛娘を、嫁に出す時が、来るであろうその時の父親が、そこに居るんです。crying

数年後、その時のスタmasaさん一体どうなるんでしょうかsign02

とりあえず、ハンカチ・ティッシュ忘れないでね(*^ー゚)bグッジョブ!!

◎だらだらの中のうりゃさん

うりゃさんが、二本松で、じかみ鍋を堪能している時、小生は土浦の結婚式場で、ウルウルしていましたweep

>笑える.....確かにそうですよねimpact

ちなみに、若夫婦の新居は、スタMasa家の近所ですhouse

読んでてワロタww
スタMasaさんの人徳ですね
納得です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/30149496

この記事へのトラックバック一覧です: 華燭の宴 擬似父の涙:

« 初!20枚オーバー!! トラップ射撃 | トップページ | 右が中らん...... »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック