« 平成20年度、最後の客..?? | トップページ | 笠間の桜 »

2009年4月 3日 (金)

平成21年度初射撃

新年度の始まり。2009年度、最初の射撃はAR(エアライフル)。

場所は、茨城県狩猟者研修センター・AR射場。 週末、金曜日。暖かな春の陽気、やや風ありsun

大口径ライフル射場は賑わっていたが、AR射場は相変わらず閑散。この日もスタMasaの貸切状態であった。Img_7356

Img_7380

Img_7350

SB用標的交換機を使う。

立射の練習をする。   Img_7378

今に始まったことではないが、...当らないdown 100発ほど撃ったうち、7点に2発飛ばしているか...sweat01 

なかなか10点が取れない。8点多しbearing 

据銃力不足horse  白い所に飛ばさないだけ、まだ良いか、とする。

Img_7359 Img_7360

アンシュッツM2002ポンプ。口径4.5mm。 Img_7376

Img_7362

フロントサイト(照星)のリング径は4.0mm。

Img_7364 Img_7365

リアサイト(照門)は、付属のマイクロサイト。ピープ径は1.1mm。サイトスクリーン(目隠し板)は、白色プラスチック板を、競技規則の基準内に合わせて切ったもの。

Img_7369

リアサイトのピープから覗いた図。

Img_7354

装備はザウアーづくし。

AR立射を撃ち終わり、コンビニで買ったサンドイッチとコッペパン、そして射場脇の自動販売機から入手した缶コーヒーで昼食を済ます。   30分ほど車両の中で昼寝する。その後、トラップ射場に向かう。

Img_7388 Img_7390

トラップA射面では、県西地区の猟友会がマッチを行なっていた。  スタMasaはB射面にて単独射撃を実施する。

Img_7391

Img_7393

スタMasaのトラップ・ガン、SKB5700。12番径。

今回使った装弾は、国産のアスカ24g7.5号。

少々疲れているせいか、今ひとつ集中出来ないcarouselpony  クレーの動きを見る、と自分に言い聞かせつつ射台に立つが、クレーが出ると軌道を追わず、そのまま銃を振ってしまう....。

スコアボードに赤色が並ぶ....2ラウンド撃って  9-10

こんなものだろう、と変な納得をするcat 

Img_7396 Img_7398

Img_7401

Img_7406

« 平成20年度、最後の客..?? | トップページ | 笠間の桜 »

コメント

◎空薬きょうさん

当スターチスのメンバーの一人に、ペガサスの残党がおりますcoldsweats02

>競技銃専門店といえば、銀銃、エニス、兵林館でしたね。

当時は、3銃砲店のクラブが、「全国クラブ対抗戦」の上位常連だったと記憶してます。
「ビーズ」「ペガサス」「ALS」でしたっけ?

>とうとう兵林館にたどり着けないうちに、お店がなくなりました

残念ですね。

>誠様
>ワルサーLGR+アンシュッツのサイトが上級者のスタンダードでしたね

私も、当時、A店長に、上記組み合わせを進められました。(初心者でした)
おかげで、装備だけは上級者で、その後も買い換える必要がありませんでした。
バウの600が出るまで、学連の上級射手はワルサー愛用者ばかりだったと記憶してます。

◎空薬きょうさん >おはようございますsun 「兵林館」…小生、射撃を始めた頃、競技銃専門店といえば、銀銃、エニス、兵林館でしたね。 小生、とうとう兵林館にたどり着けないうちに、お店がなくなりましたtyphoon

>ARは、スプリング式のバウ300全盛でしたが、上級射手はワルサーLGRを好んでいました。
スタ様、
そりゃ、ぐ様、ALSY様とくれば、ワルサーしかないでしょ。
今はなき「兵林館」はワルサーの総代理店でした。
>上級射手はワルサーLGRを好んでいました。
店長時代のALSY様の情熱と人柄が、上級射手を引き付けたのかもしれません

◎ぱるさん

>3月練習出来ず....年度末のお仕事、お疲れさまでした。   銃のある日常生活?が戻りつつあるようですねwobbly 

今朝、妻は仕事に、高三の娘は始業式で学校に出かけました。 小生、仕事休みにつき、これから鉄砲撃ちに出かけようと思いますhorse

◎誠さん

おはようございますsun

誠さんが学連射手だった頃....たぶん小生が就職して射撃を始めた昭和50年代後半。
ARは、スプリング式のバウ300全盛でしたが、上級射手はワルサーLGRを好んでいました。誠さんが仰るとおり、サイトはAns.のインターナショナルを、ハイサイトにして載せていた人が多かったですねflair

ちなみに小生が最初に手にしたARは、中古のAns.250、スプリング式でしたcat

練習お疲れ様です。
毎度ながら、ライフル系の練習の後にトラップを撃てるその集中力に脱帽です。
私は、3月は一度も練習できませんでした。
4月はちゃんと練習するぞ!

スタMasaさん、空薬きょうさん、おはようございます。今後とも何卒よろしくお願いいたします。
小生が大学に入って最初に購入したのがインパルスのコートでした。ワルサーLGR+アンシュッツのサイトが上級者のスタンダードでしたね。日本の事は、何もかもみな懐かしいです。

◎空薬きょうさん >はじめまして、ようこそsun インパルスは、浦和さんの製品でしたか。ワルサーLGRは、上級射手が好んで使っていたように思いました。 懐かしい昔ですevent

こんにちは、空薬きょうと申します。
>シンシナティの誠 さま
>アメリカ製のホークアイ
1970年代のスタンダードでしたよね。
1980年代は「浦和銃砲店」の「インパルス」
ARでは、ワルサーのポンプ銃「LGRユニバーサル」
ぐ様、ALSY様とかが、らいすぽに毎号とってもためになるお話を掲載されてました。
今のらいすぽ、、、がんばってください。
石井先生の激写表紙の写真は、とっても美しく、、、
そうでない人もそれなりに美しく写ってました。
い、いかん、「ホーク愛」という単語で、フェードアウトしてしまった。
失礼しました。

◎誠さん

NRA仕様のコート...チャンピオンズチョイスの製品が該当するでしょうか?  知人の某ハンター兼射手が、ボブ・アレンのコートを持っており、小生も欲しいと思ったのですが、すでに同コートは生産されていないとのこと。
 数年前、トイガン関連のイベントで、中古のチャンピオンズチョイスのコートを6500円で購入しました。
 たまに、同コート、BDUパンツ、コンバットブーツを着用してRem700を撃って遊んでいますwink

スタMasaさん、こんばんは。
ザウアーのコートはこちらでも人気があるようですが、結構なお値段です。小生が高校・大学時代に一世を風靡したアメリカ製のホークアイは全く聞かなくなりましたから、つぶれてしまったのでしょうかね。小生の復帰第一号ライフル用にはNRA仕様のコートを購入しようかと考えていますが、具体的にいつになるかは懐具合次第になりそうです

◎CASさん >ARの標的、黒点の直径約3cm、センター10点は0.5mmの白点です。そんなもん、当たるわけないですよimpact >姿勢により照準に違い‥そういうことです。小生、ARとSBでは姿勢ごとに別々のマイクロサイトを使い分けています。というか、ポジション射手のほとんどが、サイトを使い分けていますshine でもネ、10mで当たらなければ、50mでも100mでも300mでも当たりませんcrying

◎カナリアさん >ARとトラップ…ホントは単種目に集中するのが良いのでしょうが、小生、心も貧乏性なので、笠間に練習しに行く時は、トラップ・ガンも持って行きますcoldsweats01 トラップは、だらだら撃っても良いことはありませんので、2ラウンドまでに留めていますcat

10mのARの的って小さいですよね~
10点圏なんて5円玉の穴ぐらいしかないのでは。

ふと思うことがありまして…
銃口から的までの正確な10m距離ってS、K、Pで微妙に変わってきますよね。あとは立ち位置や試合会場でも。
50mや100mライフル競技なら軽微な誤差として無視できそうなものですが、10mでゼロコンマの世界で点数決めるARではどう調節しているのでしょう?

見た感じ射座の足元にも10mの目印になるような線も見えないので気になって気になって。

お疲れ様です。ARとトラップ、なんともいつもながらいい取り合わせですね。荷物だけでも、結構ありそうですね。私も、もう少し慣れたらAPとBBでも撃ちたいと思います。明日は久しぶりに長瀞までHR撃ちに行って参ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/28949236

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度初射撃:

« 平成20年度、最後の客..?? | トップページ | 笠間の桜 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック