« 平成21年度初射撃 | トップページ | 続・笠間の桜  »

2009年4月 6日 (月)

笠間の桜

春4月、桜の季節flag 暖かな月曜日、仕事休みのスタMasaは、茨城県狩猟者研修センターセンターへ出かけた。大口径ライフル射場、団体予約はないはずであった。

Img_7468

午前10時30分、射場着。大口径射場、既に車両が4台駐車、いずれもT葉県の4人のハンターが入っていた。

Img_7455

大口径射場の射座は5つ。4的が空いていたので、スタMasaは、そこに入った。

Img_7432

この日の得物、フリーライフル、シーレンDGA。

Img_7418

これまで、フロントリングの径は4.0mmであったが、100mでは標的の黒点が、やや小さく見えるので、今回はリング径を3.8mmにしてみた。

Img_7417

リアサイトは、アンシュッツ・インターナショナル。アイピースは、ゲーマンのアジャスタブル。

P(伏射)でのピープ径は1.0mm

S(立射)とK(膝射)でのピープ径は1.1mm

3.8mmのフロント・リング径、陽炎が立つと、ややボケる感じがあるが、何とか撃てた。

Img_7430

.308Win.実包。 弾頭155gr.(グレイン)HPBT、薬莢ノルマ、火薬IMR4895を43.7gr.、初速2800fps見当、雷管フェデラルGM210。

Img_7415

装備。 コート、ズボン、靴、グローブ共に、いつものザウアー。 スリングはアカーロジックベルト。

Img_7437 Img_7439

Img_7442

Pの結果

Img_7428_2

監的スコープで覗いた図

Img_7443

Sの結果。 Sのセットにして、まだ撃っていない時、監的スコープを覗いてみると、1点9時方向に、既に1発着弾shock  

3的、サコーの.30-06を撃っていたハンターさんから撃ち込まれたらしい...annoy  

Img_7444

Kの結果

ハンターの射撃は早い。スタMasaが射撃開始してから1時間も経たないうち、4人のハンターさんは、射場を引き上げた。 4時間で4,305円(ビジター料金)、2時間位で引き上げるのは、勿体無い気がするのは、スタMasaの貧乏性か...down   

Img_7440

この射場の射撃距離は、10m、25m、50m、100、150m。   以前から感じていたことだが、笠間の50m、真壁の50mより短い気がしていた。 そこで今回、50m位置にSBのセンターペーパーを立てて、3.8mmのフロント・リングで覗いてみた。  ぴったり、リングの中に黒点が納まった。ということは、やはり50mはある。

射座の横幅、奥行きなどの違いで、目の錯覚が生じているようだ。

Img_7452

50m先のSBセンターペーパー。監的スコープで覗いた図。

撃ち終えてから、サンドイッチと缶コーヒーの昼食。そしてバレル・クリーニングと後片付け。これが結構、時間を喰う。

大口径射場を引き上げ、トラップB射面に向かう。 東京人らしき3人の射手がラウンドしていた。Img_7457

その3名様が撃ち終ってから、スタMasa単独射撃を実施する。

Img_7460_2

いつのもトラップ・ガン、SKB5700

Img_7461

装弾はGB、7.5号24g

Img_7464_2

装備。Too Horseのベストと、ゴルフ・グローブ

フリーライフル射撃後、少々バテ気味でのトラップは、このごろリハビリ射撃の様相を呈している。   ライフルもろくに当らないのに、トラップを上達させようとは、図々しい。

どうしてもトラップの上達を望むなら、現在の生半可な気持ちを捨てなければならない。

ライフル射撃と違い、射撃理論が確立されていないトラップをものにするには、上級射手の師匠に着くこと、自己流の撃ち方を捨てて、徹底的に師匠の撃ち方を学ぶ。そして集中的に練習する......上を目指すにはそのようにするべきであろう。   でも、それは面白くなさそう....横着なスタMasaには耐えられそうにない方法だ。

ということで、点数に拘らず、気楽に撃つことにするflair   下手の横好きでも、長くトラップに付き合いたいと思う。

Img_7463

この日のトラップ。2R撃って  13-12

二桁撃破、上出来であるhappy02

 

« 平成21年度初射撃 | トップページ | 続・笠間の桜  »

コメント

◎ハラやんさん >さっそくお越しいただき恐縮ですhappy01 ありがとうございます。 お互い、ヨゴレ系ブログの頂点を目指し(ちょっと違うかもsweat01)中高年の意地を見せましょうnote

初コメありがとうございました。happy01

こちらこそ時々お邪魔させて下さい。foot

自分も初めての公式は、カルチャーショック!

て言うか?プーラーのお姉さんがそそろ公式撃って見ますか?

(軽い気持ちで)・・・ハイなんてweep

クレーが見えません。upwardleftupwardright

どこ どこ 二の矢が撃てません!・・・はぁ~crying

カッコワル~一人で良かったwobbly

まだ、初めて3ヵ月なんで、頑張って見ます。宜しくです。scissors

◎ぱるさん

おはようございますsun

>最近は4895.....

実は小生、以前から4985を使うことが多いですwink
 ただ、このごろは、弾頭168を使う時は、4064を
入れます。シェラでもIMRでもデータ表によると、
4064を使わないと初速2700fpsに上げられませんのでcoldsweats02
 
 ランニング・コスト的には、3031が良さそうですが、これを168の弾頭に組み合わせたところ、ひどく痛かったので、もう3031は使いませんcatface

最近は4895をご愛用ですかぁ~happy01

◎空薬きょうさん

同意ですpaper

おとうたまさま

>下手の横好き大いに結構!

好きだからこそ、続けられるってことでしょうか?
気がつけば、すでに何十年って感じです。
付け加えるなら、仕事以外の友人、たくさんできました。
「師匠」から「お友達」まで、宝物です。

◎カナリアさん

トラップ、射撃理論が確立されていない、と言ったのは、故築地恵氏でした。 10人の射手がいれば10通りの射法があり、そのどれもが正しい、とのことです。ビギナーの小生からすれば、取り付く島の無い話ですが....crying

ところで、日ラ坂本会長の本業での発言、カナリアさんのブログに、ソースをコピペさせていただきました。

お疲れ様です。ライフル射撃は、射撃そのものを研究する面も多いようですね。奥が深いです。一方、トラップ射撃は理論が確立されていないとは驚きです。でも、やはり射撃は楽しんでナンボではないかと思います。これからも楽しく射撃をしたいです。

◎Pさん >公式AクラスのPさんに、そう言っていただき、恐縮ですcoldsweats01 一番好きものは、仕事にするべきではないですね。小生、鉄砲撃つことが好きなので、下手でも射撃とは長く付き合って行きたいと思っていますnote

◎DT点さん >桜の季節…春眠暁を覚えず‥ 思いっきり惰眠をむさぼりたいですhappy01 フィッシングとシューティング、りょんりょんさんの季節到来ですねsun 花粉に負けず豊漁でありますようにfish

◎斯波さん >身軽な服装…クレーはそうですが、ポジション・ライフルは、四季を通じて同じ装備なので、身軽ではありませんsad 小生の基本的な着衣は‥上:ポロシャツ又はTシャツにトレーナー 下:ジャージパンツ そして射撃コートと射撃ズボンを着ます。 春と秋は快適です。冬は寒いです。夏は炎熱地獄です。 炎熱地獄が当たり前だと思って30年近く、汗だくの夏を過ごしてきました。 2年前の夏、県ラの大口径ライフルの試合時、小生が重い装備を着けて、撃っているのを見た、だらだらの中のうりゃさんは、「スタMasaドM疑惑」という記事をご自分のブログに書きましたthunder その時、ほとんど初めて小生は、自分の感覚がおかしいのでは、と思った次第ですbleah

◎タシギさん >猟期外は射撃場通い‥それが鉄砲撃ちの正しい生活だと思いますhappy01

◎誠さん >お仕事お疲れさまです。 サベージ24のインプレ、楽しみに待っていますdelicious >クレーの国体級の費用… 当方のリンク先の方で、トラップ国体選手のJUNさんとか、スキート国体選手のToTさん、あるいは日クレ公式選手の、おとうたま、ぷくぷくのPさん、じかみさん、東核さん…皆さん一流のクレー射手ですが、小生が見るに、特別お金持ちではないようですcat

◎おとうたま >ありがとうございますhappy01 小生、あれも撃ちたい、これも撃ちたいと、欲張りなので全部上手くならないのですよねsweat01 下手であっても、射撃を遊べる環境に感謝ですnotes

オラも基本的にはスタMasaさんと同じノリでやってますよcoldsweats01
特定のお師匠様についた事もありませんし・・・

自分の好きなようにやって、出来れば結果も付いて来れば言う事なしですかね~happy01まぁ都合良過ぎですが・・・

良くも悪くも自分次第、テッポー撃っててつまらなくなったらあっさり止めちゃうかも知れませんしcoldsweats01
誰に頼まれてやってるわけでも無いし、ギャラも貰ってませんから(笑)

自分の好きなようにやる。
それで良いんじゃないでしょうか?catface

桜が咲き始めましたね!
今週末には神奈川県の桜が散り始めて葉桜になってしまうのではないでしょうか。
桜って綺麗ですよね! 自分の心の桜は散っていますが・・・ ( -∀)ゞ
他の皆さんのブログも桜が満開です。
春っていいですね!
花粉も収まってきたので、撃ちに行きたいのですが・・・不景気の影響で授業料が…(-_-;)
射撃は計画的に撃たないと…本年度予算は厳しいっす!…(´Д`υ)

射撃系ブログが一斉に桜の写真を貼りつけています、寒い季節は静的も動的もオフシーズンですが、我慢して引金慣れの為に着膨れと懐炉で凌いできました。
スタMasaさんやっと、身軽な格好で射撃が出来る季節に成りましたねo(^-^)o
今週、今年3回目の猟銃用火薬類等譲受申請に警察署に行ってきます、来週の木曜日は銃検査ですが、警察署の駐車場が毎年満車の為、去年からタクシー使っています。
トラップ用2丁・自動銃とAR各1丁の4丁で、16Kg強の重量に成ります、警察署には弾と猟銃の申請で年に8回位は伺いますし、担当さんは気さくな方なのですが、何故か敷居が高く感じています。
生活安全課の猟銃担当の方は、他にも古物商や風俗営業・パチンコの許認可で忙しいのに、私事の趣味の為に煩わせるのは心苦しく感じています。
公式戦にも出ないで、嗜みとして趣味=遊びとして射撃をしていると考えると、担当さんの仕事を増やす事に抵抗があります。
未だ射撃の形を手探りしているので、弾数は必要です、自分なりに頬付けや肩付け・姿勢・スイングスピード変えて色々な組合せを試していると1日で8〜11ラウンド射ってしまいます。
他人には滅茶苦茶だって言われますが、お試し中なので15点取れれば良いと思っています、20点きらない射ち方していた時もありましたが、引金引く時間が遅いし点取りが主眼では、野良として「我流」の独特な射法を目指すのに反します。
仕事なら効率性を重視して利益追求しますが、遊びは無駄な事をして楽しんでいたいです。

だんだん良い季節になってきましたね
猟も終ったし僕もそろそろ射撃にいきたいな~

スタMasaさん、こんにちは。
小生仕事を二つ掛け持ちしている関係上、最近全く練習が出来ていません。6月になれば学校が休みになりまとまった時間がとれるので、それまでしばらくは辛抱いたします。
ところで、日本のクレー射撃で国体選手級になるには、「一千万円ぐらいかかるよ。」という恐怖のお話を聞いた事があるのですが、これは本当なんでしょうか。

下手の横好き大いに結構!

趣味ですから好きでやってるだけでオッケーですよ。
頑張って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/28996440

この記事へのトラックバック一覧です: 笠間の桜:

« 平成21年度初射撃 | トップページ | 続・笠間の桜  »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック