« 高萩、暖かい木曜日 | トップページ | 今度こそ、2008年撃ち納めか..?? »

2008年12月19日 (金)

SB撃ち納め..か..?

仕事休みの金曜日、天候晴れ。気温やや低し。 この日、笠間の狩猟者研修センターの大口径射場は、予定表を見ると、県警機動隊のタクティカル・トレーニングが入っていた。

スタMasaは、SB、アンシュッツ1407を持って、真壁に向かった。Img_5883

気温低くも、ほぼ無風状態。Img_5895

風旗は、垂れ下ったまま動かず。

今回の主たる目的....Pのセッティング変更、というか、元の状態に戻す作業。 ハンドストップの位置と、スリングの長さ調整を行う。Img_5899

据銃姿勢が楽になった。7点に出なくなった、ポツリポツリ8点は出るがbleah 9点地獄は当たり前であったが、Pの感じは、随分良くなったbell

一応の目的は果たしたところで、SBの2008年撃ち納めとなったpaper

Img_5892

« 高萩、暖かい木曜日 | トップページ | 今度こそ、2008年撃ち納めか..?? »

コメント

◎G会長様

艶っぽい記事は、ヨ○レ系の方々に、お任せしておりますcoldsweats01

ちょっと状況が変わりまして...もしかするとまだ撃ち納めになっていないかも、ですsign02

ツイさっき、よそ様のブログ「撃ち納め」話題にコメント入れてきたしたが・・・

それにしても むむむ・・・
スタMasaさん!
ここは なーんも 色っぽい話題がなかとですがね sweat01

撃ち納めお疲れでやんす わっはっは!

◎DT点さん

機動隊タクティカル・トレーニング...秘密のベールに包まれますshadow

以前、訓練中の射場に近づいたところ、射場内から機動隊員が出て来て「訓練中なので覗かないでください」と、入場を阻止されましたsweat01

県警機動隊のタクティカル・トレーニングって何か独特な雰囲気がありそうですね。 ちなみに、県警機動隊の実力は…やはり百発百中なのでしょうか? 
そんな彼らの横でズバズバ撃って、真中の穴1つのみの的紙を見せてあげましょう!
( ̄∀ ̄)σ…どうよ?
ってな具合に… ( -∀)ゞ

◎Shiroさん >10度って…小生にすると極寒ですsnow 特に真壁は寒いです。小生、冬場は、ヒートテック素材のアンダーウエアを着込んでいますcat

Masaさん、今晩は
1ヶ月ぶりにSBを撃ってきました。
暖かくて10度もアリ撃ちやすかった。
2時間で200発撃ち、素早く帰ってきました。

冬に来年用の秘密兵器を考案中、試作はマスターズ冬季で試験します。


誠さん、日本は変な国です。
Masaさんが大好きな。ポリスもどきは良いけれど、
レミントン700ポリスで許可申請を出すと、許可は受理されない国です。

米国はいろんなワイルドキャットが簡単に作れますが、日本では親になる薬莢の入手が難しくて。
220 Russian 、6mmBRが手頃な値段で入手が可能な薬莢です。
22PPC、6mmPPC ファイヤーフォーミングが必要。
22BR,6mmBR、30BR ダイスで1パスで製作。
ポジションは面倒なのでネックターニングもしません。

◎誠さん >ありがとうございましたnote Shiroさんは、明るく賑やかな、そしてSB、BBの名人ですflair

スタMasaさん、Shiroさん、たびたび失礼いたします。

M16(AR15)ライフルの高精度の理由をちょっと調べてみました。専門家によると、M16(AR15)ライフルはリュングマンシステム(direct gas impingement system)により直接ガスをボルトに吹き付けるようになっており、通常の自動銃の銃身上にあるガスピストンが存在しません。つまり余計なものが銃身に乗っかっていないので、高精度が出しやすいのだそうです。

日本で許可が下りないのは残念ですね。

スタさん、Shiroさん、こんにちは。

一位のBernosky選手のM16は、6mm Hagarカートリッジ+107-grシエラマッチキング使用。二位のTubb選手はご存知Tubb2000+6XCカートリッジ+111-grデイビッドタブカスタムメイド弾頭。Tubb選手と同点三位の女性Sherri Hurd選手は、同じくTubb2000+260Rem142-grシエラマッチキング使用でした。Hurd選手は、オリンピック選手が所属するUSアーミーマークスマンユニットの選手です。

ちなみに、Tubb選手は自分がデザインしたTubb2000ボルトアクションライフルを電光石火の早業で操作するので知られており、小生もビデオで見ましたが、ほとんど指だけで目にも止まらぬ早さでボルトを動かしますthunder

誠さん宜しく。
ハイパワー部門の記事でしたよね、
1分間に10発撃つ競技だと思いました。
自動銃じゃなきゃ勝てないのでは?
弾倉を途中で交換して撃つような記憶があります。
最近だと223、6mmAR、6mmBR、6.5Grendelが主流では。
射撃コートもISSFのルールと違います。

M16に似ているだけで、TUBB2000は許可になりません、推薦を出す人達が、推薦を出そうとしないから、日本で所持は出来ないんです。
Eliseo R5 の銃床も輸入は出来ません、中身がレミントン700でもダメなんです。

ヨーロッパのCISMのカテゴリーの銃だと物によっては、推薦で撃っている人がいますから、形が似ているからダメという国です。


◎誠さん >情報感謝ですnotes M16のカスタムで優勝…shine 今、出先、携帯なので、帰宅後、サイトを見ますが… ハイパワー・ライフル部門でM16….223ですよねsweat01 小生の頭に思い浮かぶセンターファイア・ライフル競技は、ISSFルールの300m‥あるいはパルマ長距離ですが、ハイパワー・ライフル部門とはsign02

先日NRAの協会誌American Riflemanが届きました。その中で2008年度キャンプペリー(全米選手権)の特集が組まれているのですが、ハイパワーライフル部門の優勝者の使用銃が、なんとスミスアンドウエッソンM&P15PCオートライフル(つまりM16ライフルのS&W版)でした。原型を保たないほどカスタム化されてはいましたが、並み居るボルトアクション銃を押しのけて自動銃が勝ったのは驚きでした。また、大勢の男子選手を尻目に3位に入ったのは女性選手でした。

ちなみにキャンプペリー市は小生の住んでいるオハイオ州にあります。

http://www.nrahq.org/compete/champ3.asp

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/26324337

この記事へのトラックバック一覧です: SB撃ち納め..か..?:

« 高萩、暖かい木曜日 | トップページ | 今度こそ、2008年撃ち納めか..?? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック