« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月25日 (火)

2008クラブ選抜戦最終日

スタMasa、第2射群でP60を撃つ。前日のPショック、引きずって...sad スリングの張りがきついように感じた....前日のPと同じ、10点に入らず、9点地獄が続く。そして8点に外す...さらに前日同様、7点にぽろぽろはみ出す....    540点sign01 エア立射の成績ではない。今回のスタMasaの50mP60の点数。90割れぎりぎりsweat01    トラップが中らないことに気を取られ過ぎたのか..sign02  いくら三流射手とはいえ、この成績は酷すぎるdown

射場長を務めた次郎長のdukeさん、射撃を終えたスタMasaに 「変な撃ち方ではない。ただ、スリングが腕の内側に回っている。それが姿勢を不安定にさせているのでは?」と語った。 そういえば、スリングの巻き方、考えていなかった....。

Img_5712

最終日、P60を撃つ、クラブチームかめむし のIYさん。いつも笑顔の優しい大先輩。T木県ライフル協会の役員でもある。

世間は連休最終日。東名高速の渋滞は、十分予想できた。撃ち終わったスタMasaは、同じ射群で撃ち終えたスタ波平さんと、連立って射場を後にした。 藤枝市内のファミレスで昼食後、それぞれ茨城に向かった。

 東名高速、案の定、大渋滞。所々PAで休みながら走行する。結局、帰還したのは、日付が変わってからだったnight

 それにしても変....ふと気がついた。ハンドストップの位置とスリングの長さのセッティングを変えたばかりだ。しかも変えたセッティングでの射撃、まだ自身の中で、こなれていない。

10月29日の記事中、「使い慣れた銃だが、何か違和感があった。」と自分で書いていて、セッティングに変更を加えたことを忘れていたimpact

一旦、Pのセッティングを元に戻し、dukeさんからのアドバイスを心がけて、Pの立て直しを図ることにする。

  

2008年11月24日 (月)

クラブ選抜戦二日目:スタMasa非常事態宣言

全日クラブ選抜戦二日目。スタMasaは50m3×40を撃った。Img_5634

銃はアンシュッツM1913。コートとズボン、グローブ、靴はザウアー。スリングはアカーのロジックベルト。

3×40の最初の種目はプローン40発。 スタMasa非常事態宣言発令annoy Pが、全く当らない。9点が続いた後、8点ぼろぼろ・・・どころか7点を撃ってしまった、それも2発も・・shock 89-90-89-90=358     なんと、9割を切ってしまったdown  トラップが中らないどころの騒ぎではない。Pで9割を落とす、かなり深刻な事態だflair   Pのショックを引きずったまま、第二姿勢Sに入る。練習不足のわりには、8割キープで凌いだ。331点。

しかしPの90割れのショックは大きい。ショックを引きずったまま最終姿勢Kに入る。 我慢の射撃。89-89-94-88=360 なんとか9割キープで堪えたsweat01  トータル1049・・・・Pで大コケした割には頑張った点数であった。が、やはりPの90割れは、大きな衝撃であったimpact

Pを何とかしなければ・・・・・

スタMasaの3×40は1回転目だったので、午後から射場役員の任に就く。

Img_5645

10mS60を撃つスタShimayumiさん。

Img_5650

スタodaさん、50m3×40

Img_5651

左射手、スタYAMAさんの3×40のP

Img_5657

スタodaさんのS

Img_5676

スタYAMAさんのS

Img_5677

3×40、Sを撃つodaさんとYAMAさん

Img_5682

スタodaさんのブライカー

Img_5683

スタYAMAさんのAns.1912。これは立射用。PとKは、Ans.1913を使っていた。

Img_5693

スタodaさんとスタYAMAさんのK

Img_5699_2

帳尻合わせの名人、NRTのShiroさん。3回転目、ぎりぎりの射座入りで、Pを390点。

Sで、大コケしていたが、最終姿勢Kで帳尻を合わせる名人芸を、今回も見せてくれた。

Img_5707

次郎長の美人射手yoriさん。3×20Wで、安定した射撃を見せてくれた。

Img_5709

クラブ選抜戦優勝トロフィー。スターチスには永遠に無縁であろう・・・・

この日の試合終了後、藤枝駅前の居酒屋で親睦会となる。参加者は、次郎長dukeさん、yoriさん。ホーネットのNOBさん、AAAのKS氏。そしてNRTのShiroさん。

最終日、スタMasaはP60を撃つ予定。今の気持ち...P撃ちたくないcat

2008年11月22日 (土)

クラブ選抜戦初日

平成20年度第27回全日本ライフル射撃クラブ選抜大会。初日、スタMasaは朝5時起床で、常磐高速道に載った。 朝6時台・・・妙に首都高速が混んでいた。ついでに東名高速で交通事故、渋滞となる(*`ε´*)ノ

Img_5602_2

晴天。富士山が綺麗に見える。

Img_5604
試合会場、静岡県藤枝市のスポーツパル高根の郷インドア射撃場。Img_5627

Img_5625

初日の出番は、50mP60にスタodaさん、ともさん、Shimayumiさん、Uさん。 スタMasaが射場に着いた時、すでにスターチス選手は撃ち終っていた。

この日、スタMasaの出番はない。射場係の支援に入る。Img_5607
Img_5612
Img_5613
Img_5616
Img_5632

夕方、予約していたホテルに入る。 スタodaさん、スタShimayumiさんと合流し、藤枝駅前の居酒屋でミーティング。 射場役員を務めていた、クラブチーム次郎長のdukeさんが駆けつける。4名で、二日酔いにならない程度に飲酒する。  スタMasa、明日は50m3x40を撃つ予定。

2008年11月19日 (水)

同窓会08

同窓会の案内が着た。1 2

その日、夜勤明けだったので、常磐線特急で上京した。 この同窓会、毎年秋に行われる。2年前の秋、スタMasaは初めて参加した。  本同窓会の副幹事長、NS君からの誘いがあったからだ。

Img_5372

受付の先輩。

Img_5374 Img_5443

Img_5446 スタMasaの年代の参加者は、極めて少ない。スタMasaや同級生のNS君、すでに50歳代半ばだが、この同窓会においては、若手だ。 本同窓会の中核は戦前昭和生まれの先輩たちである。

Img_5376

左:SK君

右:副幹事長のNS君

共にスタMasaの同級生である。

Img_5436

左:スタMasa

右:SK君

SK君とは、実に三十数年ぶりの再会だった。

Img_5456

来賓:現校長先生。新幹線で仙台から来られた。

Img_5465

来年の同窓会運営当番?の高14回生の先輩たち

Img_5478

同窓会終了後、高25回生のスタMasa、NS君、SK君は、ミニ同級会に流れたbeer

本同窓会の名称は、東京仙商会。仙台商業高等学校出身で、東京を中心とする関東圏に居住する者たちの集まりである。  多くの卒業生を輩出している。が、本同窓会の参加者は少ない、今回は70名位の参加であった。 関東圏に住む仙商出身の皆様、特に高25回付近の方々の参加を望む。

2008年11月11日 (火)

今日も高萩

秘境への旅は続く...曇り空の月曜日の午後、高萩射撃場に入った。客無し。 射場経営者のO内氏が、薪を割っていた。クラブハウスの暖房は、薪ストーブである。

「単純に自分の撃ちやすい形・リズムを一つ作ってみて,そこをスタートにしてみたら?」 先日いただいた、おとうたまのアドバイス。 この日、スタMasaの貸し切り状態だったので、それを実行してみる。 射面に対して体を右後ろ約45度に開くが、今回は上体を意識的に前に捻らず、真っすぐ立ってみる。足幅はやや広め。膝の屈伸は出来ないが、楽な感じがする。

下段の構えからコール、クレーの方向を確認してから追うことを意識する....  右方向のクレー、良い感じで捉えることが少し出てきた。 その良い感じが曲者で、結構中っているように思えたが、スコアカードを見ると、思いのほか中っていなかったcoldsweats02

3R撃って   13-11-12

スコア自体は、相変わらずだが、中る感じが、なんとなく掴めそうな、そうでないような.cat

Img_5359
トラップ・ガン、SKB5700。 ストックに貼付のシールは識別のため。

Img_5361 Img_5360

Img_5362

Img_5365_2 

トラップ放出口付近

Img_5368

クラブハウス

この日で、しばらく射撃から遠ざかる。仕事の都合で2週間、撃てない。次の射撃は、今月下旬の、全日クラブ選抜戦、SBの試合。    余計な仕事が入らなければ、ホントはSBをみっちり練習したかったweep

2008年11月 8日 (土)

秘境への道

午前中休日出勤の金曜日。午後から高萩射撃場へ出かけた。

Img_5309 秘境への道....

Img_5315_2 

Img_5318

Img_5320

Img_5321

Img_5324

Img_5325

Img_5326

Img_5327 いよいよ山に入る。

Img_5329 路面、未舗装。

Img_5330

Img_5333 細い山道は、まだまだ続く...

Img_5336

Img_5337

Img_5339 ようやく射場入り口。ただしこの入り口に、看板は無い。

Img_5342

Img_5343

Img_5344

スタMasaのトラップ・ガン、SKB5700。

Img_5345

Img_5347 午後、西陽がバックストップを赤く染め始める。

Img_5348 ....と思ったら、陽が陰ってきた..。

狩猟解禁まで一週間。射場は、ハンターたちで賑わっていた。 スタMasaの1R目。ハンターたちは、クラブハウスで猟の計画を練っていたので、単独で射台に立った。  肩付け、頬付けを確認し、下段の構えでコールする。   失中が続く。  軌道を追う...が、出来ない。というか、意味がわからんbearing   

インターバル...携帯でネットサーフィンする。 おとうたまの記事を見る。 ふむふむ、真っ直ぐ立つ...バードビューで射面を見る... それらを意識して2R目。だが意識していたのは初めのうちだけ.....cat  時折、反動に負けてよろめくsweat01 12番7半24g、.308Win.に比べると非常に軽い反動だが、コントロールできないことがある..sign02   ふらふらしながら撃って10枚。

3R目も、変わらずで10枚。ここで弾切れ終了。

Img_5346

クラブハウスの掲示物の一つ。

どこをどう撃ってよいか分からない、という状態は、変わらない。 数多く撃って、中る感じを体得するしかないのかもしれない。我慢のトラップはしばらく続きそうだsweat01

2008年11月 3日 (月)

連休最終日、曇天の高萩

世間は連休の最終日。スタMasaは昨日まで仕事。 本日、仕事オフ。 トラップ・ガン、SKB5700を持って高萩射撃場に向かった。

Img_5161 朝から曇り。この曇天が、クレーを見やすくしている。

お客さんは、ざっと6名様。猟期前のハンターの方々のもよう。

1R目、スタMasaは、老練のハンターお二人と撃たせていただいた。

不思議なラウンド....自分では結構中っている感じがした。スコアボードに的中失中が表示されないため、的中数は不明だったが、15枚位砕いたように感じた。

感じただけだった.....cloud 撃破数 7枚 であったhappy02

2R目、5名で立つ。 今度は、ひどく中らない。5、6枚か...と思ったが、10枚砕いていた。

3R目も同様。遅いセットなのだが、それでも軌道を追えないdown 今度こそ5枚位.....と思ったが10枚だったsweat01     結局 7-10-10

Img_5160

Img_5162

Img_5163

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック