« クラブ選抜戦二日目:スタMasa非常事態宣言 | トップページ | 久しぶりのトイガン射撃 »

2008年11月25日 (火)

2008クラブ選抜戦最終日

スタMasa、第2射群でP60を撃つ。前日のPショック、引きずって...sad スリングの張りがきついように感じた....前日のPと同じ、10点に入らず、9点地獄が続く。そして8点に外す...さらに前日同様、7点にぽろぽろはみ出す....    540点sign01 エア立射の成績ではない。今回のスタMasaの50mP60の点数。90割れぎりぎりsweat01    トラップが中らないことに気を取られ過ぎたのか..sign02  いくら三流射手とはいえ、この成績は酷すぎるdown

射場長を務めた次郎長のdukeさん、射撃を終えたスタMasaに 「変な撃ち方ではない。ただ、スリングが腕の内側に回っている。それが姿勢を不安定にさせているのでは?」と語った。 そういえば、スリングの巻き方、考えていなかった....。

Img_5712

最終日、P60を撃つ、クラブチームかめむし のIYさん。いつも笑顔の優しい大先輩。T木県ライフル協会の役員でもある。

世間は連休最終日。東名高速の渋滞は、十分予想できた。撃ち終わったスタMasaは、同じ射群で撃ち終えたスタ波平さんと、連立って射場を後にした。 藤枝市内のファミレスで昼食後、それぞれ茨城に向かった。

 東名高速、案の定、大渋滞。所々PAで休みながら走行する。結局、帰還したのは、日付が変わってからだったnight

 それにしても変....ふと気がついた。ハンドストップの位置とスリングの長さのセッティングを変えたばかりだ。しかも変えたセッティングでの射撃、まだ自身の中で、こなれていない。

10月29日の記事中、「使い慣れた銃だが、何か違和感があった。」と自分で書いていて、セッティングに変更を加えたことを忘れていたimpact

一旦、Pのセッティングを元に戻し、dukeさんからのアドバイスを心がけて、Pの立て直しを図ることにする。

  

« クラブ選抜戦二日目:スタMasa非常事態宣言 | トップページ | 久しぶりのトイガン射撃 »

コメント

◎Shiroさん >模範解答レスコメントありがとうございましたcat

もうすでに28時間くらい働いているでしょうか…wobbly ◎りょんりょんさん >ようこそnotes先日は、友部に行けなくて、失礼しました。次の機会にぜひ、お目にかかりたいと思いますup ポジション・ライフルの撃発については、名人のShiroさんのコメントのとおりですsun

◎りょんさん始めまして
ポジションライフルの場合呼吸を止めている時間はほんの僅かです、たぶん長くても10秒くらいでは。
私は伏射の時は1分間に3発撃つていますから、たぶん呼吸を止めているのは正照準になった瞬間からで、呼吸は止めているのは7秒位です、これ以上になったら再度構えなおします。
引き金ですが本では絞ると表現していますが、正照準になると同時に一段目の50gまで引き、その後30gをタイミングを合わせて一気に引き落としますが、
この時引き金以外の力は何も銃には掛からない状態を言っています。
空撃ちした時に撃発した後も綺麗に照準が出来ている状態で無ければいけません。

スタMasaさんが良く撃つハンティングライフル銃は引き金の重さが全く違いますので別世界です。

ARや、普通のライフルを用いた精密射撃の知識が全くなく…ホント情けないコメントでもうしわけありません。(ノ_・。)  でも、エアーライフルってちょっと興味があります。 始めた散弾ですが・・・あれこれ手を出してしまうと…どれも身にならないような気がして…σ(-c_-`?)  やっぱりトリガーを絞る時は呼吸も止めちゃうんですか???
こんな質問でごめんなさい!

◎Shiroさん >先日はありがとうございましたbeer > Pのセッティングを変更した理由…よくよく考えると、実は深い意味はありませんでしたtyphoon 最近、高い位置が流行っているようなことを耳にし、それを真似てみただけ、でしたimpact

飲み会楽しかったですね。
私の立射が当らないのは、練習を全くしないからです。立射は試合以外は撃たない事にしています。
練習すると腰が痛いから、昨日まで腰痛で苦しんでいました。

Pスリング、スリング止めのセティングを変える必要があったのは、もっと違う原因があるのでは。
私は何年も基本的なスリング止めの位置に変化は無いですが。
左手を完全に脱力してスリングに頼り、右手で銃をコントロールしなければ、良いです。。
飲み会の時話した通りゼロポジションを毎回確認して、フロントインサートに目のピントを合わせれば
8点以下は撃たなくなります。
Pのゼロポジションは左右のズレは体全体で微調整です。
スリング物は脈動で銃が一定リズムで動きますからこれを利用して、引き金を引くタイミングを合わせれば良いです。
老眼には照準距離を伸ばして目のピントを合わせやすくするエクステンションチューブがお勧めです。

◎誠さん >フリーライフルは、いじくる所がいろいろありますが、今回小生が変更を加えたのは、ハンドストップの位置とそれに伴うスリングの長さだけでした。練習時間の少なさが、セッティング変更したことを、すっかり忘れさせていましたpunch 大ボケ自爆でしたwobbly >誠さんのお馴染み、YAMAさん、3×40とAR立射で、健闘しましたhappy01

クラブ選抜戦お疲れさまでした。ピストルでは、セッティングを変えると慣れるまでに一月から半年ぐらいかかると言う射手もいますが、ライフルPの場合はどうなんでしょうか。いっぱいいじるところがあって複雑そうですね。

◎G会長様

射台に戻って来られて、安心しましたhappy01

今回、時を同じくして、友部ではXシリーズが、ど派手に開催されたもようです。 ヨゴレ系ブロガーが、北は宮城、南は愛知から集合、その数30名とかannoy

次回は、会長とご一緒に、じかみ鍋を食べに行きたいと思いますcat

遠征大会おつかれでしたね。。。

あたしも昨日は友部で久々6ラウンドも撃ったものだから、、、

ツカレチャッテ、、
わっはっは!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/25640259

この記事へのトラックバック一覧です: 2008クラブ選抜戦最終日:

« クラブ選抜戦二日目:スタMasa非常事態宣言 | トップページ | 久しぶりのトイガン射撃 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック