« 夏季休暇最終日、笠間100m | トップページ | 風ややあり:真壁射場 »

2008年9月 8日 (月)

9月練習始め

9月に入って既に一週間が過ぎた。朝晩、秋の気配が漂うようになったが、昼間はまだ暑い。   仕事休みの月曜日、笠間に向った。今月最初の練習。得物はAR、アンシュッツM2002ポンプ。Img_4445

基本射撃(と思っている)の10m立射を練習する。点取りはせず、グルーピングをまとめることを心掛ける。 射場は貸切状態。気温は高めだったが、結構集中して練習できた。

Img_4440 身に着ける装備は、ザウアーのコートとズボン。ついでにグローブ、靴もザウアー。

Img_4443 笠間=茨城県狩猟者研修センター・エアライフル射場。射距離10m。3姿勢対応の的枠が7個並ぶ。

Img_444412文的標的対応の的枠であるが、スタMasaは立射の練習時、12文的は使わない。SBセンターペーパー用の標的交換機を使う。

Img_4446 Img_4447 

100発ほど撃って立射の練習を終えた。そのころ、一人の恰幅の良い男性が、旧型ランクルで、AR射場に隣接する大口径ライフル射場に乗りつけた。その男性は、AR射場に歩いて来て、スタMasaにペットボトルの緑茶を差し出した。 以前、大口径射場でお会いした、T葉県のハンター、YD氏であった。 しばらく歓談した後、YD氏は大口径射場に入った。

Img_4448 Img_4450

今回YD氏が撃った銃は、.30-06のティッカ。

この日、スタMasaは、トラップ・ガンも持参していた。ARの装備を片づけ、事務所受付に向う。トラップを2Rほど撃つ...つもりであったが、射面には6人の射手がトラップを撃っていた。 半年前なら、射団に入れてもらっただろうが....トラップどん底状態の今、スタMasaの気持ちは萎えた。  夏の疲れを引きずっていることもあるが、朝からいまひとつトラップを撃つ気になれないでいた。  どこをどうやって撃ってよいか分からぬトラップ...教え魔さんたちの餌食になるのも嫌だった。

結局トラップを撃たず、AR射場使用料、税込み315円を清算して、射場を後にしたrvcar

« 夏季休暇最終日、笠間100m | トップページ | 風ややあり:真壁射場 »

コメント

◎斯波さん

はじめまして、ようこそおいでくださいましたhappy01

Ans.2002の圧縮空気式をお持ちですか、羨ましいdelicious

うりゃさん方でお見かけしましたが、11月Xシリーズにお越しになられるとか。当日、小生あいにく茨城に居ない予定なので、お目にかかれず残念です。
どうぞ、思いっきり楽しんでくださいnotes

>動的は肉体、静的は精神....小生は動的も静的も同じと思います。 特にポジション射撃は体力勝負です。よく、射撃はメンタル・スポーツ、と言われますが、体力が整っていないと(具体的には据銃力と言えましょうか)メンタル面が活きません。特に夏場の試合で、己の体力不足を痛感しておりますsweat01

あ、それから、ポジション射撃用品専門店、愛知県のお隣、静岡県に、シースジャパンがあります。店主御夫妻は、国体等メジャーな試合で活躍する上級射手で、品揃えも豊富ですし通販も可能です。
身に着ける物、コート、ズボンをお求めになるのであれば、お店に赴き、採寸してオーダーするのが良いと思いますhouse

初めまして、名古屋市在住で主にトラップ射撃、たまに静的のARとスラグやっています。   9年前に所持許可もらいトラップ銃を手に入れ、翌年スタMasaさん所有のARの型違い、アンシュッツ2002コンプレスドエアーアルミストックを買いました。    試合にも参加していない野良です、スタMasaさんのブログ見てARもウェアーやグラブ等揃えて真面目に練習しないと思いましたが、ウェアー等は東京か京都でないと購入出来ないから難しいです。     弾はR10の缶入りかプラスチックケース入り使っています、私の主観ですが動的は肉体、静的は精神ではと感じています。

◎だらだらの中のうりゃさん

>スキートへの目覚め....
うーむ..スキートもかなり難しいと思ワレ..shock
スキート撃つなら専用銃を入手しなければ、と考えるスタMasaは、頭が硬いのでしょうか(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

オツっす

スキートに目覚めたうりゃでございますwww
基本的にトラップはむずいぉ
適当に撃ってますけどなにか?wwww
難しいよねぇ~
気分変えてスキートでもやる?(・∀・)ニヤニヤ

んとね、ヲイラの場合はエアorスラグ→スキート→トラップの順にやるとね
とても点数がよくてよ?オホホ
なんでだろwwwww

◎ぱるさん >ストック…このごろは、アルミストックもカラフルになりましたね(^^ゞ アルミストックの圧縮空気銃…立射用に一本欲しいところですが、貧乏なので買えません(/_・、) プローンには、ラミネートストックが良いと思います。 ラミネートストックといえば、小生のRem.700Pmd、元はラミネートでした。米国産くるみ材より剛性が高く廉価ということですが、最近の流行りはケミカル系ストック…流行りというより、木材資源の枯渇化、ということなのでしょうかねぇ…(-_-)

◎ToTさん >ペレットボックス…確か4.5mm用しか市販されていないはず、です。100発収納できるので、特に試合で便利です。 >AR弾の数制限…全くありませんので、銃と別保管していれば、腐るほど持っていても問題ありません。小生、手持ちのAR弾2000個ほどありますが、腐らないようにはしています(*^_^*)

◎おとうたま 毎度適切な励まし、ありがとうございます。クレーに限らず、難易度は別にして、単純なスポーツですよね。単純なだけに、各人様々な射撃理論が存在するようです。 トラップを嫌いにならないよう、気長に撃ってみます。 あ、宮城公式、ゲリラ豪雨の中、審判業務、お疲れさまでした。風邪引きませんでしたσ(^_^;)?

練習お疲れ様でしたhappy01

アンシュッツのカラーラミネートストックはまだ写真でしか見たことはありませんが、やっぱりきれいですね。
SBの所持する際もぜひカラーラミネートが欲しかったのですが、入手できませんでした。
スタMasaさんの2002がうらやましいッスheart04

休日出勤等でぜんぜん練習に行けないぱるでしたweep

おつでございます。。。

物欲大魔王の僕としては・・・・、
ARの弾入れ・・・・・ちと萌えるのでつが・・・。

今年から、消費&在庫弾数の報告義務が出来たじゃ無いですか。
ARの弾は瓶に入れて管理?してるのですが、
正確な弾数が判らないのですよ!!

あの入れ物・・・・ちといいなぁー。
でも、その前に、、、、ARで狙った処に弾がいくように・・・・早くしたい。スコープの狙いと実射の弾の行く先が、かなり違うのでつよ。

↑ ↑ ↑
微調整しながら設定を詰める・・・・・、あぁあーもっとも苦手な分野だ。それ!!

おつでございます。。。

トラップ射撃は当たらなくてもアタリマエでいーじゃないですか。
おとうはスキートで赤満射だしても笑って
「いや~面白かった!」で終わりです。

ようは自分が楽しければよい!
変にプレッシャーがかかるときは無理して練習しなくても,楽し撃ちたいときに撃てば良しですよ。

スイング射法がどーとかも,自分がそれができてきて初めて「これがスイングなのかな?」って気づくようなモンです。

できないうちはできないもんだと思って自分なりに撃つことに専念しましょうよ。

撃つ→楽しい→また撃つ→なんかコレかな?って思えるようになる→また撃つ→ようやく人の言っていたことが何かわかるようになる→少し納得→なた撃つ→少しづつ自信と結果ができてくる・・・

こんな繰り返しですよ。
もちろん間には落ち込むときもありますし・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/23604258

この記事へのトラックバック一覧です: 9月練習始め:

« 夏季休暇最終日、笠間100m | トップページ | 風ややあり:真壁射場 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック