« 真壁の管理運営変更 | トップページ | ライフル&トラップ »

2008年5月23日 (金)

当たらん...(T_T)/~~~ 言い訳モード全開

良く晴れた金曜日、汗ばむほどだ。 この日、仕事休みのスタMasaは、真壁に向った。先日購入したエレーチームを試してみる。00

さて真壁射場...正しくは茨城県営ライフル射撃場。6月から管理運営方法が変更になる。射場に広告が張り出されていた。01 02

50mSB射場、スタMasaの貸切状態。03 04

標的交換機を23的にセットする。この射場では、G標的用の交換機を貸し出しするが、スタMasaは小型軽量の市販の交換機を持ち込んでいる。センターペーパー専用なので、G標的は使えない。09 08

電源コードを出来るだけ本体から離す。コードをそのまま垂らすと、技量未熟のスタMasa、コードを撃ち抜く恐れがあるbomb

銃は、アンシュッツM1407。昔のスタンダード仕様。06  エレーチームでP(プローン=伏射)を撃つ。以前、恵比寿E店のS山氏は「エレーチーム、K(ニーリング=膝射)で9点圏にまとまるよ。」と言っていたが...それは弾の性能ではなく、撃ち手の技量によることだろう。   エレーチームでのスタMasaのP、全くまとまらずcrying    技量未熟、プラス弾への不信感が、心の中に言い訳を作っているpunch 07  サイトはAns.インターナショナル、ゲーマンのアジャスタブル・アイピースのピープ径を1.0mmに絞り、フロント・リングは4.0mm。凝視しているとリングが歪んで見えてくるcat   ピープ径を1.2mmに広げてみた。リングの歪みが、かなり無くなった。 しかし、日に日に老眼は進むdown

次にS(スタンディング=立射)。フロント・リング4.3mm、アイピースのピープ径1.1mm。SとKでは、リングの歪みは生じない。 先週、AR(エアライフル)立射で、まずまずの感触を得たが、この日はそうは行かなかった。10 最大の原因は、Pの時と同じ、弾への不信感を当たらない言い訳にしている。   最後の姿勢はK。心の中の言い訳は続く。100mでRem700PmdのK、時折8点圏にはみ出さず、9点圏に収まるのだが...今回は、6点、7点、8点にボロボロ出したfoot

エレーチーム、上級射手が使えば、それなりに有意義な練習になるであろう、と思った。  火薬類高騰の折、エレーマッチ29円、エレーチーム27円(2008年5月現在)。 たかが2円、されど2円... 自身への言い訳を作らない、逃げ道を作らないようにする、を実践するため、今後はエレーマッチを使おう、と反省impact  それならアルティメイトを使え、という声が聞こえてきそうだが、高過ぎて買えないshock

« 真壁の管理運営変更 | トップページ | ライフル&トラップ »

コメント

◎ぱるさん せっかく入手されたアルティメイト、まずは撃ってみることがよいです。マッチとの違いを体感されるのがよいです。 小生、感性が鈍く、弾薬の違いが分かりませんが‥(^^;)

◎ToruSさん >P40の399点…第一はToruSさんの技量、ですね。 テネックス‥以前はよく使いましたが、今では高価過ぎて買えません(>_<)

弾によっていろいろ違いがあるのですね。
明日、生まれてはじめてアルティメイトを撃ってみるつもりなのですが、やっぱり撃ち慣れたマッチに変更しようかなhappy01

テネックスとマッチは性質がかなり違うので一概に良いとも言えない気がしてならない今日この頃です。
たしかにテネックスの方が弾の精度は高いと思いますが
弾速が違いすぎて撃ち方?!による違いがはっきり出てくる気がします。
完全に静止・反動の対処・フォロースルーが完璧であれば
テネックスはお勧めです。
私は3x40のPで399出したマッチが相性が良いような。。。
この結果で洗脳されているだけなんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/21121410

この記事へのトラックバック一覧です: 当たらん...(T_T)/~~~ 言い訳モード全開:

« 真壁の管理運営変更 | トップページ | ライフル&トラップ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック