« 電王、キバとクローバーフィールド | トップページ | 笠間、雨模様 »

2008年5月11日 (日)

撃つべし!実践

土曜日の朝、夜勤明けで帰宅。幾分体力が残っていたので、トラップ・ガン、SKB5700を持って高萩射場に向った。Img_3155 Img_3156 Img_3149

 

土曜日の昼前、高萩射場は閑散としていた。天候は曇りcloud   射面独占状態。スタMasaは1番射台固定で、ストレート拾い撃ちに徹した。弾は初矢のみ装填。 「ためを作る」ことを念頭におき、挙銃する。照星-放出孔から先を見る。「ためを作る」...何となく分かったような気がしていたが、実際、射台に立ってみると?? 意味が分からなくなっていたshock

コールして、飛び出すクレーピジョンの軌道をゆっくり見ているうち、トリガーが引き遅れる。 「ためを作る」....分からんdown

10発も撃つと、左腕に疲労を感じ始める。ラウンドしていると気づきにくいことである。スタMasaのトラップ・ガン、重量約3kg半。5kgを超えるポジション・ライフルより軽い。が、立射しかもオフハンドの姿勢を執るクレー射撃では、左腕の疲労が、ボディブローのように効いてくる。  左腕疲れる→銃が上がらない→クレーの下を撃つ→失中。

Img_3154 計50個の拾い撃ちだけで、練習を切り上げた。510

« 電王、キバとクローバーフィールド | トップページ | 笠間、雨模様 »

コメント

◎ぷくぷくのPさん

>「ため」を作ろうとすると難しくなる...
むむむ..確かにそうですannoy
「ため、ため、ため、ため...」と唱えていると、「ため」って何???と、わけがわからなくなりますshock

>「良い当たりをイメージする...何を見て(感じて)銃を振り出すのか...」
はい、心掛けてみます。

>”スタMasaさんは練習&研究熱心ですので、必ず上手くなれると思いますよ~(・`ω´・)”
 いえ、それがですね..頭の悪さが災いして、射撃理論が理解できないのですよhorse

練習については...実は本日もそうだったのですが...笠間射場で練習する際、大口径ライフルorエアライフルそしてトラップ・ガンを持って行きますが、必ずライフルの練習を先にします。みっちりライフルを撃った後、トラップを2R、多くても3R撃ちます。 トラップを撃った後、ライフルを撃つと、荒い射撃になることが見えているので、どうしてもライフル優先になってしまいます。  ライフルと散弾銃、両方上手くなろうとするのは、虫が良すぎるかもしれませんng でも、20枚は落としたいですcoldsweats02

スタMasaさんも煮えとりますなぁ~(・∀・;)

「ためを作る」・・・作ろうとすると、なかなか難しいですよね~(^_^;)
クレーをキッチリ捉えて撃破できる時は、自然と良い「ため」が取れているような気がします。

オラがまだ初心者だった頃、ある上級者から「練習してて良い当たりがあったら、頭の中で逆再生してみると良いよ」と言われた事がありました。自分が何を見て(感じて)銃を振り出すのか、意識するには良い方法だと思います。今でも時々やってます(^ω^)

クレー射撃上達の方法はホントに人それぞれだと思いますが、やはり考えながら撃たないと難しいと思います。
スタMasaさんは練習&研究熱心ですので、必ず上手くなれると思いますよ~(・`ω´・)

またご一緒したいですね!
今度I城に行く時は連絡するようにします(笑)

◎ToTさん

おはようございますcat 
散弾銃の教習射撃、トラップのストレートのみなので、たぶん、ストレートがトラップの基本なのかなぁ、とおぼろげながら思っていますshine

ToTさんにあっては、先の予選会、好調のようですねup  本部公式、御健闘を祈念いたしますscissors

ストレート拾い!

うぉおおぉお!煮えてますねっ。
地味な基礎を反復する練習は、『煮え』感があって良いものです。

やがて、納得する1枚に巡りあえて・・・その数が増えて・・・・他のクレーでも同じ様に・・・・。

あぁぁマジで胸が締め付けられる思いです・・・・よしっ!僕も今度の試合が終わったら、基本練習を沢山やろっと!
(スキートの場合は7番プールや6番プール、2番マーク等)

◎ユウさん 追伸です。大口径の試合関係等、お知らせしたいと思いますので、よろしかったらDMください。

◎じかみさん >ストレート…が実は最も難しいと、小生のトラップ・ガンの前オーナーも言ってました。>ゆっくり出して、素早く引く‥ご教示感謝です。今度、意識して撃ってみますヽ(^^)

◎ユウさん はじめまして、ようこそ(o^_^o) 伊勢原、再開の話を昨年聞きましたが、その後いかがでしょうか‥ >大口径の試合…この種目、国体にないですからね…。AR、SBに比べると試合が少ないです。長瀞を擁する埼玉県ラは、大口径の試合はそこそこあります。埼玉県ラは太っ腹で、県外者のオープン参加を認めていますし歓迎してくれます。試合予定は、当ブログの本家?ホームページにリンク貼っている、埼玉県身体障害者ライフル射撃連盟Webサイトに出ていますので、ご参照ください。 また、茨城県ラでも8月の始めに、大口径普及大会を行います。県外者オープン参加歓迎です。 >Rem.700VSですか。H-Sポリスに換装しなくても十分美しいと思いますf(^_^)。 今後とも、よろしくお願いいたします。

ストレート、一見簡単そうですが、実は一番難しいクレーかも?

弾のパターンから言うと、50cmぐらいが有効ですが、ここにクレーが無いと割れません。

クレーを出してゆっくり追う、引きはすばやくが、基本かも?
そう言うおいらも、いまだに出来ません!

頑張れ~!

神奈川在住の会社員です。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私も標的射撃でエアー⇒SB⇒大口径と進み、今は専ら大口径のみとなっております。

以前は、いつも伊勢原に行っていましたが、今閉鎖中ですので長瀞か西富士になってしまいます。遠いので、行く回数もめっきり減ってしまいました。

神奈川県ラに所属しているのですが、なかなか参加できそうな大会が無くて困っています。気軽に参加できる大会は無いものでしょうか。

銃はRem700VSですがノーマルのままですので、早くトリガー、ストック(HS)を交換したいと思っています。しかし、なかなかお金が無くて。。。

スタMasaさんのレミントンM700Pmdがうらやましいです。

とりとめのない話になってしまいましたが、これからも楽しい話を宜しくお願いします。

◎さすけさん 大昔、剣道を習ったころ、師範が「気剣体の一致」を説きました。射撃では「気銃体の一致」ですね。さすけさんのトラップ下段の構え、今度試してみますヽ(^^)

◎おとうたま 「ためを作る」 …聞いた時は、なんとなく分かった気がしたのですが、射台に立った時、何も分かっていないことが分かりましたヽ(^^) ご助言感謝です。

「ためを作る」・・・
結構難しいですよね、さすけも、意識してしまうとおとうの言うように
バラバラになってしまいます。weep

だから特に「ため」を意識しないように撃ってます。
と、いうよりは、射台に入ると忘れてしまうのですが・・・

難しいことは出来ないので、やってることは、
1つは、かまえた時に、銃口を放出口の白線よりかなり下に置く
(いわゆる下段の構え?)
もう1つは、コールを「はーーーい」って感じで、長めのコール。
で、クレーが出ても慌てて追わないようにしてます。

まぁ、良いのか悪いのかよく判りませんが、これをやりだしてからは、
ちょっとはあたりが良くなった様な気がしてますcoldsweats01

いやいやクレーの下を撃つっていうのは結構むずかしいんですよ。
おとうはまず間違いなく上の後ろを撃ってしまいます。

ためをつくるって意識すると妙にタイムラグだけ作って慌ててクレーを追っかけてかえってバラバラになってしまうことがあります。
時間的なためというよりも「精神的な余裕」,「落ち着いて撃つ」って意識の方が結果的にちゃんとした「ため」につながることもありますよ。

いずれにしても体感するところは自分でしかわからないですから,いろいろ試して自分なりの形を作ってみてくださいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/20896890

この記事へのトラックバック一覧です: 撃つべし!実践:

« 電王、キバとクローバーフィールド | トップページ | 笠間、雨模様 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック