« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

雨ニモ負ケテ、風ニモ負ケテ...

仕事休みの木曜日、SB(スモールボア・ライフル=小口径ライフル)の練習に行くつもりでいた、朝までは...。 雨模様、ついでに風もある。雲の流れが早い、木々の枝が揺られている..rain  SBの軽い弾(.22LR=ロングライフル)、風に流されるだろうなぁ...bearing 朝から挫けたスタMasaは、予定を変更して笠間に向った。 風の影響を受け難い100mで、センターファイア・ライフルを撃つことにした。

得物は、シーレンDGA04 。弾薬は、弾頭シェラ155gr.HPBT(ホローポイント・ボートテール)、火薬IMR4895を44gr.データ上の初速2700fps、薬莢はノルマ、雷管フェデラルGM21010

01_2  雨に煙る、笠間射撃場。02

大口径ライフル射場、スタMasaの貸切状態であった。

03 05

07 08 06_2

09

コート、ズボン、靴、グローブはザウアー。イアプロテクターはぺルター。

スリングは、アカーロジックベルト。

11

雨は、終日降り続いた。

12 P(プローン=伏射)の結果。マイクロサイトのピープ径は1.2mm。フロントサイトのリング径は4.0mm。 ピープサイトだと、据銃時、銃が止まっているように思う。しかしこれは錯覚。 Rem700Pmdのスコープを覗いていると、いかに銃が止まっていないかが、よく分かるcatface

13 S(スタンディング=立射)の結果。満遍なく散らすも、黒点内に収まったので良しとするflair

14

K(ニーリング=膝射)の結果。見事なほど、10点を避けて着弾しているweep

撃ち終わり後、銃身にブッチボアシャインを通して放置。その間、コンビニで買った、ざるそば&いなり寿司で昼食を摂る。食後、銃腔のソルベントを拭い、後片付けをする。 標的紙、いつもはリサイクルするのだが、この日は雨でベロベロに濡れたので廃棄する。

荷物をまとめて受付に行き、トラップを申し込む。トラップ2射面とも、がら空きであった。SKB5700を持ってB射面に入る。15 16 17

雨に煙るトラップB射面typhoon

1番から5番まで、各射台、5枚ずつストレートのみ拾う。装弾は初矢のみであるが、先日T木の公式射手KBさんからのアドバイスに従い、二の矢に空薬莢を入れる。初矢失中の場合、二の矢を引く。  射台固定でストレート拾いをしている時に覚えた左腕の疲労感、歩きながらの射撃のせいか、それほど感じなかった。  肩付けチェック、頬付けチェック、先台の位置チェック、左腕をやや左に開き、左右の腕の形ハの字を意識する。  若干長めのコールでクレーを飛ばす。クレーが照星に被った時、撃破annoy  一年前の教習射撃の感じが戻りつつあるような気が...   何か変..sign02 チェックしたはずの頬付け、どこかの動作で緩くなっているのか? ほっぺたがストックに殴られることしばしばsweat01   拾い1回目18枚、2回目17枚撃破。   疲労を感じ始めたので、そこで終了とする。18 19

2008年5月26日 (月)

ライフル&トラップ

朝から気温が高い月曜日。スタMasaは、午前9時丁度に近所の郵便局に入った。7月の全日本ライフル射撃競技クラブ対抗選手権大会にエントリーするため、全国クラブ対抗戦実行委員会宛にエントリー料を納付した。   スターチスの陣容は、50m3×40M(小口径ライフル男子3姿勢120発競技)団体及び個人選手1名、50mP60M(小口径ライフル男子伏射60発競技)団体及び個人選手3名、10mS60M(エアライフル男子立射60発競技)団体。 一旦帰宅し、Rem700PmdとSKB5700を持って笠間に向う。

02 大口径射場、既に1的、3的には、T葉県のライフル・ハンターが入っていた。 スタMasaは4的に入る。01

この日の弾薬は、弾頭シェラ150gr.HPBT、火薬IMR4064を42gr.データ上の初速2600fps、雷管フェデラルGM210、薬莢はラプア。07.308Win.では、ごくありふれたレシピ。

03

P(プローン=伏射)04_2 ....揺れが止まらない割りには、弾は9点圏内に収まった。射距離100mであるが、50mのSB(スモールボア・ライフル=リムファイア.22口径の小口径ライフル)より当たる感じがするflair

S(スタンディング=立射)05_2 ...これは、SBもAR(エアライフル)も大口径も、変わり映えせず。 この日、白い所に、はみ出さなかったのは上出来notes

K(ニーリング=膝射)06 ...無理やり10点を取ろうとは考えていない。9点圏に収まれば上出来cat   この日、8点にぽろぽろ出したので不出来punch

コンビニで買った、ざるそばとおにぎりで昼食を済ませ、銃の手入れと後片付けをする。

一息ついてトラップ射場へ移動する。午前中、トラップの2射面は賑わっていたが、夕方近くになると、A射面に一人入っていただけだった。 ラウンドご一緒させていただく。その方は軽やかに22枚を撃破。   スタMasaは12枚coldsweats01

ラウンドの合間、少しお話しさせていただいた。その方は宇都宮から来られたとのこと。スタMasa「おとうたまにお世話になっています。」   宇都宮の人「おとうたま?どういう人?」   スタMasa「太った人です。」  宇都宮の人「あ--、あのベレッタの変わった銃の人か」    それからスタMasaは「ぷくぷくのPさんにもお世話になっています。」   宇都宮の人「那須、大田原方面のひょろっとした人だね。」    あらためて、おとうたまと、ぷくぷくのPさんの知名度が高いことを、思い知らされたannoy

08_3 09

宇都宮の人が休憩中、スタMasaは、ストレートの拾い撃ちを行なう。3番射台固定、装填は1発のみ。 5発位で、左腕に疲労を覚えた。銃が上がらなくなる-クレーの下を撃つ-失中-二の矢を入れていないので、そのまま失中。結果16枚。

宇都宮の人からのアドバイス...拾いは各射台5発ずつ、移動しながら撃つのが良い。実弾は初矢のみで良いが、その場合、二の矢に空薬莢を入れておき、失中した時、二の矢空撃ちをするのが良い、とのこと。 その御仁、スタMasaの姿勢やら振り出しなど、技術的なことには触れなかった。『中る感覚は、人それぞれ違うので、自分の技術を押し付けるような、教え魔にはなりたくない』とのこと。  気持ちの良いトラップ射手であったsun

2008年5月23日 (金)

当たらん...(T_T)/~~~ 言い訳モード全開

良く晴れた金曜日、汗ばむほどだ。 この日、仕事休みのスタMasaは、真壁に向った。先日購入したエレーチームを試してみる。00

さて真壁射場...正しくは茨城県営ライフル射撃場。6月から管理運営方法が変更になる。射場に広告が張り出されていた。01 02

50mSB射場、スタMasaの貸切状態。03 04

標的交換機を23的にセットする。この射場では、G標的用の交換機を貸し出しするが、スタMasaは小型軽量の市販の交換機を持ち込んでいる。センターペーパー専用なので、G標的は使えない。09 08

電源コードを出来るだけ本体から離す。コードをそのまま垂らすと、技量未熟のスタMasa、コードを撃ち抜く恐れがあるbomb

銃は、アンシュッツM1407。昔のスタンダード仕様。06  エレーチームでP(プローン=伏射)を撃つ。以前、恵比寿E店のS山氏は「エレーチーム、K(ニーリング=膝射)で9点圏にまとまるよ。」と言っていたが...それは弾の性能ではなく、撃ち手の技量によることだろう。   エレーチームでのスタMasaのP、全くまとまらずcrying    技量未熟、プラス弾への不信感が、心の中に言い訳を作っているpunch 07  サイトはAns.インターナショナル、ゲーマンのアジャスタブル・アイピースのピープ径を1.0mmに絞り、フロント・リングは4.0mm。凝視しているとリングが歪んで見えてくるcat   ピープ径を1.2mmに広げてみた。リングの歪みが、かなり無くなった。 しかし、日に日に老眼は進むdown

次にS(スタンディング=立射)。フロント・リング4.3mm、アイピースのピープ径1.1mm。SとKでは、リングの歪みは生じない。 先週、AR(エアライフル)立射で、まずまずの感触を得たが、この日はそうは行かなかった。10 最大の原因は、Pの時と同じ、弾への不信感を当たらない言い訳にしている。   最後の姿勢はK。心の中の言い訳は続く。100mでRem700PmdのK、時折8点圏にはみ出さず、9点圏に収まるのだが...今回は、6点、7点、8点にボロボロ出したfoot

エレーチーム、上級射手が使えば、それなりに有意義な練習になるであろう、と思った。  火薬類高騰の折、エレーマッチ29円、エレーチーム27円(2008年5月現在)。 たかが2円、されど2円... 自身への言い訳を作らない、逃げ道を作らないようにする、を実践するため、今後はエレーマッチを使おう、と反省impact  それならアルティメイトを使え、という声が聞こえてきそうだが、高過ぎて買えないshock

2008年5月19日 (月)

真壁の管理運営変更

通称、真壁...茨城県営ライフル射撃場の運営が変更になった。 これまで年中無休であったが、年末年始、月曜日(祝日の場合、翌日)が定休。50m射場では、.22LRを使用するライフル及びピストルのみが使用可。AR、APは使えない。さらに前装銃も使えなくなった。 開場時間は夏季9:00~17:00、それ以外9:00~16:30。 管理者または管理従事者が不在の時は休場。あらかじめ電話で確認する必要がある。

2008年5月14日 (水)

笠間、雨模様

朝から小雨...しかし、貴重な仕事休みの平日。スタMasaはポンプ式AR、アンシュッツM2002と、トラップ・ガン、SKB5700を持って笠間に向った。

笠間の大口径ライフル射場、本日御予約のお客様は、県警機動隊さん御一行。01_2 02

我々一般ピープルは、ライフル射場に近づいてはならない。  以前、何気なく覗きに行ったら、機動隊員が出て来て

「訓練中につき、覗かないでください!punch」 と叱責されたことがある。 公的機関のタクティカル・トレーニングだから仕方ないか...。

スタMasaは、ライフル射場隣のAR射場に入った。練習のメインは立射。04 SB用の標的交換機に、AR1文的を束ねて作った連続紙を入れて、7的に掛ける。03

雨日なので、交換機にビニール合羽を被せる。撃ち終った標的は、垂れ流し状態だ。

08

07 ライフル射場からは、センターファイア弾の轟音が聞こえる。 以前、ハンティングを趣味にしている元おまわりさん(昨年、定年退職)から聴いたところによると、機動隊装備の狙撃銃ライフルは、ホーワ・ゴールデンベア。最近、ホーワM1500ヘビーバレルが装備されたとのこと。口径は.308Win.。ファクトリーロードのWin.製147gr.FMJ(フルメタル・ジャケット)だそうだ。  .308、自分で撃っていると、それほどものすごい音と感じないが、隣の射場からの発射音は、結構響いていたannoy

09 10

ARペレット用箱。弾は、H&N(ヘンドラー&ナターマン)の4.49mm丸缶。この弾と、RWS-R10の4.49mm丸缶が、最も手に入り易いAR弾だと思う。

立射を80発ほど撃つ。点取りはしない。クルーピングをまとめることを意識する。三流射手のスタMasa、立射で無理やり10点を取ろうとは考えていない。9点圏に収まれば上出来だ。 この日、結構まとまった。いつものとおり、8点はぼろぼろ撃つが、7点に、はみ出すことはなかったdelicious 05

40発ほど撃ったころ、尿意を催してきたbearing 中高年のスタMasa、若干、前立腺肥大の傾向がある。すっきり排尿できないことが多い。尿のキレが今ひとつ芳しくない...sweat02   トイレに行くべきか....否、ここでトイレ・タイムを取ると、せっかく良い感じの足の位置を崩すことになる。射撃続行することにした。

立射練習の後は、プローンを撃つ。左の五十肩のリハビリ射撃である。06 11 標的は12文的。

装備は、立射ではコート、ズボン、グローブ、靴いずれもザウアーを使ったが、プローンではマークスマンのコートに作業ズボン、スニーカー、グローブはAHGを使った。

15 スリングはフリーランド。昔、流行ったスリングだ。貧乏性のスタMasaは、これをなかなか捨てられないでいるcapricornus   左肩の痛みは、かなり退いていた。スリングのテンションを以前のように高めにしても、肩に支障はなくなった。

リハビリ・プローンは、12文的1枚。12

本射的、満射notes リハビリ射撃とはいえ、やはり満射は気持ち良いflair

コンビニで買った、ざるそばで昼食を摂った後、トラップ射場へ向う。13 14

B面に入った。先客がお一人。70歳位の方だった。少し足もとが弱っているような...sweat01  だがこの御仁、射台に立つとシャキッとした。ラウンド、ご一緒させていただくことになった。 この御仁、黙々と撃って23枚impact   対するスタMasa、14枚diamond   そのお方、スタMasaがB面に入る前、既に相当数撃っていたようで、そのラウンドを撃ち終わると、去って行った。

B面に残ったのはスタMasaただ一人。スタMasa、プーラー室に行き 「3番射台固定、ストレートのみ」を注文する。装填は初矢のみ。   さすけさんの、挙銃下段の構えを試してみた。「はーい」と少し長めのコール。正面に飛び上がるクレー、むむ、追う距離が長い...タイミングが合わず失中。 5枚ほど撃って下段の構えを諦めたdown ふと足もとを見ると、放出孔に対して70度くらい、体が閉じていた。45度に修正する。 肩付け、頬付け、左腕をやや振って左右の腕、八の字を意識、各部チェックする。  「ゆっくり出して、すばやく撃つ」を念頭に入れる。じかみさんのサジェスチョンだ。   クレーが照星に合った時、撃破できた。 だが、撃破は続かず...射台固定でストレートのみの射撃。左腕を襲う疲労が、銃を素早く上げられなくする→タイミングを逸し、クレーの下を撃つ→失中する。

ストレート拾い1回目11枚。2回目14枚。   帰宅後、スクワット、腹筋、背筋のほか、腕立て伏せを行なった。銃を上げる左腕を作らねば....impact

2008年5月11日 (日)

撃つべし!実践

土曜日の朝、夜勤明けで帰宅。幾分体力が残っていたので、トラップ・ガン、SKB5700を持って高萩射場に向った。Img_3155 Img_3156 Img_3149

 

土曜日の昼前、高萩射場は閑散としていた。天候は曇りcloud   射面独占状態。スタMasaは1番射台固定で、ストレート拾い撃ちに徹した。弾は初矢のみ装填。 「ためを作る」ことを念頭におき、挙銃する。照星-放出孔から先を見る。「ためを作る」...何となく分かったような気がしていたが、実際、射台に立ってみると?? 意味が分からなくなっていたshock

コールして、飛び出すクレーピジョンの軌道をゆっくり見ているうち、トリガーが引き遅れる。 「ためを作る」....分からんdown

10発も撃つと、左腕に疲労を感じ始める。ラウンドしていると気づきにくいことである。スタMasaのトラップ・ガン、重量約3kg半。5kgを超えるポジション・ライフルより軽い。が、立射しかもオフハンドの姿勢を執るクレー射撃では、左腕の疲労が、ボディブローのように効いてくる。  左腕疲れる→銃が上がらない→クレーの下を撃つ→失中。

Img_3154 計50個の拾い撃ちだけで、練習を切り上げた。510

2008年5月 8日 (木)

電王、キバとクローバーフィールド

仕事休みの木曜日...のはずが、午後から1時間半ほど業務の講習を受けることになった。鉄砲撃ちに行く時間が取れない。

木曜日...TOHOシネマズのメンズデー、男の客は1,000円で映画を観られる。午前9時半、スタMasaは映画館に赴いた。

Panf1 「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」

毎日曜朝の仮面ライダーシリーズ、今年1月まで放映の「電王」と現在放映中の「キバ」の共演。 明るく能天気な電王、最強のイマジン、ネガタロスとファンガイアの連合に苦戦するも、助っ人のキバと協力してモンスターたちを撃滅する。 面白いsun 話の筋など、どうでもよく、モモタロスやキンタロスなどイマジンたちの掛け合い、ネガタロスとのバトル、電王とキバのダブルライダーキック?等々見せ場のオンパレードだ。 理屈はいらない。気楽に観る映画だhappy01

昼過ぎ、職場に着く。昼食後の睡魔と戦いながら、講習を聴くsleepy

講習を終えた後、再び映画館へ。

Panf2 「クローバーフィールド」

自由の女神の首が吹っ飛ぶTVスポットが印象的な謎の映画....。日本向けの副題「HAKAISYA」。 各種映画評では賛否両論だが、久々に観た本格的な怪獣映画であった。 突如NYを襲った巨大生物...その姿形の全容は明らかでない。だが、アメリカ版「ゴジラ」より、はるかに強い。強さでは、日本のゴジラと互角では? その怪獣、名前がない。否、何らかのコードネームが、公的機関によりつけられたのかもしれないが、逃げ惑う一般ピープルの視点から描かれているため、詳細不明。 夜の不気味さ、街の破壊、軍隊と怪獣の攻防.... 初代「ゴジラ」のツボか?  怪獣映画好きの方には、お奨めであるflair

映画2本で2,000円+パンフレット2冊で1,200円movie

2008年5月 2日 (金)

ゴールデン・ウイーク、金曜日、平日

  世間はゴールデン・ウイークfuji  スタMasa休日の金曜日cat 朝9時を待って近所の郵便局に行くpostoffice 日ラ年会費10,000円&県ラ年会費8,000円&公認審判更新手数料4,000円を、県ラ事務局に振り込む。 

郵便局から一旦帰宅、一路宇都宮に向うrvcar 途中、コンビニで昼食。昼過ぎ、宇都宮着。駅ビルの餃子屋で焼餃子を購入。本日の夕食Img_3133_3 restaurant

☆☆☆銃砲店に向う。火薬と装弾を購入する。Img_3131

火薬は、IMR4895とIMR4064。装弾は12番7.5号トラップ用、銘柄はGB。

帰路に着くが、笠間射場に立ち寄る。 前日、夜勤明けだったが、同射場事務所から手伝いを頼まれたので赴いた。手伝い終了後、トラップ射面に入った。客はスタMasa一人。3番射台固定で、ストレートのみ拾い撃ちした。      只今、スランプ中...downどこをどう撃ってよいのか、まるで分からない。1年前の教習射撃を思い出しながら、ストレートのみを撃った。弾は初矢のみ、二の矢は装填せず。 一息ついて、次の25枚は右方向のみを拾う。当てようとするのではなく、当たる感じを掴みたかった。

Img_3128 午後3時ころ、笠間射場のトラップ射面は賑わっていた。ちょっと拾い撃ちを出来る状況ではない。1R目、6人の射団、スタMasaは一番立ち。スランプ続行中のスタMasa、11枚pig

2R目、人数減。老練の射手お二人と撃たせていただく。お二人とも70歳オーバーだが、それぞれ20枚以上を撃破していた。スタMasa絶不調、9枚....crying Img_3126_2

気を取り直して3R目。メンバーは2R目に同じ。お二人とも20枚オーバー、スタMasa16枚cloud   お二人とも、自分の射撃を楽しんでいる様子であった。 お二人のうち、ベレッタ使いの御仁からのアドバイスは、技術的なことは一切なく、「心に溜めを作る」ということであった。技術的なことは、人それぞれ体型、振りの速さ等が違うので、一概に言えない。自分で見つけなさい、とのことであった。  当たる(クレー射撃では、『中る』という表現か?)感覚を覚えるように、とのじかみさんのアドバイスに似ている、と思った。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック