« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

長瀞で埼玉の試合

第34回埼玉県大口径ライフル射撃大会。山猫練習会のHITさんからお誘いを受けたので、スタMasaとスタ「い」さんがオープン参加させていただいた。  HITさんは埼玉県ライフル射撃協会の役員である。最近、埼ラの大口径試合、参加人員が少なく、オープン参加大歓迎とのこと。

会場は、埼玉県長瀞総合射撃場300mライフル射場。今回の種目は

ベンチレスト40発、BHR-P40(ビッグボア・ハンティング・ライフル伏射40発)、300mP60(ビッグボア・フリーライフル伏射60発) の3種目。

Img_2747 スタMasaはP40、スタ「い」さんはP60に出場した。

スタMasaの得物、レミントンM700Pmd(ポリスもどき):写真右

Img_2735_2 ベンチレスト種目準備中のHITさん(写真左)

Hitpanda HITさんのベンチレスト銃、ストール・パンダ。口径6mmPPC。

Panda HITさんのお隣の鉄砲、これもパンダかsign02

Tanner1 Tanner2

スタ「い」さんのターナー。口径6mmBR。

Ikep1 射撃中のスタ「い」さん。

Sinsasitu 審査室では、埼ラ、T政会長が標的を審査していた。

Fj 山猫練習会のFJさん。マグナム・マニアである。

Fj700308 FJさんのレミントンM700。口径.308Win.。左用だ。今回の試合、FJさんはこの銃を使った。

Kekka 成績表。スタMasaとスタ「い」さんは、オープン参加につき表彰の対象にならず。    スタMasaのP40....100mで撃っても300mで撃っても変わり映えしない成績sad

試合は午前中で全的終了となった。Hyousyou

ベンチレスト1位表彰を受けるHITさん。

Fjmag1 Fjmag2

試合終了後、FJさんはマグナム口径のRem700を出した。

300rum1 300rum2

300rum3 FJさんのマグナムは、.300レミントン・ウルトラ・マグナムshock  かなり強烈な弾薬である。この強烈な弾薬を使い、FJさんはプローン(伏射)を撃った。

Monita_2 

.300RUMでこれだけ集弾させるFJさんの技量に脱帽であるgawk

Hitot HITさんとOTさんに挨拶して、スタMasaとスタ「い」さんは長瀞から離れた。

Totoro 今は営業していないパチンコ店「トトロ」。射場入り口交差点に角に看板が掲げられている。

2008年3月29日 (土)

SKB友部の春

ブログ友、スキート・シューターのToTさんが、友部に来る、という情報を得た。夜勤明けのスタMasa、ToTさんを待ち受けるべく、SKB友部射撃場に向った。

友部射場、トラップ射面で撃っている射手...どこかで見た人???20080329112646

G会長様であった。 G会長は右目、加齢黄斑変性症で先月手術を受け、治療中である。利目の右目が、上手くクレーを捉えられないようで、特に左方向に飛ぶクレーが見えない、とのことであった。この日、G会長はいろいろな撃ち方を試していたようである。

20080329112609 20080329112722_2 20080329112742_2

ToTさんが到着する直前、G会長のラスト・ラウンド。前半ポツリポツリと抜いていたが、中盤以降連続撃破、5枚抜き20枚撃破で上がった。 G会長、復活の兆し、と見たnotes

ToTさんは、スキート・ガンをSKB工場に調整のため持ち込むのが、来訪の目的であった。 G会長復活を祝い、三人で射場近くのそば屋で昼食、しばし歓談の時を得たsun

2008年3月24日 (月)

筑波の雨と風

ブログ友の残弾なしさん、最近、上下二連トラップ・ガンの所持許可を得たが、まだ発射していない由。 前日の晴天が嘘のような荒天の月曜日、スタMasaは残弾さんと示し合わせて、筑波射撃場に向った。

気温13℃、強風と横殴りの雨rain 01

朝9時過ぎ、残弾さんとスタMasaは、土浦射撃倶楽部筑波射撃場のトラップ練習射面に入った。02

残弾さんのトラップ・ガン、モデル名不詳なるもSKB製、番径12番。

03 04 写真では、よく分からないが、9時方向からの強風と雨が冷たかった。

先客1名様あり。ベレッタの自動散弾銃でトラップを撃っていた。05 06 07 聞けば3月始めに所持許可を得たとのこと。短期間の間に、かなり撃ち込んでいるようで、なんと今回、ひどい風雨にもかかわらず、クレーを14枚くらい撃破していたimpact

08 09 そのベレッタ自動銃の御仁、トラップを撃ち終わりスキート射場に向った。スキートも撃ち込んでいるらしい。 ハンティングをしたいということで、自動散弾銃を選んだとのこと。クレー射撃に対する熱意と技量は、目を見張るものがあるthunder

さて、残弾さんとスタMasaのトラップ。Score

当たらないのは、二人とも、雨と風にせいにしたhappy02

11_2 残弾さんのトラップ・ガン。手入れが行き届いた綺麗な散弾銃だ。

13 二人で4R撃った。残弾さんの先導で、つくば市内に向う。和風ファミレスで昼食ミニオフrestaurant しばし歓談の時を得たcafe

雨と風、クレー射撃には最悪のコンディションであったが、残弾さんのおかげで、楽しい休日を過ごすことができた。残弾さんに感謝happy01

2008年3月21日 (金)

撃つべし!

前日は雨風が強かった。天気予報では、今日も朝から雨...しかし雨は降らなかった。強風であったが..typhoon

天候が気になり、射撃練習に行くか行くまいか、迷っていた。するとG会長より一喝、「天候気にせず、撃つべし!」 気合を入れられたスタMasaは、Rem700PmdとSKB5700を持って笠間に向った。

1 Pの支度。笠間射場での写真は、いつも変わり映えしないなぁdown

2 これも変わり映えしないSの支度。

3 に同じのKの支度。

今回は、弾薬の整理? Pで撃ったのは、弾頭シェラの150HPBT(ホローポイント・ボートテール)+火薬IMR4064+雷管フェデラルGM+薬莢ラプア。

SとKでは、弾頭シェラの168HPBT+火薬IMR4895、4064+雷管フェデラル+薬莢ラプア、R.P(レミントン・ピータース)、ノルマ、RWS、Win.系、PMCの混合。

6  射距離は100m。下段P、中段K、上段S。

7 Pの結果。8点にはみ出しhappy02 「へたくそ!」という声が聞こえてきそうだが、これがスタMasaの実力。そうそう簡単に上手くなるものでもないdash

8 Sの結果。白い処にはみ出なかったのは、上出来cat

9_2 Kの結果。姿勢が固まらず6点、7点に飛んでいるが、スタMasaの技量、こんなものですrain

4_2 射座の後ろに置いてある空薬莢箱。.308を漁ってみるが、今回は.30-06ばかりであった。

Rem700Pmdを撃ち終わり、トラップ射場B面へ移動する。11 強風ありthunder

撃つべし!を実行する。肩付け、頬付け、両腕八の字を意識し点検する。立ち方は、おとうたまのトトロ立ちを真似る。前回より窮屈さを感じない。割と楽に立てる感じ。 窮屈さを感じなくなったとはいえ、当たらない。仮想撃破圏での撃発に不安があるようで、トリガーの引き遅れが目立つimpact

10  1R目16枚撃破。妙に疲れが出てきた。一呼吸おいて2R目。体の疲れが射撃を散漫にさせる...12枚撃破。ここで終了とする。   20枚撃破、とても遠い夢のように思えてきたsweat02

12 13

スタMasaのシェルポーチ。100円ショップで買った布製ポーチだ。両面にスターチス・マークを貼っている。複数でラウンドする際、自分の装弾を識別するための工夫dog

2008年3月18日 (火)

日暮里でミニオフ

夜勤明けの月曜日、常磐線で東京に出て、日暮里の三進小銃器に立ち寄った。 夕方、同店でG会長と待ち合わせる。G会長は、右目に加齢黄斑変性が発症し先週、入院して手術を受けた。現在リハビリ治療中だが、普通に仕事している。回復まであと一年ほどかかるらしい。  三進さんを後にし、G会長とスタMasaは日暮里駅前の居酒屋に入った。

G会長の退院を祝いwobbly ミニオフとなる。 G1_2G会長はクレー射撃の大先輩である。ブログなどを見ると、Hなおじさん、のイメージがあるが、実はとても 真摯なクレー射手である。そしてダンディである。 約二時間、生ビールから始まりウーロンハイまで、二人でどのくらい呑んだだろうか..確か生ビール中4杯、ウーロンハイ3杯だったような..beer

Img_2671 生ビール一杯につき1枚の福引券。ことごとく「残念賞」。G会長、店員のお姉ちゃんに「当たる券出せよ」と、にこやかに?言ったところ、お姉ちゃんが次に持ってきた券、「つまみ一品」が当たったflairImg_2670_2 

G会長が当てた、いわしの煮付け

酒席の話題は、やはり鉄砲・射撃。G会長、右目治療中につき現在、思うようなクレー射撃ができない模様。クレー射撃に対する情熱が人一倍のG会長、もどかしさがあるようだ。 クレー初心者のスタMasa、G会長に上達の秘訣を伺うと、究極の一言「撃つべし!」punch

気持ちよく呑ませていただいた。G会長に感謝であるhappy01

G会長は日暮里駅から普通電車で帰還。スタMasaは上野に出て、特急で帰還した。Img_2674

2008年3月12日 (水)

花粉舞う....トラップ大きく後退

愛車、エクストレイル復活carImg_2630

初めての車検が済み、スタMasaのもとに帰ってきたX-TRAIL。車検代\96,000。 射撃の道具を積むには、適度な大きさであることを再認識した。

良く晴れた水曜日、エクストレイルを駆って笠間に向う。大口径ライフル射場に着き、降車すると車体全体に薄埃が...花粉のようであった。 これまでの時、スタMasaは花粉症に罹患していない。何時発症するかわからないが...birthday

Img_2642 得物はこれ。毎度おなじみのレミントンM700Pmd(ポリスもどき)。本日の使用弾、弾頭シェラ150gr.(グレイン)HPBT(ホローポイント・ボートテール)、薬莢ラプア、雷管フェデラル、火薬IMR4895を42.6gr.初速2600fps見当。

射場は貸切状態...だが、射場内にはテレビカメラが設置されており、射座内の様子は事務所のモニターに、ばっちり映っている。

Img_2631 プローン(伏射:略称P)の支度。マットは射場備品の体操用。少々厚めだ。正式競技用のマットとラグ、隣接のエアライフル射場の倉庫に格納されているのだが、出し入れが面倒なので、練習にはこの体操マットを使っている。

Img_2646 五十肩の痛みが軽くなりつつある。腕もだいぶ回せるようになったhappy01

Pの結果。8点にはみ出ていないので良しとするnotes

Img_2635 スタンディング(立射:略称S)の支度。小型扇風機は、弾丸発射時、銃身上に発生する陽炎を吹き飛ばすのに使う。 電源が取れない屋外の射場では扇風機は使えない。    300m屋外射場で射撃経験のある、山猫練習会のリーダーHITさんによると、「屋外射場では自然の風が吹いているので、陽炎はなんとかなるよ」とのことtyphoon

Img_2649 Sの結果。こんなものですsmile 白い処に、はみ出しているが、一応点数圏に入っているので良しとするcoldsweats02

Img_2639 ニーリング(膝射:略称K)の支度。PとKではスリングを使う。このスリングは、ターナーの30mm幅ミリタリー・タイプ。丈夫なスリングだ。

Img_2648 Kの結果。これも8点にはみ出ていないので良しとする。今回の練習、PとKの結果は、スタMasaとしては上出来であったshine

Img_2644 撃ち終わったら銃の掃除。弾頭は銅で被鋼されている。この銅がライフリングにこびりつくので、銅落とし用の溶剤、ソルベントを銃腔内に通して、銅を除去する。この作業では、必ずボルトを銃本体から外さなければならないので、残弾の有無を再確認できる。

ホットドックとピーナッツサンド、缶のブラックコーヒーの、ちょっと遅い昼食を済ませ、大口径ライフル射場から引き上げる。事務所で清算ではなく、トラップを申し込む。

Img_2652 2面あるトラップ射場、どちらも射手の姿なし。スタMasaはB射面に入った。  一ヵ月半前、この射場で、あわや20枚撃破...結局19枚で撃ちあがったが、本年の目標、20枚撃破に一歩近づいたかに思えた。

今月初め、エアライフル練習後、トラップを2R撃った。20枚どころか、大きく後退....12-13down   本日は、やや時間に余裕があったので、3R撃った。 11-16-12shock

射面に対し45度の角度で立つ。スタンスは肩幅よりやや狭く取る。真っ直ぐ立つ...肩付けを意識する。頬付けを確認する。この時、自然に背中が丸まる...トトロ射法を意識するが、体が真っ直ぐにならないcoldsweats02   この違和感は何だ? 『窮屈』なのだ。姿勢の洗練を考えなければ...と思ったが、初心者のスタMasaには、いささか難しい課題みたいだbearing

Img_2655 トラップ・ガン、SKB5700。ストックにスターチス・マークを貼ってみた。自分の銃を識別するためだ。

Img_2659 トラップ射場のバックストップに掛けられた緑色のネットが、放出されるクレーを見やすくしている。Img_2660_2

Img_2664 Img_2666

スミスアンドウエッソン・ブランドのシューティング・グラス。先週、胃カメラ呑んだ後、高萩射場でトラップ撃った時、山肌に消えるクレーに戸惑ったので、急遽通販で購入した。本日はこの色眼鏡を使ってみた。クレーはよく見える。が、24gの7.5号弾は、クレーに当たってくれなかったcat

2008年3月 6日 (木)

前装銃

暖かいのか寒いのか、いまひとつ分からない変な木曜日。スタMasaはSB持って真壁に向かった。Img_1532

アンシュッツM1407。ストックはM1807用。バットプレートはガンスミシング製のアルミ。一応スタンダード仕様...そういえばSBのスタンダード種目がなくなってから、どのくらい経つのだろうか...sign02

Dscf00081 スタMasaの愛車、エクストレイル。昨日、車検に入った。

01 エクストレイルが車検中、自動車屋から借りた旧型マーチ。運転しやすいコンパクトカーだが、ライフル射撃の道具を積むには、やや狭いshock

02 「駐車違反厳禁」との注意書きが車内に掲示されていた。

真壁50m射場は、今日もまた貸しきり状態....と思ったら二人の男性が入場してきた。そのお二人が持って来たのは、火縄銃であった。    真壁射場で撃てる銃は、.22リムファイア式ライフル銃、同フリーピストルと空気銃、そして前装銃である。

04  06

今回持ち込まれた火縄銃2丁。いずれも250年位前の国産品とのこと。

08 09

弾は鉛の球体。推進薬は黒色火薬。

11 12 13

14_2   15 16

17 火縄銃の立射。ストックが無いので肩付けができない。難しそうな姿勢だ。18_2 19_2

21

22 24

火縄銃のニーリング。27 発射時、黒色火薬は白い煙を噴き上げる。撃発音も大きい。

26_2 こういう団体もある。

2008年3月 5日 (水)

友だちの輪×10

東核さんに引き続き、Kooさんのブログもブックマークさせていただいた。Kooさんは若きスキート射手である。特筆すべきは、散弾銃所持後わずか2年足らずで、上級レベルに達していること。スキートで25枚満射を撃っておられる。競技に対する真摯な姿勢はもちろんだが、Kooさんもまた、射撃を楽しみたい、というピュアな気持ちが伝わってくる。 リンクご了承いただきKooさんに感謝(^^♪

友だちの輪×9

気合と根性のトラップ射手、東核さん。公式射手である。昨年夏、磐梯国際での、お肉会でご一緒させていただいた。きれいなフォームで撃っておられる、という印象がある。  拙宅にリンクさせていただいている、うりゃさん、じかみさん、おとうたま、ToTさん、ぷくぷくさん等の流れで、リンクの申し込みをお願いしたところ、快諾を得たので、ブックマークさせていただくことにした。 東核さんに感謝(^^♪

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック