« 真壁の残雪 | トップページ | 友だちの輪×9 »

2008年2月29日 (金)

胃カメラ呑んでトラップ撃つ

ことの始まりは、1月15日に受診した人間ドックだった。 食道と十二指腸にポリープ発見。胃の内視鏡検査をするよう、ドック医から申し渡された。

Yoyakuhyo

2月29日、内視鏡検査となった。 胃カメラを呑む...初めてのことであった。

スタMasaは、痛いこと、苦しいことが嫌いである。不安と緊張のまま検査室に入った。 胃の中の泡を除去する薬を服用する。甘い液体だ。次に咽喉の麻酔薬、これもどろりとした液体だが、苦い。これを5分間、咽喉の奥に滞留させる。舌がもつれてきた...。苦い液体を吐き出した後、右肩に、胃の動きを抑える注射を打たれる。

検査室に入ると、担当医がにこやかに迎えた。担当医はスタMasaの咽喉に、スプレーの麻酔薬を吹き付ける。 マウスピースを噛み、ベッドに横たわる。「さあ、がんばりましょう」と担当医。 『いえいえ、がんばりたくないです』とスタMasaは言いたかったが、次の瞬間、ファイバースコープが咽喉に差し込まれた。三度ほど、オエーっとしたが、特に痛みもなく管はスタMasaの体内に入った。 十二指腸のポリープ、一部を採取して病理検査に...一部採取のはずが、全摘出になったようだ。 胃カメラが体内に入っていたのは5分位だっただろうか..。 ポリープ切除の際、若干の出血あり。止血の注射を左肩に打たれる。 詳しい検査結果は10日後とのこと。Cyuuijiko

内視鏡検査が、思いのほか早く終わったので、鉄砲撃ちに行くことにした。 午後2時30分過ぎ、高萩射撃場に着く。Img_2579  一年前、この射場で教習射撃を受けた。

スタMasaの他、お客さんは4人。拾い撃ちできる状況ではなかった。ラウンドさせていただく。 何か変??  思えば夕方近い時間、この射場で撃つのは初めてであった。 スタンス..おとうたまのトトロ立ちを意識してみる。左右のバランスが崩れる...やはり、おとうたまの体型でないと執れない姿勢のようだ。トトロ・スタンスからやや広げ、肩幅よりわずかに狭い位置にする。肩付け、頬付け、先台左手の位置、両腕八の字、各部チェックする。 1R目、1番立ち。コールする。オレンジ色のクレーが左に出た。クレーがふっと消えた...  放出口から出るのは見えるが、それからクレーが消える、という状況が続いた。 内視鏡検査の後遺症か??それとも目が疲れているのか..?  バックストップの山肌が、妙に赤っぽく見える..。

Img_2580 「この時間は、西日がきついな。」「こういう時は赤の眼鏡がいい。」 4R撃ち終わった時、ご一緒した方々が話し合っていた。  西日....そういうことでしたか..($・・)/~~~ 

本日のスコア。 15-15-15-12   西日に幻惑されただけではない。まだまだ技量未熟。  シューティング・グラス購入を考えよう(*^_^*)Img_2581 Img_2582

« 真壁の残雪 | トップページ | 友だちの輪×9 »

コメント

◎ToTさん >胃カメラで涙目…皆さんけっこう内視鏡検査受けておられるのですねぇ。 小生、50歳を過ぎて初体験でした。

胃カメラで僕は泣いた事があります。
まじで、涙がボロボロ出る位、違和感がありました。

なんか本記事見てたら、その時の事を思い出してしまい、、、、、
胃がシクシクと。

◎ToruSさん

>シーター調整...Rem700Pmdの薬室は、ゆとりがあるのですが、シーレンDGAの薬室は結構タイトです。そのため、フルリサイズしても、一発一発ボルト開閉状態を確認しなければなりません。 
 話変わって、山猫レミントン軍団のHIT団長から、埼玉県ラ大口径ライフル大会の案内DMが届きました。スターチスの大口径所持者にDMで転送しますねupwardright

困った事ですね。

またこの件で潰瘍になって胃カメラやったらK察を訴えましょう?
っというのは冗談ですが。

リローディングのシーター調整ですよね。

自己レスです。先のコメントで、「リローディングの際のボルト開閉状態の確認」ですが、リサイズ後、雷管及び火薬を装填しない、空薬莢の状態での確認作業です。射場射座以外で実包を銃に装填することは、法令違反ですので..。

◎ToruSさん

お若いころから内視鏡検査を、それも三度経験されていましたか..。小生、この検査はもういいです。今後、できれば胃カメラは呑みたくないです(汗”

>某県の規制...例の事件があった県ですよね。散弾銃の先台を警察に預ける、ということは、ライフルではボルトを差し出す、ということでしょうか?? 据銃、空撃ち、リローディングの際のボルト開閉状態の確認等、ボルトが手元にないと、支障が出ます。
 
そういえば、またまた所持者の不祥事が...
(泣” 長野県で有害鳥獣駆除の60歳ハンター、車両内でライフル銃暴発?、約30m先に居たおばさんに命中とか...。shock
 負傷された方の快癒を心から願います。
所持者受難の季節は続くかもしれません。

パーツをお上に預ける、などという安直な規制ではなく、以前ToruSさんが提唱された
散弾銃の所持許可推薦制が、最も実効ある案、というますます強く思います。
 

お体大丈夫でしょうか?
私は30前半で3回経験済みです
某県にて規制の報道がされたようです
原則的な規制ではありますが
競技者にとっては理不尽な規制です
猟友会と警察だけで決める問題では無いはずなのですが

夜勤明けのスタMasaです。昨夜は妙に忙しく、仮眠時間が取れませんでした。昨日の朝6時から起きっぱなし…さすがに疲れました。今の状態で自動車運転は危険なので、職場の休憩室で仮眠してから帰還します。 ◎JUNさん 胃カメラ呑まないにこしたことはありません。嫌いと言いながら、呑んでる射手もいるようですが(^^ゞ また、呑み慣れると快感、という射手もおられるようでf(^_^) 内視鏡検査の後のトラップ、陽の加減により、クレーが見えなくなることを知ったのが収穫だったでしょうか(^^;)

胃カメラ…飲んだのですか…
僕はまだ経験ないですが、大嫌いですね、、それに伴う注射…この注射だけで卒倒しそうです(笑)。。

その後のトラップ、、根性ですね。それも4ラウンドも…

お大事にしてください。。

◎おとうたま >トトロ撃ち…後遺症と風の噂で耳にしておりましたが、想像以上に重症でしたか‥トトロ撃ちとは、山嵐とか地獄車に匹敵する危険な技だったのですねぇ(汗"

内視鏡・・・大嫌いです。
お医者様曰く,オエーになりやすい咽らしく,あなたは何度やってもオエーになりますね!と断言されています。
最近開発された超細型スコープもしくはカプセル型のカメラのある病院に行こうかとマジで考えております。

トトロ撃ちですが・・・
なれない反動の受け流しをしていたせいか,右胸を傷め,ただいま射撃休業中です。
やめろってことですかね。。。

◎G会長様 胃の内視鏡、痛みはありませんでしたが、あまり気持ちのよいものではありませんでした。もう結構、まして大腸カメラなど、堅くご辞退させていただきとうございます。 >高萩射撃場…射面は一面のみ。トラップ、スキート兼用です。昨日のお客さんは、全員トラップでした。

内視鏡検査、「オェー」しましたか?!
Gは大腸内視鏡とあわせて、隔年交互に受けていますが、大腸の方がつらいかな。。
でも、、、クセになって快感もありますし。。。 ぅっふん
是非来年は下からのインサート体験をなさってください。

高萩射撃場って、スキート兼用なのですか?
背景や天候によってメガネの色を選定するのはスコアメイクに欠かせない重要な要素だと思います。
Gは赤・黄・茶・透明を使い分けています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/10840358

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ呑んでトラップ撃つ:

« 真壁の残雪 | トップページ | 友だちの輪×9 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック