« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

暖かい日

久しぶりに暖かい日であった。SB持って真壁に向かった。02 01

昨日の夜勤明け、帰宅してから雑用を片づけていたら、昼寝を逸してしまった。 やや疲れが残っていたが、糖尿病対策のため、というか、鉄砲撃ちたい気持ちが、スタMasaを射場に向わせた。

03 04

残った疲労は、特に立射に現れた。立射で銃が止まらないのは、いつものことだが、この日は特にひどかった。05 06

先日購入した、センターペーパー用標的交換機は快調に動いてくれた。対照的にスタMasaの体調は...($・・)/~~~

ニーリングは、体が疲れている割には、まずまずだった。07

プローンでは、目に疲れが出た。フロントリングが楕円形に見えた時、弾着は8点に飛んだ(>_<)

08_2 10_2

撃ちたい気持ちが逸るも、結果が芳しくない。良くないイメージを残さないためにも、練習前には体調を整える...本日の教訓。 09_2

11_2  12

真壁射場の掟。

13 射場から見る加波山。

2008年1月21日 (月)

雪降らず...

日曜日の夜から月曜日にかけて、雪が降り積もる...という天気予報であった。月曜日、仕事オフ日なので、SB撃ち仕切りなおし、真壁に行くつもりでいたが、雪を警戒して行き先を笠間に変更した。 朝、曇り空で寒かった。雪が迫っているかのようだった。 午前10時半過ぎ、笠間着。空は晴れてきた。雪が降る気配はない。

Img_2212

笠間大口径射場。

Img_2213 100m位置から射座方面を見る。

Img_2214 100m位置から見た150m位置。

スタMasaの得物は、Rem700Pmd。いつものように、P-S-Kと3姿勢を撃つ。 最後にバイポッドを付けてのプローンを撃った。 Img_2220

昼過ぎ、ハンターのAJ氏が入場。AJ氏はスタMasaの職場の先輩で、スターチス毛がに副将の大物猟の仲間である。 AJが持参したライフルは、レミントンM700だが、口径.223Rem.のバーミンター。ハンティング・ライフルではあるが、口径6mm未満のため、日本では狩猟に使えない。AJ氏のM700は、日体協からの推薦銃である。

Img_2222_2 Img_2218_4 

黒銃2種。左:AJ氏のM700。ストックはHS-プレシジョンのシンセティック製タクティカル・タイプ。          右:スタMasaのM700。ストックはHS-プレシジョンのシンセティック製ポリス・タイプ。

Img_2235_2 AJ氏のプローン。

Target スタMasaの標的。下段P、上段S、中段K。

P

Pの結果。

S

Sの結果。

K

Kの結果。

万年三流射手のスタMasa、急に射撃が上手くなるわけはないが、この日、PとKで8点が出なかったのが嬉しかった(#^.^#)

ライフルを撃ち終わり、後片付けをする。バレル・クリーニングにたっぷり30分を要した。時計を見ると午後3時25分。スタMasaは事務所に急いだ。1月の受付終了は午後3時半。トラップを申し込む。なんとか間に合った。 2008年、トラップ初射撃。ふと思い起こすと...トラップ撃つのは一ヶ月ぶりであった。  今の時期、この射撃場の終了時間は午後4時。ジャパンセットのトラップA射面、スタMasaの単独射撃であった。 おとうたまが、真っ直ぐに立つ、とブログに書いておられた。そのように心掛けて立ってみる。肩付けを意識する。...何かが足りない..?? 時間が押していたので、とにかくコールする。初っ端から4枚連続で外した。嫌な予感...。1R目13枚撃破で上がった。すぐに2R目に入る。今度は5枚連続で撃破。その後外しまくり..。14枚撃破。  何かが足りない...。撃ち終わってから思い出した。両腕『八の字』を、すっかり忘れていた。   2008年の目標、20枚撃破....遠い目標のような気がしてきた($・・)/~~~  この日、ついに雪は降らなかった..。

2008年1月20日 (日)

衝動買いか??

SBの練習に真壁射場に行った。自前の標的交換機、動かなくなった。ウンともスンとも言わん...(>_<) 購入したのは1990年...18年も使った。 SBの標的交換機、どこかで見た...恵比寿のE店(伏字にする意味なし..)にあったはず。即座に注文した。翌日、宅急便で現物が届いた。Img_2210

衝動買いかなぁ....(@_@;)

2008年1月12日 (土)

初雪

今朝は雨...。気温低し。風邪引きスタMasa、二日間仕事休んだ後の公休日、体のリハビリのため、Rem700PmdとSKB5700持って、茨城県狩猟者研修センターに向った。午前10時30分、大口径射場に入る。先客お二人。スタMasaは、右端の5的に入った。 P-S-Kの3姿勢で60発ほど撃つ。その後、バイポッドを着けて、100mベンチレスト用標的を使い、プローンで40発ほど撃った。 撃ち終って時計を見ると14:30。微妙な時間だ。  Rem700Pmdのクリーニングを行う。横着者のスタMasaは、銃器手入れは射場内で行なう。クリーニングを終え、荷物を片付ける。標的を回収しに行く。完了、射場の時計は15:30を示していた。外を見ると、雪が舞っている。初雪であった。

 トラップを撃つ時間はなかった(>_<) この射場、1月の営業時間は受付終了15:30、射撃終了16:00。   .308を100発撃てたのは良かったが、今年初のトラップを撃てなっかたのが、気分的に消化不良...(ーー;)   次回の練習は、来週末、SBの予定...。

2008年1月 9日 (水)

ようやく初撃ち

正月も九日が過ぎた水曜日、ようやく初撃ちが出来た。年の始めは基本射撃から...と思いAR、アンシュッツM2002ポンプを持って笠間、茨城県狩猟者研修センターに向った。

猟期真っ最中である。にもかかわらず、研修センターの大口径ライフル射場は、朝から満員御礼状態であった。01

AR射場は、閑散としていた。スタMasaは向って右端、7的に入った。的枠に標的交換機を掛ける。射座には監的スコープと立射スタンドをセッティングする。02 軽く体操してコートとズボンを着ける。数分間据銃。2002ポンプには空撃ち機構がないので、射撃に入る。監的スコープを見ず、5発撃つ。監的スコープでグルーピングを確認し、必要に応じてマイクロサイトのクリックを調整する。07

点取りせず、グルーピングをまとめることに集中し、80発ほど撃つ。で、グルーピングはまとまったか?というと、まとまらず(^_^;)  7点圏のグルーピングであったが、救いは、なんとか黒点内に収まったこと。

コンビニで仕入れたホットドッグとピーナッツサンドと缶コーヒーの昼食を摂った後、五十肩リハビリ射撃=プローンを撃つ。射座は6的。標的は10号=12文銭。前回のセッティングで決めたハンドストップの位置で、左肩に痛みは無かった。04

監的スコープから見た標的のもよう。

  03_3

05 リハビリ射撃の結果。

08 06_3

茨城県狩猟者研修センターの10m射場は、日本ライフル射撃協会の公認を得ていない。よって日ラの公式試合は実施できない。しかし、練習するには十分な場所だ。射場使用料が安い。時間制限なしで税込み315円(^^♪

2008年1月 8日 (火)

鹿肉もらったぉ(=^・・^=)

Img_2187 鹿の腿肉。スターチス毛がに副将の初猟の獲物。産地は栃木の山の中。その日、副将は二人で鹿猟に入ったそうだ。副将の銃は、FN-BAR、.308Win.の自動銃。サイトはスコープ等載せす、オープンサイトそのまま。相方さんは、スコープを載せたサコーのボルトアクションだったそうだ。 距離150mだったとか。鹿を見つけサイティングする。サコーの相方さん、失中。駆ける鹿に向け、副将BARを発射。失中が続き4発目で仕留めたとか。

080101084649 迷彩カバーをかけたBARを持つ、毛がに副将。一昨年から猪猟を始めた副将のハンティング・ライフルは、ブローニングAボルト(.308Win.)であった。ボルトアクション・ライフルで猪を数頭仕留めている。しかし、失中した時のリカバリー、速射性に欠けるボルトアクションでは不利、と感じたそうだ。副将は、自動ライフルの必要性を覚え、昨年春、FNブローニングBARの所持許可を得た。  今猟期、副将は、A-ボルト、BARを適宜使い分けているようだ。鳥猟には、SKBの水平二連を使っている。

 副将から戴いた鹿の腿肉、冷凍中。硬い肉なので、よく煮込むとよいそうだ。

2008年1月 6日 (日)

イベント&オフ会

正月5日、東京は浜松町の都立産業貿易センターで開催の、トイガン・イベント「ブラックホール」を覗きに行った。01 昼過ぎ、会場の前で、Wgだぶじぃさん妖兵ちゃんと合流する。まずはランチ。竹下桟橋のイタリアン・レストランで、パスタを食す。

ブラックホール...結構歴史あるイベントである。トイガンを中心に、ミリタリー用品等が展示される。メーカー、ショップ、個人のブースが並ぶ。スタMasaは過去に、このイベントで、トイガンをいくつか購入した。 しかしここ数年、出店ブースが減少しているように見える。  今回、スタMasaが購入した物はなかった。

会場内を一通り見てから、スタMasaら三人は浜松町駅から、京浜東北線に乗り、赤羽に向った。有名なトイガンショップを覗く。スタMasaは、ただ見るだけであったが、Wgだぶじぃさんは、マルゼンP99のマガジン1本と、ハンドガン・ケースを購入した。

日も暮れ始めたころ、三人はアメ横に向う。居酒屋に入り新年会となる。

02 Wgだぶじぃさんが持参したのは、ワルサーP38みたいな格好の、ゴム飛ばし銃。材質は木だ。03

ホルスターは、Wgだぶじぃさんの自作。購入したばかりのハンドガンケースに、ゴム飛ばし銃とホルスターを置いた図。

三人、大いに呑んだ。Wgだぶじぃさん、妖兵ちゃんと知り合ったのは、1999年ころ...トイガン系のチャットがきっかけだった。あのころ、二十歳を過ぎたばかりの妖兵ちゃん、30歳になっていた...。スタMasaもWgだぶじぃさんも、老いるわけだ...。

三時間ほど呑んだであろうか。再会を約束して上野駅で別れ、それぞれ帰途に着いた。053

2008年1月 3日 (木)

らのさんから、いただきもの

寡黙なトイガン愛好者、らのららくさん。今は無き、宇都宮のトイガンショップ「サバゲ屋ギアル」のインドア10mレンジで、一緒に遊んだのは、数年前....。らのさんから、画像を頂戴した。らのさんのお部屋には、鉄砲絡みのグラフィック・アートが多数掲載されている。200801002

2008年1月 2日 (水)

新年のいただきもの

私事で恐縮であるが、昨年初夏、母が81歳で召天したのでこの新春は喪中。よって新年の挨拶は差し控えますので、御了承くださいませ。

さて、リンク先の一つ、ミリログのATRさんより、オートマグの画像を頂戴した。Fwa08greeting_2

ATRさんは、オートマグ好きのトイガン愛好家であるが、「鉄男」でもある。ATRさんのサイトは、夢広がる楽しいおもちゃ箱のようである(^^♪

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック