« 笠間でAR撃ち | トップページ | ミニオフ »

2007年12月 9日 (日)

何これ??

今日のニュースで、許可銃により事件が二つ...

東京の医師宅で、「クレー射撃用のライフル銃」が暴発、2歳の子どもが死亡。所持者である男性医師が、銃の手入れ中、ちょっと目を離した間に暴発?部屋には5歳と2歳の子どもが居り、2歳児が死亡....どうもよくわからない事件?事故?だ。 そもそも射撃する時以外は、弾薬を装填してはならない。銃の手入れには弾薬は不要。調整のため必要な場合は、空薬莢もしくはダミーカートリッジを使用。どう考えても、銃の手入れに実包は必要ない。 本件の真実は、当局の捜査に任せるしかないが、我々銃の所持許可を受けている者は、常に基本厳守を念頭に置かなければならない、とあらためて思った次第。

高知県では、酒に酔った所持者が、散弾銃を持って隣家に押しかけ、二人に発砲。1名死亡、1名重症とか... これは、論外。

« 笠間でAR撃ち | トップページ | ミニオフ »

コメント

◎ToruSさん 射撃の世界に、先に踏み込んだ者として、後輩に安全最優先を教える‥を家庭で実践ですね。 そういえば最近ちょっと気になる事が…SBを始めた大学生、撃ち終わってもボルトを開かず…が散見。この夏、藤枝の銃器手入れ室で見かけたので、ボルトを開くよう注意したことがありました。 たぶん、きちんと教える先輩たちがいないのでしょうね。彼らの先輩たちも、おそらく、その上の先輩たちから教わらなかったのでしょう。射撃界全体で、後継育成が出来ていない、ということかと…これも憂慮すべきことだと思います。

◎ToTさん >他人事ではなく、自分の事として捉える…激しく同意です。

ちょっと話はずれますが、私は銃を持っている親として子供には
銃の取り扱いは教えています。もちろんトイガンでですが。

まだ小学校3年の女の子ですがおもちゃの鉄砲であれ飛び道具は飛び道具。
ゴムデッポウでも同じ。

目にでも入れば失明もありえるものですから。

家で子供をトイガンで遊ばせるときは必ず、
「BB弾を入れるときは絶対に人に向けない。標的側」
っと言い聞かせて指導しています。
明後日の方向に向けでもしたら大激怒しておりますよ(^^;

酒飲みでも、別に銃を所持する事に異を唱えたいとは思いません。(僕は飲まないけどね・・・。)
逆に酒飲まない人でも、事故起す可能性は決して皆無では有りません。

銃であれ、車であれ、使い方を間違うと人を殺す道具になり得ます。包丁だって使い方を誤まれば殺傷能力を十分に持ちますし、ゴルフクラブも然りです。

重要な事は、本件を決して他人事と思わずに、先ず我々自身が、正しく適正に管理する意識と絶対にコレで事故を起さないという覚悟を持たなきゃ・・・と思います。

◎B.J.ユストさん

>銃=人殺しの道具....
軍隊や警察が持つアサルト・ライフル、SMG、セルフディフェンス用ハンドガン、スナイパー・ライフル...これらは紛れも無く、人殺しの道具、性質上の凶器です。  それに対し、射撃競技用、狩猟用銃器は、元々の凶器ではありません。が、いとも簡単に凶器に転用できる、所謂用法上の凶器になり易い性質を有しています。そういう危険物を所持する者の、社会的責任は、極めて重いものです。
 B.J.ユストさんのコメントに異議を唱えるつもりはありません。ただ、ちょっと補足、ということで御理解いただければ幸いです。

◎じかみさん

>酒飲み、所持許可禁止....
じかみさんは下戸でしたよね。下戸の人には影響がないでしょうが、飲兵衛にはいささかきついものが...  こういう事態を予期していたわけではないでしょうが、某クラブチームの副将、大酒呑みなのですが、更新時、調査に当たるおまわりさんには、「酒は一滴も呑みません」と、平然と嘘ついています。尤も副将の嘘は警察にばればれになっているようですが..。  でも今後、大嘘ついて下戸を偽装する所持者が増えるかもしれません。

◎ぷくぷくさん

>父親の責任...仰るとおりと存じます。 小生、娘に射撃を教えたかったのですが、幼児のころから、鉄砲に全く興味を示さず、とうとう銃、射撃を教えることができませんでした。
 今回事故の5歳児、あまりにも大きく重い十字架を
背負うことになり、不憫でなりません。

痛ましい事件です。
亡くなられた2歳児の事、またその父親の事を考えると、表す言葉もありません。
散弾銃だろうと、ライフルだろうと、人の命が奪われた事は紛れも無い事実です。
その銃が無ければ、2歳児は今日も元気に生きていられたはず。
元副主将のケースとは多少異なりますが、子育てと射撃は両立しない事を示している事件と言えるでしょう。
銃は危険な物。
紛れも無い事実です。
スポーツの道具?
詭弁でしょう。
人を殺す道具です。

自分の銃で、自分の子が危険に晒されるなら、私は銃なんかいりません。

他人の銃で、自分の家族が危険に晒されるなら、許可銃さえ必要ないと考えます。

ここから先は、行政サイドで決める事。
安心して暮らせる社会の実現を望みます。
 


何を、どうコメントしていいのか、わかりません!

銃の手入れは、必ずすべきもの。
ですが、子供のいる前でしなくてもいいはずだし、銃に弾が入っているのもおかしいです。

銃の許可は、今後、酒を呑む人には、所持出来ない様になるかも?
この辺は、かなり難しい問題になりそうですな!

亡くなったお子さんは勿論、撃った方の子の『心の傷』と将来を考えると、ホントにやりきれない事故ですね。。。

なにしろ扱ってるのが『銃』ですから・・・ほんの些細なミスが命取りになりますよね。自分も含めた家族みんなの人生を狂わせてしまった父親・・・人事とは思えません。。。

酔っ払って撃っちゃった方は・・・こりゃホントに論外ですね!
ガッカリです

◎さすけさん

今朝はTVのニュース番組などで、盛んに取り上げられていますが、わからないことが多すぎです。 事故の鉄砲、ライフル銃ということですが、ボルトアクション、自動式、どちらかわかりません。また競技専用なのか狩猟用なのか、これも不明。 詳細な情報が欲しいところですが、さすけさんの仰るとおり、どの型式の銃であっても、取り扱いの基本を押さえていれば、決して起こらない事故です。

今朝の気分は重いですが、これから笠間に練習に向います。

◎CASさん

世間の風当たり....その懸念は十分あります。困ったことです。 今朝のワイドショーで、今年の銃器事件事故を取り上げていましたが、暴力団などの発砲事件より、許可銃での事故の方が件数が多いと報道していました。比べる対象がちょっと違うんじゃないの、と言いたくなるところですが....。
 気分が重いです...。

◎ToruSさん

今朝のワイドショーなどでも取り上げられていますが、事案の詳細がいまひとつわかりませんねぇ..。
伝える側が、ライフルとショットガンの区別がわからないようです。 いずれにしても、常識的な銃の取り扱いをしていれば防げたはず、否ありえないことです。

うーん、子供さんが亡くなられたのは悲惨ですが・・・

ただ、やっばり銃の手入れをするときに実包とは。

銃の事故は、あっ!?と思った瞬間にはおきてますから、やっぱり日頃の危機意識が必要ですね。

さすけは、家で銃を出す時は、弾は絶対ロッカーの中から出しません。
逆に弾を出す時は、銃はロッカーかケースの中、このルールを絶対守ってます。

繰り返しニュースが流れていますがどうも??ばかりの事件ですね。いや事故でしたか。
基本を守らない一部の人間のために正しく銃を扱う方々に対しても世間の風当たりが厳しくなりそう・・・
酒飲みながら銃を振り回すとか論外もいいとこです。事件に巻き込まれた方々のことを考えるともう気の毒で仕方ない。

私もこのニュース見てびっくりしました。
何故手入れに実包?っと思った次第です。
怖いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/9327725

この記事へのトラックバック一覧です: 何これ??:

« 笠間でAR撃ち | トップページ | ミニオフ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック