« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月24日 (土)

スリング新調

Rem700Pmd用のスリング、アンクルマイクスの1インチ幅のミリタリータイプを使っていた。3

ポジション射撃用のスリングの幅は、40mm。それから比べると、細い。日ラのハンティング・ライフル競技規則では、30mm幅までのスリングの使用が認められている。

1インチ幅のスリングが、よれよれになってきたので、新調することにした。スタMasaが選んだのは、ターナーのスリング。1 

通販で購入した。 スリング環も30mm幅に適合するものでなければならない。スリング環は、丈夫そうなアンクルマイクスのミリタリー・タイプにした。4 5

2 上:アンクルマイクス製1インチ幅

下:ターナー製30mm幅

8

左:ターナー

右:アンクルマイクス

6 7

Img_1879

新しいスリングでの射撃は、来週中ごろになりそうだ。

2007年11月18日 (日)

ノーマライゼーション射撃大会

障害者と健常者が共に楽しめる射撃の大会。主催は埼玉県身体障害者ライフル射撃連盟で埼玉県ライフル射撃協会が後援する。毎年11月に開催され、今回で7回目。

この日、スタMasaは夜勤明けであった。仕事を終え、急ぎ会場の埼玉県障害者交流センターに向った。 当初、立射20発競技にエントリーするつもりであったが、夜勤明けとなったため、自由姿勢20発を撃つことにした。夜勤明けの疲れた体で立射は無理であった。

午前11時過ぎ、会場着。交流センターのホールでは第3射群目が競技中であった。

この大会で使用されるのは、ビームライフル。Img_0009

ボルトアクションのスタンダード・ライフルの形をしているが、銃刀法で定義する銃ではない。弾丸の代わりに光線が標的(受光板)に放たれる。標的の大きさは、エアライフル公式標的と同じサイズ。受光板に設置されたセンサーが、発射された光に反応して10点から0点までを表示する。BR(ビームライフル)の重量は約4kg。AR(エアライフル)よりやや軽い。

Img_0077

本大会の進行方法。

1 2 3

競技の模様。

4 5

6

7 8

9

10 17

18

21 22

23

24

25_2   競技成績集計作業中のTRさん。足に障害を持っているが、AR、SB(スモールボア・ライフル)のベテラン射手である。本大会では、日ラ公認審判員として役員に徹していた。

26_2 28

介助犬クン(名前聞くのを忘れた^_^; )は、子どもたちの人気者であった。

Wg1 Wg2 

スタMasaの友人で、トイガン愛好家のWgだぶじぃさん。トイガンでのスピード・シューティングのベテランだが、初めて覗くピープサイトに、少々戸惑っている様子。Wg3 Wg4 Wg5 Wg6 Wg7

Wg8

自由姿勢20発競技...参加者の殆どは委託射撃を選んだ。夜勤明けで体力を消耗していたスタMasaも委託射撃をした。BRを委託台に載せて撃つから良く当たる、というものでもない。肩付け、頬付け、グリップする手、座る位置、照準、呼吸、撃発など様々な要素が射撃動作を構成する。 仕事で疲れた体が、射撃動作を丁寧にしたようだ。結果、満射(*^_^*)Syoujo

今回の大会、地元埼玉の国際学院高校射撃部、西武文理学園高校の射撃部の若い射手たちが、大いに支援してくれた。30 立射で好成績を挙げたのも、この少年たちであった。スタMasaの健康状態が良くても、この少年たちと立射を競っていたら、惨敗を喫していたことは間違いないところであった(^_^;)

2007年11月10日 (土)

自己新

朝から雨の土曜日。この日は、娘の学校授業参観に行く予定であったが、急遽、妻が行くことになったため、スタMasaの予定はフリーになった。スタMasaはトラップ・ガンSKB5700を持って高萩射撃場に向った。

雨降りなのに射場は賑わっていた。Img_1736Img_1737  1R目、老練のハンター3名と射団を組む。2名の方は自動銃であった。都合3Rを撃つ。 この日のスタMasa、不得手としていた左がそこそこ当たった。しかし、妙にストレートが当たらなかった。しかし、3R目、自己新18枚撃破(*^_^*)Scor

小雨になったころ、三人のハンター、全員自動銃はフィールド・トラップに興じた。スタMasaは見学。Img_1743 Img_1746

スタMasaの4R目は、ほかに撃つ人がいなかったので、ストレートだけ練習させていただいた。同一姿勢を続けて撃つと、支えの左腕に疲労が生じ、ついついクレーの下側を撃ってしまう。結果失中。だが、なんとなくストレートのポイントが見えてきた感じがしたので、今回はこれで良し、とした。

Img_1739_3 高萩射撃場の掟

2007年11月 7日 (水)

一歩出遅れ..

秋晴れの朝、笠間に向った。今日の鉄砲はフリーライフル、シーレンDGA。プローンで、五十肩の痛みが無い(少ない)所を探すのが目的。 スタMasaの前方に一台のセダン。進行方向は同じ。ナンバーは「習志野」..。目的地は同じだった。そのセダンから降り立ったのは、T葉県の4人のハンター。彼らは大口径射場に入った。 笠間の大口径ライフル射場の射座は5つ。先客あり。 スタMasaは、しばらく待つことにした。

昼前、射座が空いた。スタMasaは1的に入る。 ハンドストップをやや後ろに動かし、Pの姿勢をとってみる。痛みは無くなるわけではなかったが、ずいぶん軽減された。ハンドストップの位置、暫定的にそこを痛み軽減の場、とする。

Img_1730 Pの結果。8点以下に弾がはみ出ていない。一昨日の県選手権で、このくらい撃てていたら...(>_<)

Img_1729 本日の装備。コート、ズボン、靴、グローブはザウアー製。スタMasaは特にザウアーマニアではいなが、いつのまにかザウアー製品が多くなっていた..(^_^.)

2007年11月 4日 (日)

やっと9割...

茨城県選手権ライフル射撃競技会(大口径の部)に出場した。種目は、フリーライフル伏射60発、同3姿勢60発、ハンティング・ライフル伏射40発、ライフル・ベンチレスト30発、スラグ3姿勢30発、同4姿勢40発、同ベンチレスト30発、ランニング・ターゲット30発と多彩。 スタMasaはRem700Pmdでハンティング・ライフル伏射40発とランニング・ターゲット30発にエントリーした。

01 開会式。茨城県ライフル射撃協会会長の挨拶に続き、競技進行の説明を受ける。

02 フリーライフル3姿勢(100m3×20)の伏射を撃つスタゆたかちゃん(左)とスタkobaさん。

05 スタゆたかちゃんのターナー。ストックはMECのアルミ製。口径6mmBR。

06 茨城県ラ大口径担当理事SK氏のハンティング・ライフルP40。

07 100m3×20の立射。

08 100m3×20の膝射。写真右、スタkobaさんの銃は、ケペラー・フリーライフル、口径308Win.

09 ハンティング・ライフルP40デビューのスタ波平さん(右)。銃はレミントンM700バーミンターの旧型。銃身長24インチとやや短めだ。

12 初出場のブロガー、残弾なしさん のウィンチェスターM94。410番径のスラグ・ガンだ。

13

ミロクMSS-20、20番径のスラグ・ガンで4姿勢40発の伏射を撃つCASさん。

15_2 14 3姿勢30発の立射、膝射を撃つ残弾なしさん。

16 ベネリM3で膝射のYDさん。

17 うりゃさんがリロードした12番スラグ弾。マグナムではなく、通常装弾。

18 レミントンM870で3姿勢の、うりゃさん。19

20

21 22

初出場、OHさん。銃はスラグ・ガン、ミロクMSS-20。

23_2 24_2 動的=ランニング・ターゲットの猪絵移動標的。

25_2

動的を撃つ、だらだらの中の人、うりゃさん。

26 動的、スタkobaさん。銃は、ホーワドルフ、口径6.5mmアリサカ。この口径は、6.5mmJAPとも称されるが、スタMasaはその呼び方を嫌う。

27 動的、スタMasa。銃はRem700Pmd。射撃コートは着けず、トレーナーの上にハンティング・シャツを着る。軽装ではあるが、.308Win.の反動は気にならない。弾着不明多数...。

28 CASさんの動的射撃。

29 残弾なしさんの動的射撃。

30 動的を撃ち終えた残弾なしさんのWin94。

31

スタkobaさんのホーワドルフ。

ハンティング・ライフルP40を撃ったスタMasa...五十肩の影響は大きかった。痛くない所がなかなか見つからない。痛みと戦いながら、45分で40発を撃った。弾着は散った。8点どころか7点を多く撃った。何とか撃ち終えたが、点数はやっと9割(>_<) 不満の残る射撃であったが、1位であったm(__)m32

2007年11月 1日 (木)

五十肩リハビリ続く

次の日曜日、茨城県ライフル射撃選手権大口径の部開催。スタMasaはハンティング・ライフルP40と、ランニング・ターゲット30に出場予定。 今日、P姿勢での痛くない所を探しにいつもの射場、県狩猟者研修センターに行った。

Img_1539 Img_1538

100mの位置に標的を設置する。

Img_1537 スタMasaの得物、レミントンM700Pmd。スリングはアンクル・マイクのミリタリー・スリング1インチ幅。 ハンティング・ライフルのストックのフォアエンドには、スリング・レールはなく、ハンド・ストップは取り付けられない。 ポジション銃でのスリング種目(プローン、ニーリング)では、ハンドストップに支えの手を押し付け、スリングに銃の重さを託す。が、ハンドストップを付けられないハンティング・ライフルでは、しっかりと銃を支えなければならない。 なかなか痛くない所が見つからない...。試行錯誤はまだまだ続くみたいだ(/_;)Img_1541

Img_1540  Img_1544

本日の装備。コートとズボンはマークスマン旧型。靴はAHG133。実包は、弾頭シェラ155gr.HPBT(ホローポイント・ボートテール)、薬莢R.P(レミントン・ピータース)、雷管レミントン・ラージタイプ、火薬IMR4895を42.6gr、初速2600fps見当で作ったハンドロード弾。 

Img_1556 射場で拾ったレミントン製の12番スラグの空薬莢。うりゃさんがリロード用に欲しがっていたので拾っておいた。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック