« トラップの波? | トップページ | 友だちの輪(^^♪ »

2007年6月12日 (火)

映画鑑賞ザ・シューター

先月末、大きな仕事を抱え込み、ろくに休みがない状態が続いた。オーバーワーク気味で、疲労が抜けない..。 久しぶりの休日であった。昨夜遅くまで仕事をしていたので、今日はゆっくり寝るつもりでいた。が、朝6時に妻に起こされた。家族三人で朝食。高校生の娘を、妻のマーチで駅まで送る。妻が出勤した後、再びベッドに入った。しかし寝付けない。気温が高いせいかもしれない。午前10時に起きだし、.308Win.を100個リロードする。来週の休みに使う弾だ。

 自転車で近所のスーパーマーケットに行き、そこのレストランで昼食を摂る。帰宅して1時間ほど寝る。洗濯物を取り込む。まだ疲労感が残っている。 エクストレイルで駅前のシネプレに向かう。先月、コンビニの機械で購入した前売り券で映画鑑賞。作品は「ザ・シューター」。Panf

全国的には、そこそこヒットしているはずだが、当地での客入りは今ひとつのようだ。当地のシネプレでは、一日2回の上映。 開場一番乗りはスタMasaであった。その後入場してきたのは、60歳代のおばちゃん、60歳前後の夫婦、30歳代のまじめそうな男性等々...観客10名位か。この映画、若い人には受けてないのかもしれない..。

原作は、ガンマニア必読の小説?と言われた「極大射程」。Nover

老眼が進んだスタMasa、しばらくまとまった読書をしたことがなかったが、この小説は面白くて、一週間で一気に読んだ。そして後悔...。映画は標準以上のアクション映画だと思う、たぶん..。原作未読であれば、素直に面白い、と評価できたかもしれない。 ラストは原作と違う解決...パンフレットによると、監督談話「原作のエンディングは直接的でつまらないから変えた」。この一言でスタMasaはアントワーン・フークワ監督が嫌いになった。原作のエンディング、スリリングで痛快、この監督はどういう感覚をしているのだ(怒” 映画のエンディング、まるで必殺仕置人。それはそれでよいのだが、なぜか爽快感がなかった。 やはりスタMasaの中では、原作のイメージが強すぎるのか...。 

« トラップの波? | トップページ | 友だちの輪(^^♪ »

コメント

◎おとうたま

おはようございます(^_^) ようこそおいでくださいました。ありがとうございます。 リンクの件、ありがとうございます。さっそくブックマークさせていただきました。 これより出勤、本日は夜勤付きなので、明日帰還後、あらためてご挨拶に伺います。取り急ぎ御礼まで(~_~)

わんばんこ。
おとうでございます。

先日はヨゴレブログに登場頂きありがとうございます。
なにか悪い菌に感染したりしてませんでしょうか?
元凶はたぶんうりゃですので文句がありましたらそっちに言って下さいマシ。

さて,実はうりゃブログを通じてたまにこちらにもお邪魔しておりました。
今回はご挨拶頂いた御礼に書き込もうと思ったのですが,さてどの記事にしようかと・・・

さしあたりきっかけが映画系だったのでこちらに記載させて頂いたと言うことで。。。

決して会うことの叶わない距離ではございませんので機会がありましたらどこかの射場またはシネコンでお会いできたら幸いでございます。

今後もよろしゅう。。。

◎じかみさん

リンクの件、こちらこそありがとうございました。さっそく貴ブログ、貼らせていただきました。
 当方、ごらんのとおりの、とりとめのない場末ブログですが、よろしくお願い申し上げます^_^;

>石川常設射撃場...今度から妻の実家に帰省する際は、散弾銃を持って行く事にします(^^♪

始めまして。
さっそくリンク貼らせていただきました。

何気に東北は、切っても切り離せない関係なのですね?
また、奥様も当県石川町出身とのことで、かなり親身に感じます。
さらに石川町に藤沢銃砲店経営の石川射撃場がありそこは、結構親しくお付き合いさせていただています。
今後もよろしくお付き合いいただけますよう心からお願いします。

◎Wgだぶじぃさん

こちらこそ、ご無沙汰しております。 この映画、原作ファンからは不満たらたら、のようです。原作での銃の描写はなかなかのものでした。訳者の方は、銃についてそれほど詳しくなさそうですが、よく勉強した跡が文章に読み取れます。たとえばインチ法で口径を表示するのに「.三〇八」とういように数字の前に「.」を付けています。
ただ、ウィンチェスターM70の64年前期型式というのは...
Pre64のことですが、直訳すれば確かに64年前期型となるでしょうけど、Pre64は、既に固有名詞として認知されていますので、この訳し方はちょっとアレで..^_^;

映画版は、再三言いますが、上出来のアクション映画だと思います。特に原作未読でれば、十分楽しめると思います。 ラスト近く、雪山での狙撃シーン。ボブの射撃姿勢はプローン、しかもバイポッドなし。ミリタリースリングをどのように巻いていたのか、よく見えませんでしたので、再度劇場に足を運ぶか、DVDが出たらよく見るか
確認してみたいと思っています。

おひさしぶりです。
 この映画の結末は賛否両論ですネ。正義は勝つのも良いけど、お仕置きはなぜ?山小屋なの?てな感じです。
レンタルされたらもう一度じっくり見たいですね。
 次の「ダイハード4」で期待しましょっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122911/6764670

この記事へのトラックバック一覧です: 映画鑑賞ザ・シューター:

« トラップの波? | トップページ | 友だちの輪(^^♪ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック