« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

小型扇風機の使用を認める・・

Dscf0003_1 全日大口径に行って来た。要項には「射座で小型扇風機の使用を認める」と謳っていたので、私物を持参した。が、各射座に小型扇風機が置かれていた。同一メーカーの同一機種であった。射座で扇風機の使用目的は、陽炎飛ばしである。

2006年7月27日 (木)

全日大口径前日

Dscf0002_3 昨夜、全日大口径出場の準備のため、Rem700のトリガープルを計ってみた。2.5lbに調整していたはずだったのに、800gしかない。慌てた。競技規則の1,000gに足りない。急ぎ調整する。1,300gにした。

朝から休暇を取るつもりだったが、会議が入ったので、休暇は午後からにした。夕方、会場に着く。試合は明日、本日は用具検査を受けた。鉄砲の形、重さ、日ラ認定シール、トリガープル、コート、ズボン、靴、グローブ、ニーリング・ロール、許可証、日ラ会員証、検査項目すべて合格(^。^) 宿舎にチェックインしてゆっくり休むことにする。

2006年7月25日 (火)

ミリタリースリング

Dscf0021_2  ネット友のやませみさんが、ボーナス貰った勢いで、マルシンの8mmM1ガーランド・ライフルを購入。そのやませみさんから、ミリタリースリングの付け方を教えてほしい、と要望された。というのも、スタMasaはレミントンM700の実銃に、Uncle Mike’sの1インチ幅ミリタリースリングを使っているからだ。本来、ミリタリースリングの幅は1.25インチ(≒3.175cm)とのこと。1インチ幅のものは、ハンティング・ライフル用として市場に流通している。すこし前、アンクルマイクでは30mm幅のミリタリースリングを発売した。

Dscf00088_1 スリングを付けたスタMasaのレミントンM700VLS。ミリタリースリングは中間の輪を作ることができる。この輪の中に左腕(左利きの場合、右腕)を入れて、さらに手首をスリングに巻きつけて、プローン(伏射)及びニーリング(膝射)の時、銃の揺れを抑える。

Dscf0001_4 ミリタリースリングをコクサイのM16(モデルガン)に付けてみた。スリングの先端及び後端は、銃のフォアエンドとストック後端に付けてあるスゥイベル・リングに通す。

Dscf0007_1

左腕を輪の中に入れる。

Dscf0008

左手首をスリング上方に巻きつけるような感じにする。

Dscf0013

Dscf0018 これで結構左腕はきつい状態だ。

Dscf0016Dscf0019_2 ニーリング。スリングの張り方は、ほぼプローンと同じ。スリング全体の長さ調整は、各人の体型などによって違うが、最初長めにセットして、姿勢を作りながら調整すると良いだろう。

Dscf0010_1  今回の撮影にはモデルガンのM16を使用した。自宅庭で実銃Rem700を据銃(構える動作)することは、銃刀法に抵触するおそれがあったからだ。

2006年7月22日 (土)

長瀞で...

一昨日、長瀞へ行って来た。来週の全日本大口径にハンティング・ライフル部門2種目デビューなので、Rem700のサイト(スコープ)合わせを行なった。笠間の100mで合わせていたので、スコープのエレベーションを25クリック上げてみる。Pで撃つ。300m先の5点11時、6点0時方向に着弾。クリックを15下げる。撃ってみた。9点圏に収まった。なんでぇ??SBのプローンでは、8点をぼろぼろ撃つのに、サイトが合った途端、8点に出ずとは...(泣” もっとも来週の試合では、8点どころか7点、6点撃ちそうだが^_^;蚤の心臓なので(#^.^#)Dscf0005 Dscf0007

2006年7月17日 (月)

クラブ対抗戦夏の陣

  夏恒例の全日本クラブ対抗選手権大会に行ってきた。7月14日、午前4時30分、水戸を出発、首都高速の渋滞に嵌らないようにして東名へ。空は晴れは晴れだが、山には雲がかかっていた。東名、日本平のSAで富士山を写すも、雲が厚かった。Dscf0001_1

午前11時、会場のスポーツパル高根の郷屋内射撃場に着く。スターチスのToruS氏とoda氏が、翌日の試合に向け練習していた。Dscf0011_1

Dscf0019

Dscf0015 小生は、審査室に行き、全国クラブ対抗戦実行委員会のZ委員長に挨拶する。そのまま、AR種目の標的編集作業に入った。

夕方、藤枝駅近くのビジネスホテルにチェックインする。この日は、静岡市在住のネット友、紫 紋さんと二人で会食?駅付近の居酒屋で約4時間それぞれ生ビール4杯、酎ハイ緑茶割りを1杯を飲む。気持ちよくなり、その夜はゆっくり眠れた。Dscf0027

7月15日、試合初日。小生は午前9時から10mS60M(男子エアライフル立射60発)を撃った。546点、なんとかビリは避けられた(~_~;) 午後は50mP60M(男子小口径ライフル伏射60発)を撃つ。8点をぼろぼろ撃つ。555点で上がる。 スターチス一軍チーム、スーパーGのToruSさん、ともさんはそれぞれ580点オーバーを撃ち健闘する。Dscf0004_2

スーパーGは、試合終了後、関東地方に帰還した。 藤枝開催の試合では、静岡県ラの方々が運営役員の奉仕をしてくださり、我々は気持ちよく射撃ができる。静岡県ラに感謝である。Dscf0021

試合終了後、静岡のクラブチーム「次郎長」の射手兼役員のdukeさんとyoriさんと共に、駅前の居酒屋で合同ミーティングを行なった。暑かったので、ピッチャーの生ビールが美味かった(#^.^#)

7月16日、試合中日。小生は午前中、50m3×40M(男子小口径三姿勢120発)を撃った。急に上手くなるわけでもなし、いつものとおりの1045点。1000点割れしなかっただけでも御の字か(^^♪2006_07160011

2006_07160007_1

試合終了後、午後の射群を手伝い、夕方帰途につく。途中、東名の秦野中井~横浜町田25km渋滞があったが、7月17日未明、無事に帰還した。 暑い中、健闘したスターチス・チーム員の皆様、ごくろうさまでした(~_~)

2006年7月11日 (火)

帝都

今日は、帝都東京に行って来た。暑かった(;_:) 店舗が移転した銀座銃砲火薬店に行く。レミントンの雷管と、中古品コーナーに陳列されていた、ゲーマンのアジャスタブル・アイピースを購入する。次に渋谷区、ライフルショップ・エニスに向かう。日比谷線恵比寿駅、地上に出ると雨だった(>_<) 商店街を少し歩き、コンビニに入る。ビニール傘、400円を買う。ここ数年、傘は100円ショップでしか買ったことがなかった。400円の傘、えらく高価な気がした...。エニスでは、予約しておいた火薬、IMR4064、同4895、同3031を購入する。これでリロード作業ができる^_^; が、これでボーナス小遣いを使い果たした...。

水戸に戻り、駅南口のシネプレックスへ行く。前売り券を2枚購入する。「日本沈没」と「仮面ライダーカブト劇場版」だ。Dscf0002_1

2006年7月 8日 (土)

刻印ミス?

Dscf0002 Dscf00021

今日、茨城笠間の大口径射場では、千葉県猟友会のライフル・スラッグ大会が行われていた。小生は大口径射場の隣にある、とってつけたようなAR射場で、立射を練習した。千葉猟友会の大会は午後2時ころ終わった。ARの練習を終えてから大口径射場に入る。廃棄された.308の空薬莢を拾うためだ。使えそうな薬莢を50本ほど拾った。勿論全部.308だ。拾ったうちの1本、レミントン・ピータースの薬莢だが、底面の刻印は30-06となっていた(写真左。右は正常な刻印のRP製薬莢)。珍しい刻印ミス(*^^)v

2006年7月 4日 (火)

不発

Dscf0003 ここ1年ほど、リロードじた実包に不発がよく発生する。原因は雷管を薬莢のプライマーポケットに装着する時、ちょっと力を入れ過ぎたため、雷管内の起爆剤が脱落するらしい...。が、ちょっと待てよ。今、手元にある雷管を使う前には、不発の発生はなかった。現在庫の雷管、デリケート過ぎるのではないか、と考えてしまう(ーー;) たぶん、ロットの問題だろう。  センターファイア・ライフルの不発は、気持ちの良いものではない。遅発と現象は滅多にない、と云われるが、「カチッ」と不発した場合、据銃したままでゆっくり10秒数える。長いテンカウントだ。 ボーナスが出たので、近々雷管と弾頭と火薬をまとめ買いする予定だが、今度買う雷管は、今のとは別メーカーの製品を選ぶことにする。

沈黙の要塞

夜勤明けで帰宅、何気にTVを見ると、1994年の映画「沈黙の要塞」を放映中。この映画、公開時、妻が単独で観てきた。妻の感想「説教臭くて、セガールが陳腐」というので、小生は観に行かなかった。環境問題をテーマにしている(はず)ので、確かに説教臭い感じがしないでもないが、超人セガールのお馬鹿アクション全開で、結構面白かった。それにしても、あの名優マイケル・ケインが悪役で、しかも最期はあまりにも情けないザマで...。役者の格はM.ケインの方がセガールよりはるかに上じゃないの..とちょっと複雑な気分(ーー;)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック