2021年10月11日 (月)

2021年度全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会300mの部

秋の恒例行事、全日本ライフル射撃クラブ対抗選手権大会300mの部、

2019年は大型台風、

2020年は疫病コロナ・コービッド19

の影響で中止になった、

2021年、疫病が無くなったわけではないが、

やや沈静化の兆しが見え始めたようで、

本大会、3年ぶりの開催となった。

主催は公益社団法人日本ライフル射撃協会

主管は全国クラブ対抗戦実行委員会。

 スタMasaは、クラブチーム「スターチス」の代表である。

クラブ対抗戦は団体戦、3人それぞれの成績合算で順位を決める。

今回は大口径ライフルの試合で、射距離は300m。

会場は、埼玉県長瀞射撃場

2021年10月9日(土)、スタMasaは

300mFR3x20(3姿勢60発競技)に出場。

膝射、伏射、立射の複合姿勢の合計492点(600点満点中)

個人順位は4位、すなわち最下位。

500点に届かなかったが、何とか1級点に戻った感じであった。

Dscn9320

この大会、フリーライフル競技、

スタMasaの得物はシーレンDGA、

口径.308ウィンチェスター。

Dscn9321

使用実包は、リロード(手詰め)弾。

弾頭シェラの168ゴローポイント+

薬莢ノルマ+雷管フェデラル+火薬IMR4064を

44.7グレインで初速2700フィート見当。

Dscn9322

ハンターの人たちは、初速をそんなに上げなくてよい、

2500とか2600fpsあたりでよいだろうと言うが、

弾道学上、弾が速い方が命中精度が向上する、

ということらしいので、スタMasaは

150gr.(グレイン)以上の弾頭では

2700fps見当で弾を作っている。

Dscn9338

射座入りから本射終了まで2時間45分。

撃ち終えてもすぐに銃を片付けない。

射場長の「全的終了」の号令まで、

銃は、安全な状態で射座に置いて置かなければならない。

安全な状態とは、抜弾して薬室にセーフティフラグを挟み、

銃口は標的方向にあること。

全的終了後、銃と残りの弾を射場内のロッカーに納め、

監的に入る。

2射群目、個人種目のスコープライフル伏射40発競技で、

射友のkyeさんが400点満射、ダントツの優勝であった。

Dscn9339

二日目は、300mFR60PR(伏射60発競技)のみ、

3射群、参加選手24名で行われた。

スタMasaはこの種目、最終の3射群目であった。

1射群と2射群の途中まで監的に入った。

Dscn9340

この種目でもkeyが圧倒的な強さを見せつけ、

591点で優勝。

Dscn9341

今回、スターチスではP60にエントリー希望が

6名いたので、2チームに分けた。

key選手、とも選手、Hら選手の上級射手3名を、

スターチスの一軍チーム「スーパーG」とした。

Dscn9342

スーパーGは、個人優勝のkey選手、個人3位のとも選手の活躍で

種目優勝した。

Dscn9343

スタMasaの伏射は・・・・・・

8月のマスターズ大会300mで、516点などという

ありえない点数を撃ち、大いに凹んでおり、

今回もまったく当たる気がしなかった。

Dscn9345

気温が程よいせいか、8月より落ち着いて撃てた。

中盤から疲れが出てきた。体力の衰えを感じる・・・・・

Dscn9346

なんとか9割キープの546点、

3x、P共復調の兆しあり、と喜ぶことにする。

Dscn9348

結果・・・・・・・

P団体、スターチスは先輩のkoba選手と

kamo選手の二人の健闘により、

3位入賞💥

Dscn9350

さらに3xを加えた総合優勝となった✨

Dscn9349

入賞、優勝もうれしいことであるが、大会が開催されたことが

いちばんうれしかった。

全国クラブ対抗戦実行委員会スタッフの方々の

御尽力に感謝である。

なお、ことの詳細は

射撃の愛ちゃんブログ版

をどうぞ。

 

2021年10月 2日 (土)

秋10月、台風一過、夏日のトラップ

10月最初の土曜日、台風16号は太平洋を北東方面に進行。

台風一過の茨城県、気温が上昇、

10月だというのに、最高気温28℃、夏日。

 

コロナ・コービッド19の緊急事態宣言解除となり、

射撃場も続々再開。

しかしこの月は、パート仕事のシフトの関係で、

なかなか練習に行けない。

この土曜日も午前中所用を済ませ、

時間が空いたので、急遽高萩射撃場に行くことにした。

昼過ぎ射場着。

Dscn9314

先客は常連のKNさんとUJさん。

さっそく3人立ちでトラップを始める。

Dscn9302

一か月半ぶりのトラップ。

撃ち方を忘れている・・

Dscn9303

スタMasaの愛銃、ベレッタ682

Dscn9304

装弾は、近所の銃砲店で購入したノーベルアームズ。

Dscn9306

日差しが強かったので、シューティンググラスは

黒を使った。

これが良くなかった。暗くなりすぎて見え辛かった。

Dscn9317

2R目以降は、シューティンググラスをイエローにした。

Dscn9305

撃ち方を忘れたトラップ・・・

中るわけがない。

Dscn9318

3R撃って弾切れ、終了とする。

Dscn9313

以下はクラブハウス内の掲示物。

場長の手書き。

Dscn9307

↑ ごみ持ち込みお断りの意味。

Dscn9308

↑ 「大内」とは場長。昔のトラップ国体選手。

どんなに下手な射手に対しても、教え魔にならない。

スタMasaは、どこを教えてもらいたいか分からない・・

 

下の3枚は技能講習に関する事項。

Dscn9309

Dscn9311

Dscn9312

秋の夏日、何かが変だ・・・・・・

 

 

 

2021年9月28日 (火)

まとめ買い

二週間ほど前、隣県の銃砲店から電話連絡があった。

10月から火薬類の大幅値上げの通知があったとのこと。

現在の火薬類譲受許可証の有効期間は来年夏まであるので、

火薬類は、ゆっくり購入しようと考えていた。

秋、火薬類大幅値上げ・・・・・・・

貧乏性のスタMasaは、火薬類をまとめ買いすることにした。

2021092801

火薬IMR4064を3lb、

雷管フェデラルのラージタイプを500個。

ついでに.30口径の弾頭、110HPが欲しかったが

品切れにつき、110gr.の丸鼻と、

168gr.のHPを少し購入。

ちょっと痛い出費であった・・・・・・

2021年9月24日 (金)

水戸市体育祭市民競技大会

市長さんから手紙が届いた。

Dscn9300

令和3年度第60回水戸市体育祭市民競技大会

のお知らせであった。

参加種目はトラップだが、しばらく練習していない。

そして試合当日までトラップ練習の機会も無さそう。

初心者モードで試合に臨む💥

 

 

2021年9月21日 (火)

酒、解禁

この半年ほど、肝機能に異常が認められた。

自覚症状はまったく無かったが、

γ-GTPの数値が300オーバーしていた。

春先から断酒した。

月に一度の糖尿病検診、

γ-GTPの数値は下がる気配は無かった。

糖尿病の主治医から、精密検査を受けるよう

勧められた。

というわけで、エコー検査を受けた。

結果、異状なし。

精密検査担当医師に確認したところ、

週に何日かの休肝日を設けての飲酒はOK、

とお許しが出た。

 

半年ぶりに酒を買った。

ロックで呑んだ。美味であった。

Jimbeam

 

2021年9月20日 (月)

真壁射場再開

茨城県独自の非常事態宣言により、多くの県有施設が休館閉場中であったが、

同宣言解除とともに、真壁=茨城県営ライフル射撃場も再開された。

9月敬老の日祝日の朝、同射撃場10m射場に入る。

射友のHYさんがすで立射練習をしていた。

Img_1331

射手は、AP1人、高校生BR1人、AR大人2人・・

開場初日としてはちょっと寂しい・・・・・

Img_1329

立射練習。一か月ぶりの実射練習。

Img_1327

アンシュッツ8002

弾はR10の4.49mm丸缶

Img_1328

当たる当たらないは別として、

撃てる喜びを感じた✨

Img_1330

装備はARAの上下を基調

90発ほど撃って終了する。

隣の50m射場には、

クラブチーム・スターチスのS田選手が

P(プローン=伏射)を練習。

Img_1332

Img_1333

Img_1335

S田選手のSB(スモールボアライフル=小口径銃)は

古いアンシュッツのフリーライフル。

先日所持許可が下りたばかりの銃。

 

疫病コロナ・コービッド19により、国の緊急事態宣言は

今月末まで発令中だが、早くこの疫病が鎮まるよう願うばかりである。

2021年9月15日 (水)

パスポート切れ・・・

8月、パスポートが切れた。

Dscn9297

夏の終わりから秋にかけての恒例行事は、

グアム射撃旅行であった。

疫病コロナ・コービッド19の影響で、

グアムに渡航できなくなった・・

Dscn5958_20210915164601

以下は一昨年の模様。

Dscn6039

実物の銃器を撃てるのがグアムの魅力。

Dscn6131_20210915164801

Dscn6182

G.O.S.R. グアム・アウトドア・シューティングレンジ

主たる訓練場所。

Dscn6226

Dscn6279_20210915165201

Dscn6316

Dscn6094

↑ 二日目の夜は、グアム福音教会

 夕礼拝に与る。

Dscn6322_20210915165601

Dscn6325

疫病が鎮まり、再び外国へ渡航できる日が来ることを願う。

Dscn6330_20210915165901

Dscn6332_20210915165901

2021年9月10日 (金)

トイガンで立射練習

コロナウイルス・コービッド19の蔓延により、多くの地域で

緊急事態宣言発令、公的施設の閉場休館が相次いでいる。

2021年9月10日に確認したところ、

真壁=茨城県営ライフル射撃場は9月26日まで閉場、

栃木県ライフル射撃場は9月30日まで閉場

となっている。

実質的にAR(エアライフル=空気銃)、SB(スモールボア・ライフル=小口径)の

練習は出来ない、ということである。

 

9月に入り、気温が落ち着いてきたある日の夜、

自室においてライフルタイプのエアソフトガンで、

立射してみた。

銃は、サンプロジェクト製レミントンM700、

かなり昔に購入したが、その経緯が思い出せない。

おそらくトイガン関連イベント、ブラックホールで

買ったものと思われる・・・

準空気銃が制定された銃刀法改正の折、

サンプロジェクト社に本体を送り、

無償でパワーダウン措置を施した。

さてお座敷、否板の間シューティングは、

室内射距離2.5m

Dscn9284

サバイバルゲーマーには不評の同銃だが、

結構いけるのでは、と思った。

 

雨上がりの金曜日、暑さぶり返し。

午前中、歯科医院にて治療、

午後は、庭レンジにてサンプロ700立射練習。

Dscn9295

射距離10m

Dscn9285

この銃は前述したパワーダウンのほか、

何も手を加えていない。

Dscn9291

装備は普段着。エアソフトガン撃ちのお約束として、

アイウエアを着けた。

Dscn9286

室内射撃と違い、妙にトリガーが重い・・・・・

この銃はトリガーの重さと切れの悪さが、

サバゲーマーから嫌われているようだ。

Dscn9296

装弾数29発を2回。

Dscn9293

当たらない・・・

銃は止まらず、撃発のタイミングは合わず・・・

Dscn9294

射場開場が待ち遠しい・・

Dscn9292

 

2021年8月30日 (月)

今日は天国、明日は地獄・・・・

東日本マスターズライフル射撃選手権大会に出場。

8月最終の週末、場所は埼玉県長瀞射撃場

初日は午後から、FR3x40(スモールボアライフル3姿勢40発)

Dscn9258

蒸し暑い。

マスターズは年齢層によりクラス分けされている。

スタMasaは60歳代、G=ゴールドクラス。

今回使った銃はアンシュッツ1913

Dscn9256

実包はラプア・センターエックス

 

Dscn9260

3姿勢競技はK(ニーリング=膝射)から始まる。

吹き出る汗に翻弄され(言い訳)、弾着がまとまらない・・

9割切って352点・・暗雲立ち込める・・

Dscn9257

P(プローン=伏射)に移る。

妙に好調。40発中8点を撃たなかった。

そろそろ3xから足を洗い、プローン射手に転向せよ、

との神さまの思し召しか、と思ったりした。

97 96   97   95         385

Pは上出来であった。

Dscn9259

最後の姿勢はS(スタンディング=立射)

これは駄目駄目・・

3シリーズまで70点台が続く、

最終シリーズでやっと83点、計300点丁度。

総計 1037点 

なんとか初段点であったが、Pの当たりが気持ちよかった。

Dscn9262

Dscn9275

Dscn9261

翌日はFR60PR(伏射60発)に出場。

前日好調のPのつもりで臨んだが・・・・・

Dscn9263

前日と打って変わって、10点に入らない。

それどころか8点をぼろぼろ撃ってしまう・・

ついに1発、7点に飛ばしてしまう・・・・・・

Dscn9264

前日の神さまの思し召しは、無かったということだったみたいだ。

Dscn9265

ぼろぼろになって、580点くらいであっただろうか・・・

Dscn9267

落胆している暇は無かった。

10m射場、2射群目の射場長を下命されていた。

Dscn9268

2射群目はハンドライフル40発、AP(エアピストル)60発、ARP(エアライフル伏射)60発。

Dscn9269

インドアのAR射場、殆どの施設では空調されている。

意外なことに、長瀞の10m射場に空調は無かった・・

Dscn9270

↑ AR2種目を撃った、クラブチーム、スターチスのS田選手。

Dscn9272

↑ FB友だちのK地さんはAP射手。

皆さま、暑い中お疲れさまでした。

 

 

 

2021年8月21日 (土)

公営射場、休場につき・・・

コロナ・コービッド19の蔓延、茨城県は知事が非常事態宣言を発した。

さらに国は、茨城県に緊急事態宣言を発令。

これにより、茨城県有施設ほとんどが休館閉場となった。

スタMasaがAR(エアライフル)、SB(小口径ライフル)練習の拠点としている

真壁=茨城県営ライフル射撃場も閉場となった。

大口径ライフル射場を有する、

笠間=茨城県狩猟者研修センターは、

茨城県民に限り入場可、としているようだが・・・

 

土曜日、曇り、蒸し暑い。

何でもいいから鉄砲撃ちたい、との欲求にかられ、

散弾銃ベレッタ682を持って、

高萩射撃場に向かった。

ここは民営なので、お上のお達しは特に無いそうである。

Dscn9249

午前中、結構賑わっていた。

さっそくラウンドさせていただく。

御一緒させていただいたのは、常連のM川さんとSTさん。

Dscn9251

↑ スタMasaの愛機、ベレッタ682

1R目、久しぶりのトラップ、クレーを追いかけるだけでアップアップ💦

Dscn9252

使用装弾はインペリアルの7.5号24gのトラップ用。

2R目はベテランのKNさんと二人立ち。

どこをどう撃ってよいのか分からない状態・・・

トラップは理屈でなく、感性で撃つ射撃らしい、

と思った。

Dscn9253

3R目は単独射撃。このころには、朝から撃っていた

常連の皆さまは引き上げていた。

ランチタイムを挟んでの3R目は、

満腹感と蒸し暑さに集中を欠き、ぼろぼろ・・

Dscn9254

装備 ポロシャツ+夏用クレーベスト、

   ゴルフスラックス、スニーカー

   ゴルフグローブ、

   イアプロテクターはサイレンシオ。

Dscn9255

ひどいスコアだが落胆はしていない。

上達するには練習量を増やさなければならないが、

そういう余裕は今のところ無い。

事故無くほどほどに撃てれば良しとする。

«静かな盆

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック