2024年4月19日 (金)

50m射場、暴れる風

春の晴天、気持ちの良い朝☀
ただ風が強い。

気象予報によると風速5m・・・

それでも、スモールボアライフル(SB)の練習に行く。

風読みの練習・・・・・ではなく、火薬類保管庫に在るSB弾を

減らす必要に迫られた。

来月のSB練習のため、弾をまとめて購入しなくてはならず、

自宅保管数800を超えないようにしなくてはならない。

朝9時過ぎ、真壁=茨城県営ライフル射撃場に入る。

Dscn4877

先客無し。風は思いのほか強かった・・・・・

Dscn4876

↑ 愛機アンシュッツ1913

Dscn4878

これだけ強風だと、練習に来る人が居ないのも納得。

Dscn4880

今回処理した弾は、SKスタンダードプラスと

エレーマッチ

Dscn4881

うーむ・・風が読めない😞

Dscn4890

やはり風速5mは手強い。

Dscn4891

風旗を見ても混乱するばかり。

3姿勢共まともな射撃にならなかった。

特に立射は・・・・・・

Dscn4885

Dscn4883

風に煽られ、乱れ撃ちとなる・・・・・

200発ほど処理して、昼過ぎ終了とする。

強風の中とはいえ、釈然としない練習であった。

Dscn4887

Dscn4892

↑ 日ラ認定シール2024年版。これを銃に貼付していないと

 試合に出られない。 1枚2,700円(悲’

2024年4月17日 (水)

茨城県民総体大口径ライフルの部

茨城県の大口径ライフル、県民総体
令和6年度茨城県民総合体育大会
ライフル射撃競技(大口径ライフル・ライフルドスラッグの部)


↑ という射撃大会のお知らせ。
正式要項は、茨城県ライフル射撃協会のwebサイトを見てください。

国民スポーツ大会、いわゆる国体の県大会。ただしこの種目は国体本戦には無い。

参加資格は、正規に所持許可を受けている人。ではあるが、今回は国体の一環なので、

順位が付く射手は茨城県に居住または同県に勤務する者となる。

茨城県外の射手はオープン参加となる。ただし、銃の使用実績、日ラ会員であれば大会参加実績にはなる。

 ということなので、どこの県の方でも、合法的に銃を所持している方の参加を歓迎します。
 なお、夏8月と冬3月の茨城県ラ大口径ライフル普及大会は、どこの県の人でも参加者には全員順位が付く。

今回の試合は
期日 2024年5月19日(日)
場所 茨城県狩猟者研修センターライフル射撃場
    茨城県笠間市石寺680番地 
℡ 0296-72-3817
種目
 100mライフル
 ①3姿勢60発(エントリー料5,000円+登録料300円)
 ②伏射60発(エントリー料5,000円+登録料300円)
 ③伏射40発(エントリー料4,000円+登録料300円)
 ④伏射20発(エントリー料4,000円+登録料300円)
 ⑦自由姿勢30発(バイポッド使用可)(エントリー料4,000円+登録料300円)
 ⑧3姿勢30発(エントリー料4,000円+登録料300円)
全種目、スコープ装着の有無は問わない。
 
50mライフルドスラッグ
 ①3姿勢30発(エントリー料4,000円)
 ②自由姿勢30発(エントリー料4,000円)

スラッグでも参加可能であるが、

競技方法は公益社団法人日本ライフル射撃協会競技規則最新版を適用する。
 参加料は当日納入可。

標的交換などは、参加者全員で協力していただきたい。

 

2024年4月 6日 (土)

春の目覚め、SB練習

春四月上旬週末、曇り時々雨。

最高気温15℃の予想。

寒さは感じないので、四か月ぶりにSB練習とする。

場所は真壁=茨城県営ライフル射撃場50m射場

Dscn4826

↑ 50m射場、朝9時過ぎの気温10℃。

体感的にはそれ以上の暖かさ。

Dscn4828

単独射撃かと思いきや、続々と来場者あり。

Dscn4829

風穏やか、射撃日和

Dscn4830

↑ 愛機アンシュッツ1913

Dscn4831

実包はSKスタンダードプラス

最近、SKとかラプアのSB弾が品薄とのこと。

Dscn4834

3姿勢練習。K(ニーリング=膝射)から始まる。

各姿勢を思い出すところから始まる・・・

Dscn4836

四か月ぶりのSB、まずまずか・・

Dscn4838

↑ 埼玉県ラのKBさん。10m射場でAR立射練習後、

SB3姿勢練習、タフな先輩である。

Dscn4840

↑ 10m射場では、クラブチーム「スターチス」の

Sio選手が練習。覗きに行ったら、10点しか撃っていないようであった。

Dscn4842

計100発ほど撃って終了とした。

 

2024年4月 5日 (金)

春なれど、寒さに挫ける・・・・・

春4月、冬場はSB練習を封じていたが、再開・・・・・

のはずだったが、天気予報を見ると10℃前後の低い気温😞

根性無く、あっさり挫けて、インドア射場のAR練習とする。

場所はいつもの茨城県営ライフル射撃場10m射場

Dscn4811

外は寒いが射場内は20℃に調整されている。

Dscn4808

単独練習・・・・・しばらくすると若い人が入って来た。

Dscn4810

いつもの片手系の先輩方の姿は無い。

Dscn4812

前回、無茶苦茶なほど銃が止まらなかったが、

今回はかなりセーブできるようになった、ような感じであった。

Dscn4809

反省点は、銃を下す頃合いを見切ることと、

フロースルーを意識することか・・・

90発ほど撃って終了。

2024年4月 2日 (火)

止まらない、不安定据銃・・

新年度始まりと言っても、年金受給者のスタMasaには

あまり影響はない・・

新年度の最初の射撃はAR。

暖かい日。

場所は茨城県営ライフル射撃場

10m射場は空調20℃

Dscn4799

アンシュッツ8002

概ねのセッティングは前回行なった。

Dscn4800

立射

妙に据銃が安定しない・・

つまり銃が止まらない。

止まらないのは当たり前なのだが、揺れが小さくならない。

Dscn4801

140発ほど撃ち、落胆して引き上げた。

2024年3月29日 (金)

まだ寒い・・・

3月、そろそろ暖かくなるころ・・

年末から冬の間の練習は、10m屋内射場にて

エアライフル。

Photo_20240329164101

ほぼ3か月ぶりにSB練習をと思ったが、

気象予報では10℃以下の気温・・・

というわけでこの冬最後の練習はARとした。

2_20240329164101

前回、リアサイトを換えたこともあり、

姿勢を執りながらセッティングの確認・・

3_20240329164201

4_20240329164201

チークピースの高さと傾きに不都合あり。

5_20240329164301

撃ちながら調整を重ねる。

6_20240329164301

2024年3月26日 (火)

雪解けの道・・

福島県の矢祭射撃場

へ通じる坂道の積もった雪は無くなっていた。

Dscn4623

昼前射場着。賑わっていた。

Dscn4624

この日、持ち込んだ散弾銃は、

レミントンM870

Dscn4626

Dscn4627

3R撃った。

Dscn4633

15 16 13

上下二連でもリピーターでも

変わらないスコアである♉

Dscn4628

Dscn4629

Dscn4625

↑ 今年の予定

Dscn4632

↑ クレー射撃、冬の装備

 シャルムのシューティングスーツ+ゴルフグローブ+

 スニーカー+サイレンシオ銘のイアプロテクター+

 スミス&ウェッソン銘のシューティンググラス、オレンジ。

撃ち終えてから銃を掃除してから引き上げた。

 

2024年3月24日 (日)

ゼロイン

エアライフル、アンシュッツ8002

Dscn4619

スタMasaの技量未熟を差し引いても、理解不能な着弾が多くなった。

この銃を使って10年。銃本体のオーバーホールは3年前に行なった。

Dscn4635

この銃に付いているリアサイトはアンシュッツ6805型。

オーバーホールの必要を感じた。

代替のリアサイトは、古いAnsインターナショナル

Dscn4642

300m用に使っていた予備サイト。

真壁=茨城県営ライフル射撃場10m射場は

25的全的電子標的であるが、標的床に弾抜き用の

紙箱が置いてある。

Dscn4612

Dscn4613

これを使ってゼロイン(照準調整)を行なう。

Dscn4606

伏射用射座1的に入る。

ツールボックスにニーリングロールを載せて

臨時のレストスタンドにする。

Dscn4611

ゼロインに30発ほどを要した。

なにせ300mに合わせていた物を

10mに合わせる面倒くさい作業であった。

Dscn4610

立射でさらに照準調整を行なう。

立って撃っても黒点内に収まるようになったのでOKとする。

Dscn4620

6805サイトは来月、オーバーホールに出す予定。

 

2024年3月 3日 (日)

令和5年度茨城県大口径ライフル普及大会3月

茨城県ライフル射撃協会、恒例の行事。

実施種目は

100mライフル 伏射40発

        伏射20発

        3姿勢30発

        自由姿勢30発

50mスラグ   自由姿勢30発

Dscn4582

会場  茨城県狩猟者研修センター

今回の参加人は延べ18名

長きに渡るウクライナ戦争、

宗教がらみどろどろのイスラエル・ガザ紛争等

の影響で、大口径ライフルの雷管、火薬、弾頭が品不足・・・

今、世界の平和を切実に望むのは、

我々日本の鉄砲撃ちである。

Dscn4579

参加人員18名中、伏射20発に出場は11名。

弾数の少ない種目に集中した・・・

Dscn4581

この試合は、茨城県ライフル射撃協会の正式事業であり、

グレード4の格付けである。

門戸を広く設け、日ラ会員だけでなく、

正規に所持許可を受けているハンター、

そして県の内外問わず受け入れている。

Dscn4584

↑ おなじみになっている埼玉のハンターTTMさん。

 .30-30Winのウエスタン・レバーアクション

 ウィンチェスターM94イエローボーイは

 TTMさん、いつもの得物🎠

Dscn4589

Dscn4591

TTMさん、弾節約で伏射20発競技を撃つ。

以下試合の模様

Dscn4585

Dscn4586

Dscn4593

スタMasaは、1射群と2射群の射場長を下命された。

3射群目で3姿勢30発を撃った。

Dscn4594

得物はレミントン700、口径.308win

Dscn4597

弾はリロード弾。レシピは弾頭シェラの125grスピッツァー+

薬莢セリエ&ベロー+火薬IMR4064を42.1gr初速2700fps見当、

そして雷管は・・・・県内某銃砲店でようやく100個だけ調達出来た

CCIのマグナム雷管。

遅発、不発、雷管突破などのトラブル無し。

マグナム雷管はラージ雷管の代わりに使えることが判明した。

Dscn4604

立射、痛恨の11時方向の0点・・(泣’

どうせなら標的紙に入らなければ、知らんぷりして

1発撃ったのに・・・(それをやったらスポーツマンシップに反する

不正行為)

射撃は正々堂々と戦いたい🏀

87 89 63  239

Dscn4605

今回、撃った弾数40発。

60個残ったので、5月の県民総合体育大会に使える。

Dscn4596

閉会式、表彰式無し。それでも参加の皆さん、

撃てることを喜んで帰って行った🎀

 

 

2024年2月 5日 (月)

真壁10m射場の設定一部変更、午後から雪・・

一週間ぶりの練習。種目はAR

場所は、真壁=茨城県営ライフル射撃場

寒い月曜日、天気予報では雪のおそれ・・・

受付に記名時、管理人さんから

「週末の全日本ミックスチーム射撃競技選手権のため、

10m射場は全的立射仕様になりますので、

P(伏射)の練習は出来ません。」

と言われた。

10m射場に入ってみると・・・

Dscn4360

↑ P仕様だった1的はS(スタンディング=立射)仕様に・・

Dscn4357

↑ 19的から25的はBR(ビームライフル)仕様であったが、

AR(エアライフル)立射仕様にされていた。

Dscn4355

寒い日であったが、10m射場内は温度20℃に保たれている。

Dscn4356

スタMasaは、通常の場合、2的で立射練習後、

1的で伏射練習をするので、3時間の料金を支払うが、

今回は立射だけの練習なので2時間とした。

Dscn4361

床面に置いてあるのは、ARペレット収納箱。

ARは(AP=エアピストルも)は一度ペレット(エアライフルの弾)を

装填すると発射しなければ、薬室から脱包できない。

試合時、ペレットを前後逆に誤装填とか、二重装填とか、

あるいは試合終了時に撃ちもらしたとかのトラブルの際、

標的床下のペレット箱に撃ち込んで、薬室を空にする。

Dscn4363

 

昼前、練習終了。10mにも50mにも退場者無し・・・

雨がちらついてきたと思ったら、

雪が舞い始めた。

Dscn4364

Dscn4365

夕方、茨城県には大雪警報、注意報が出たもよう。

明日は動けないかもしれない・・・

 

 

«2024年茨城県ライフル射撃協会の大口径ライフル射撃競技大会の日程

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック